2017年08月13日

クラシックに向けて〜絞る覚悟

今日は、GGがどこでも使える日ということで、中之島へ。へ?いつものホーム^^;
梅田はおそらくうじゃうじゃだろうからね。(ほんとに過密だった。やはり梅田は・・・)

3月頃から、梅田GGではあの井上浩選手のポージングアカデミーが開催されている。
知ってはいたが、日曜日の18時30分というのは家から出づらくて、今まで参加できなかった。
しかし、そんなことは言ってられない。出来ることは実行するということで、今回参加することにした。

IMG_2430.JPG

あまりスカスカでいっても仕方ないので、少しカーボ入れて、パンプさせて臨む。
スタジオには私と井上先生を含めて6人。大御所の〇野さんと〇さん、あとは若い2人。
さっそく全員で規定7ポーズ。1回目終了。
ここで、先生から意見(指摘ではない)が。なるほど、なるほど。
状態に対する指摘もいただいた。「及第点だが、評価を上げるならもっと絞るべき。」
井上先生は、社交辞令は少なく厳しい評価を下す方と聞いていたので、安心した部分とやはりかという部分をはっきり言われたので、何か心の奥にボッっと火が付いたような気になった。

ポーズに対する意見は見ていただく方で少しずつ違う。そこがまた面白い。
ただ、長いこと選手やってきているので、ポージングそのものはクセがないようで、さほど指摘もされないようだ。あとは自分次第かと。

私への選手としての評価や期待について言及いただき、さらに火が強火になるのを感じる。
大阪では一度も決勝に残ったことのない私ではあるが、そんなん言われたら、豚もおだてりゃ何とかで(笑)

アカデミー自体は大方30分くらいだったか、連続で規定7ポーズ×4回を含めて7回はポージングさせていただいた。
結構な運動量。エントリーされる方は水分補給持参でお越しになるように。

正直、参加して良かった。
課題はもう「これ」に尽きるというくらい明確になっている。
ちょっと様子見ながらと思っていたが、やっぱり明日から三途の川を見ながら渡らない程度で、頑張るぞ。



posted by まつちよ at 22:12| Comment(0) | ボディビルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年日本クラス別の写真を見て

いつもいい写真をとられる吉田さんのHP「ラウンジピュア」に8月6日の日本クラス別がアップされている。
クラシックに向け、有力な出場選手が大勢出場していることから、そのチェックをしっかりさせていただいた。

概ね60キロ以下級の選手が中心となるが、昨年の優勝者は65キロ以下級でもあり、強豪選手も同じカテゴリーなので、そこを中心に食い入るように。

おそらく現地だとキレキレなんだろう。そこは画像データと肉眼では違うところか。
今の自分、あと1週間後の自分と脳内比較してみて、どうか・・・。

結果は自分だけの秘密^^;
しかし、示唆に富んだものであったことは間違いない。

なぜこの選手があの選手より上位なのか?なぜこの選手は評価が芳しくなかったのか?
そこから見えた答えに対して、自分がどうすべきなのか、という思索の場を今持つことができたことは非常に意味がある。

自分が勝ち負けにすらならない身体であれば意味はないが、決してそうは思わない。
弱点を可能な限り縮小し、長所を際立たせるための努力の時間があと1週間ある。
そう思うことで、過酷な準備も行えるというものだ。


身体はイメージと連動しているのか、危機感のおかげか、ここにきて一日で1キロ減とは。
落ちるだけでなくしっかりキレてくれないと困るが、まずは幸先よくということかな。



posted by まつちよ at 00:00| Comment(0) | ボディビルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン