2017年05月26日

16キロのトボトボ

某月某日、多田院近くのお墓掃除やなんやらで、なかなかな距離を歩いてきた。

まずは文明の力、GoogleMapをたよりに、阪急電鉄川口能勢口駅から徒歩にて道検索。
・・・ここは、疑問を持つところ。全く最寄駅でない。
なになに、50分。全然平気。有酸素のおかげで距離を歩くことに耐性がついてしまって、サクサクと歩ける。
50分程度なら問題ないわ、という平素の認識。

しかし、甘かった。自然条件を全く考慮していなかった。
山越えみたいな坂、快適を通り越した陽気、影の少ない道。
(写真は下り時に撮影。登り時はその余裕がなかった?)IMG_2313.JPG

大阪市内にはほとんど坂がなくフラットなので、歩行もそれほど疲れないんだ、ということを嫌というほど逆実感。

1時間ほどかかって到着、やっとこさのお墓掃除。
この陽気のおかげで、作業も汗だく。それ用の衣服でなかったため、汚れの跳ね返りも気にして疲労感倍増。
なんとかご先祖様にも顔向けできる程度の作業完了。

ついでに近くの多田院(清和源氏を祀る)を参詣。IMG_2316.JPG

神社で手を合わせると、心が落ち着くのはなぜだろうか。

ここから同じルートで、というのはさすがに疲れたので、最寄駅までの徒歩。
実はこれ以外に自宅から梅田の往復を、徒歩るという、オフでは想像できない距離も走破ならぬ徒歩破。
歩くことを軽く選択できるのは、まだ減量行為に疲弊しきっていないから?

踏破距離、しめて約16キロ。トボトボであったが、よう歩いた。
北村先生ならいざしらず、これだけ歩いても脚に故障が生じないのは、これも日頃のトレッドミルのおかげか。
トレッドミル、侮れん。

食事にも気を付けたし、明日の体重計はどんな数値を叩きだすか、楽しみ。
といいながらさほど変化してなかった日には、、、泣くだろうな、きっと。


posted by まつちよ at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 減量 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

人として語る経験

職場の同僚と出張中にいろいろ話をした。
彼は私より年上で、いろんな引出しを持つ個性豊かな方である。
宴席などでもあまり深く話をしたことがなく、2人だけでは初めてかもしれない。

過去の様々な経験や現在のプライベートな活動など多岐にわたって語られる口調は、偉そぶるでもなく、しかし毎日が楽しみに溢れていることが、容易にイメージできるのである。

人生を謳歌している。という表現がぴったり。
そのような人が嫌いではない。人生を楽しんでいる人は、多少のクセはあっても人として尊敬できるから。

で、自らを振り返る。。。
人生を楽しんでいるか?今を楽しんで生きているか?

自分というものを説明しようとしたときに、いつも詰まってしまう。

私は、ボディビルという競技?に現役選手であるために日々精進している、以上。

・・・

他に無いんかい。同じくらい情熱や労力をかけて携わっているものは。えっ。

無い。ありません。
なんと寂しき人生かな。本当に思いあたらない。
時間があればすること、読書だとか、あれやこれは確かにある。あるが、他人に言えるような特別な事でもないし、深いものでもない。当然情熱云々はいわずもがな、、、。
30前半までは世間様並みにいろんなことをしていたし、その経験は面白おかしく語ることはできる。
ただ、それ以降は何も思い浮かばない。この道以外何もしていないから。

この道にいろんなものを割いてきたが、そんなことを話しても仕方がない。結果が伴っていないから。
今後年齢を重ね、自分の人生や経験を表現するとき、きっと困るだろうな。結局何してたんだと。

ただその時に、顔はともかく、それ以下が歳不相応な筋肉質ボディであれば、語らずとも雄弁に語っていることにはなりそう。
現在進行形で何を得たのかということだけは。



posted by まつちよ at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

腸内環境と減量

毎月第三月曜日。それはゴールドジム中之島の休館日。
丁度よい周りで、本日トレオフ。

帰りの最寄駅の2つ前で下車。そこから徒歩徒歩。
水でもいいのだろうが、水分補給は少しお高めのこれ。

IMG_2300.JPG

おそらくこの徒歩という名の有酸素よりも、日中頭痛に悩まされた時間の方が、減量が進んでいたのではないだろうか。この苦痛が進めてくれるはず。
(なぜか有酸素をディする自分^^;)

今時点では、しきりに減量が上手くいっていると吹いているが、昨年から変えたことが有効に作用していると思うから余計にそう感じるからかもしれない。

その一つに「腸内環境」というもの。
減量と直接的繋がりがあるように思えないのだが、そうだろうか。

実は、昼飯時の最後にカップヨーグルトを食べるようにしている。
ヤクルトお姉さんから購入するときもあれば、スーパーなどで砂糖0のものを購入するときもある。
どちらも「乳酸菌」について効果的な表示がある。

食べ続けている分、摂取カロリーは多少増えているはずだが、結局調子のいい自分を作りせている不思議。
他の要素の方が実は大きいのかもしれないが、なんとなく改善?されている直感。

最近よくテレビで腸内環境改善が肥満防止につながるなどと特集が組まれている。
栄養学的にも生物学的にも悪いことではない、いや、いい効果をもたらすと絶賛。

なんにせよ今実践している取り組みが、食べる量を増やしていることと減量が比例して進むという原則に合致しているのなら、否定する理由は無い。だから当分続けていく。


posted by まつちよ at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 減量 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

予定通りの元通り

GWが終了し、なんとなく忙しかった1週間が経過。
増えた体重はものの見事に元通りとなった。
落差最大4キロの乱高下であったが、さほど負担は感じなかったのは救い。
身体的にどうなのか。トレ強度などは落ちたという感覚は無いので、良い物が残ったということか。

代謝を上げるという目的チートであった。もちろん飢餓感の解消もあったが。
季節自体が暖か→暑くという流れの中で、自然と体温上昇していることと要因の区別はつきにくいのではあるが、結果として効果的であったと結論づけられる。
心理的にも非常に収穫があった。

このままスコーンと落ちていく、と甘く思ってはいないので(経験上^^;)、計画立てて削ぎ落とす。
追加することとしては、某サプリメーカーで代謝経路強化系サプリとビタミンを注文。到着を待っている状態。
少しはファットバーンに役に立つこと願っているが、どうだろうか。


周りの誰からも、減量している印象を聞かれないので、そんなに変わってないのか?という寂しさはある。
顔色が悪い(白い)とは何度か言われたが。。。本当の意味で健康的でない?

人なんて思うほど自分の事を見ていない、とよく言うので、自分を信じて進めていくだけだな。



posted by まつちよ at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 減量 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

文章構成力

ひょんなことから仕事仲間にFBやブログしていることを伝えると、こう褒められた。
「どうりで文章書くのが上手な訳だ。」と。

たしかに、上手いとは思わないが、書く(打つ)のは苦ではないし、逆に楽しんでいるかもしれない。
FBやブログのおかげというより、本を割と読んでいることの方が影響していると思う。
文書構成、言い回しや表現方法などは、そこからの無意識の借用だろうが、一度頭で消化したものは自分のものと言って差し支えない、という開き直り^^;

知識の習得と脳の老化のために、貧しい中ではあるが本購入には比較的出費している。
基本乱読だが、最近は昔の反動からか、ミリタリー系に触手が伸びている気が。。。

それとは関係ないが、今読書中なのはこれ。

IMG_2298.JPG

ボディビルダ−であれば、タンパク質のなんたるかは(役にたたなくても)知っておくべきだろうし、知識としてインプットすることにマイナスはない。
まあ、真摯にボディビルと向き合っている方からすれば、何を今更と言われるとは思うが。

ただ、読書(的)であっても、電子書籍はどうも好きになれない。
電車で大半がスマホいじっている乗客と同じになると思うと、ゾッとしてしまうから。
いい本?もあるので、是非リアル書籍化してほしいものだ。


posted by まつちよ at 22:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

やることばっちり

予定通り、GWを過ごすことができた。
おかげで体重は、、、わおっ^^;
明らかに代謝は上がっているので、やることはばっちり。

明日からは通常オンモードで、がツーンと反動がくるだろう。
それもまた楽し。いや、楽しくはないけど楽しみ。

一時的に膨らました身体で、ジムでの体脂肪キャンペーンにエントリー。
数値だけの計算であれば、あと〇キロ落とせば5%くらいになるらしい。
まあ参考程度に記憶しておこう。

エントリーのプレゼントとして、ラウンジプロテインを頂いた。
IMG_2297.JPG

久しぶりに飲んだ。ダブルチョコで水溶きだったが、味がしない。
理由はBCAAの味が結構きついので、舌がおかしくなっているからである。

その舌でも美味しく味わえるプロテインって。
恐るべしメーカー、マイプロテイン。


posted by まつちよ at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 減量 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

普通に満喫中

予定通り、GWはダイエットオフ。
夜景の抜群な51階ラウンジ行ってみたり。
IMG_2294.JPG

おやつ代わりにカレー喰ってみたり。
IMG_2296.JPG

とりあえず我慢せずに、ということが大事。

摂取カロリーが大幅に増えたおかげで、身体的変化がはっきり表れた。
ひとつは体温の上昇、ひとつは、秘密。
トレーニングも無理がきくし(ちょっと腰に負担はかかったが)。
しかし、やはり人間は喰ってこそだとしみじみ感じている。

7日までは罪悪感を抑え込んで代謝アップを促すぞ、オー!

8日からまた元の状態に戻すので、全然心配していない。
そして、また某メーカーが40%オフしているので、思わず特大プロテインとビタミン系を買ってしまった。
支払いが怖い。。。


posted by まつちよ at 22:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 減量 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

数値が全てではない

絞ることは比較的に容易。
しかし仕上げることは容易ではない。

10キロ減量しても目標には程遠く、あとどれくらいで目的を達成できるであろう。
数値としての減量が順調でもしょせんは見てくれが全て。
コンテストは評価されてなんぼ。
自分が完全に近ければ、それなりの評価はついてくると、自身のポテンシャルを信じているから挫折はしないが、徒労感は半端ではない。

この落ちた10キロはボディビルに何の貢献もしていない無駄なものだったのだろうか。
オフから摂生を心掛ければ約3ヶ月の時間は無駄にしなかったということも言える。
逆に常に摂生しなければいけないということは、それはそれでストレスである。

2〜3キロの減量幅の選手って何喰っているんだろう。
体質は大きいだろうが、要はそれも素質ということか。

posted by まつちよ at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 減量 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

減量中でも調子いい?

厳密にはGWは減量期間ではないが、なぜか体重は減っている。

それはさておき、本日は脚トレ。

最初のハックスクワット、ウォーミングアップで膝の痛みが無い。
久しぶりの好感触に、いつも浅い角度しかできなかった曲げをかなり深くすることができた。
といってもフルではないが。

スローレッグプレスの日とハックスクワットの日を交互に行っていることが、結果的に膝の痛みを軽減していることになっているのかもしれない。

いまさら良い時の脚サイズに戻らないだろうが、膝痛さえなければ、ヘタレな脚トレから抜け出せる。
某先生から褒められるかも?


やはり、ボディビルダ−にとって脚は大事だ。
ラットプルダウンとサイドレイズしかやらない輩と、同レベルと思われたくないので。


posted by まつちよ at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン