2016年03月30日

最近のお気に入り2016.3.30

レキシ - SHIKIBU feat. 阿波の踊り子(チャットモンチー) をGoose Houseがカバー。


この歌ええわ〜〜まだ音楽が楽しめるって若い証拠?

本家がこちら。


もっとええわ〜〜〜^^

凝り固まっているのはイケませんね。筋肉も思考も・・・
posted by まつちよ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Goose House | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

余分なものが削げ落ちて

3月(正確には2月末日)から減量を開始し、現在で5キロ減。

おかげさまで、使用重量はそのままなので、上手くいっていると思う。

5キロの不要物を体にひっつけて、それも最近最高体重だったら膝も悪なるわな。

鈴木雅さんのビデオが流れていて、高重量を扱っているのだが、おそらく大会直前直後のコンデションなんだろう。

images.jpg

一般的に大会前は一番筋力が落ちているはずだが、それであれか、と。

私などは十分オフでも到達しない。チャンプはすごいわ。

とはいえ、自分を卑下することもないので、使用重量を極力落とさず仕上げることが自分にできる最善であると考えて、、、


何だかポジティブな言葉だが、実際はなかなか。

減量計画も理想とするところと現実が大きく異なり、落ち込むことも多い。

喰う量が少ないとか腹が減ったとかは苦ではない、いや苦痛だが許容できる。

しかし、ボディビルを志す者の減量の意味を理解していない、いや理解してかつそれを実行しないという場面にたびたび遭う。

「そうなりたければ、もっと自分がやればいい。」

もうちょっと覚悟をもって、自分のやるべきことをやり切らなアカンと決意をあらたにするのであった。

他人に淡い淡い期待もせずに、自分で完結できるよう。

posted by まつちよ at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 減量 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

悔いのない人生

人生の終わりを、悔いることなく迎えることができるだろうか。

今まさに消えゆく命。

しかし誰しもが立志伝に謳われたりや英雄英傑などではない。

一人の人間として、大きくも小さくもなく等身大で生きた、そんな人生。

私は名を残すことだけが人の評価であるとは思いたくない。

しっかりと平凡に生きたことがとても尊敬に値するとだと思うのだ。

私にとっては随分とお世話になり感謝感謝しかない。

今言います。ありがとうございました。最後まで勉強させていただきます。

posted by まつちよ at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

やはり膝回復優先で

膝の不安のため、先週も引きづりながら歩いていた。

ずっとサポーターの世話にもなりたくないので、よほどのことがないかぎりノンサポで。

しかし、特に階段を下るときは顔を歪めて降りていく。

images.png

脚トレーニングでまた1週間分悪くするだろうなと予想できるが、まったくやらない訳にもいかず、痛めていない方だけでもやってしまおうと今日も中之島へ。

そんな気持ちなので、全力時とは程遠い内容しかできない。

左右さがはっきり分かってしまう現実。しかし治りさえすれば、元に戻るはず。

治すために、あえて強度を落としてみる。痛くない股関節〜大腿部をトレーニングしてみる。

今日の感じでは膝の状態が悪化した感じではなかったので、何回か続ける間に治ることに希望を持っている。

現実、ハックマシンで重量付けずにしゃがめないのは辛いものがある。

しかし、悪くした原因もわかっているので、この時期に、重症化する前に見通しがもてるのは何よりだ。


posted by まつちよ at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

変化するもの、しなければならない

近所で直帰できたので、梅田ゴールドジムへ。

ゴールドでできないトレーニングなどない、と痛感したジム。

もう何年になるだろうか。

客層も変わって、増えて、私は年を取った。

ここ数年は中之島を贔屓にしていたので、梅田は月に1回程度だった。

梅田が一番いいという方もおられる。

利便性、感覚はそれぞれ。

歳をとって初老の域に達した私には、やりたいことが快適にできるという選択がとても大切である。

中之島にはそれが高いレベルであるんだ。

端的に言えば、梅田はもっと変わらないといけないのではないだろうか。

トレーニーが増えて、あのスペースでは無理があると感じないだろうか。

普通の個人営業のジムでは考えられないだろうが、ゴールドジムだからこそ、変化してほしい。

とか何とか言いながら、大阪京橋あたりにゴールドジムができれば、梅田?何それ?などとほざいているかもしれない。

あとは、、、登録の件だね。こんなことしているの(していないの)滋賀以外の関西だけじゃない?

posted by まつちよ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

遅めのご熱心

最近の肩トレは途中のパンプが嬉しいくらい感じられて、やりがいがある。

以前はあまり入らなかったので、ここでゲインできたらアウトラインの改善につながる。

今後もケガせんように丁寧にかつ全力で。

・・・

で、やっぱり「あさが来た」面白いわーとマイブーム。

おそっ

何週間前の放送時点から観だして、さらに今日1週から4週まで視聴。

おもろいわ〜。それにこの一気に見る贅沢。あまちゃんのときもそうだったな。

あささんの娘役の小芝風花さん、かわいいな〜。

001.jpg

うちの野郎どももこんな子を家に連れてきたら、最上級?のケーキでおもてなしするのになぁと、なぜか父親目線。

・・・

膝の具合も、サポーターのおかげか小康状態なので、明日もトレーニング・・・

やばっ、脚でんがな。

また悪なるの必定。膝使わないでサイを鍛えることは難しい。

6日で直して、また壊す。これは筋肉だけにしてほしいものだ。

でもやらなきゃならぬ。フィジーク選手じゃないんだから。

脚を鍛えないボディビルダーはボディビルダ−ではない、これは私の持論。


posted by まつちよ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

膝サポーター。それでもやりつづける

さすが、華麗いや加齢。いろんなところが痛いし、なかなか良くならない。

特に深刻なのが膝。腰もやっちゃうと苦労するが、膝も大変。

日常の動作に影響してくるのがうっとおしい。

薬局で安めのサポーター買ってみるも、脚の太さ(自慢ではない)でずれまくる。

で、今日比較的大きなスポーツ店で、三重の宮島さんから紹介いただいた「ザムスト」のサポーターを購入。

IMG_1665.JPG

サイズはLL。減量進んでも使えるだろう、きっと。

さすがに装着すると不意の痛みが緩和される。いい感じだ。

それでも精神的に怖いのか、痛めた脚をかばうように歩いてしまう。

膝だけでなく、肘も腰も前腕も良くないが、全部ギアでカバーするのは難しい。

結局、無理せず無理する。思考も身体も柔軟に。


posted by まつちよ at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

本能を呼び覚ます場所

結局、説得力のあるカラダが必要なわけだ。

威圧といってもいいかもしれない。

なんだか殺伐としてきた。

和気あいあいで健康的な場所?全然違うな。

少なくとも自分にとっては。

肉体は鍛錬できても、精神は鍛練できない。

当然だ、精神を鍛練できるウェイトやマシンは存在しない。

○○さんや△△さんみたいな立派なビルダーがおられれば、淡くでも秩序が構築されるだろうが。


ま、そんな場所でも私は構わない。

ヒエラルキーはどんな場所にも存在するし、それは自然なことで、本能を呼び覚ますのも悪くない。



posted by まつちよ at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

考え方を切り替えて

3月、正確には2月29日から減量を開始した。

第一弾のいらんものが落ち、多少腹回りがすっきりした。

来週中は小康状態となるだろうから、気持ちとの闘いになる。

どうすればショックを与えられるかは分かっているので、適当に与えてやるつもり。

images.jpg

「これ、減量中に食うもんじゃないね」という場面にでくわしてもあまり感情を乱さないよう考え方を切り替える。

カップ麺とパンでもいいんだ。食事と考えず、ちょっとした間食と思えばあとでタンパク質を補充すれば済むと。

邪魔してるわけではないのだから、ある意味減量に有効になると考えればいいだけ。

まずは、8月11日の西日本はクラス別のようなので、狙いを定めて・・・ね。

posted by まつちよ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 減量 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月02日

避けられない老化と

めげるほどではないが、脚に感じる違和感は老化を感じずにはおれない。

ウェイトトレーニングが効果的なアンチエイジングだからと言っても、細胞レベルでは確実に老化している。

回復力はがた落ち。しかしトレーニングの質は維持。負荷は相対的に高まり、関節系は悲鳴をあげる。

まだ落ちていない落とし穴は辺り一面に用意されている。

踏まないように引き返すことは健康リスク回避としては悪い選択肢ではない。

普通であれば。

今年はここ数年のいろんな意味での蓄積を具現化したいと思っている。

健康は、健康は大切だが、目的と折り合える範疇でということになる。

一銭の特にもならない道楽にそんなリスクかけるのは「ハイリスク・ローリターン」。

私はローリターンと言われても全然平気。

私にしか手にできない目標なんだから。


とは言いつつ、できるケアはする。当然だよな。

健康は大切だから。あれ?


posted by まつちよ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディビルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

重症ではないけれど

肩の日。最近最初にもってくるハンマーのショルダープレスが使用中だったので、久しぶりにダンベルプレスをしてみる。

種目から外していた理由は、スタート位置にもってきずらいし、そこまでに怪我しそうなので。

前腕の調子は思わしくないが、がんばって挙げてみる。

挙がれば10レップ以上できるんだ。

しかし、やはり妙な負荷がかかったのか、前腕に鈍い痛み発生。

images.jpg

アドレナリン噴出しているので、痛めた個所を使わずにできる種目で一応完結。

しかし、着替えや荷物持つときにピキピキくるのは精神的によろしくない。

幸い明日は脚なので、休む必要はなさそう。

?でもバー握ると萎えるかも知れない。

ここで大事なのは、まずケアを第一に考えること。

これ以上悪くしても仕方ない。

人のふり見て我フリオイグレシアス。


posted by まつちよ at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン