2017年09月10日

2017日本マスターズ

本日、9月10日、伊勢市において日本マスターズボディビル選手権が開催された。
会場は近鉄宇治山田駅至近、駅からの距離ならば、私の経験上一番近い立地である。
IMG_2526.JPG

私は、昨年の同大会に出場し、40歳クラスで第6位であった。一応入賞である。一応ですが。

今年はと言うと、大阪や愛知に近い伊勢ということで、40歳クラスは、例年と異なる異質な選手層へと変貌した。
松岡さんや金井氏は、日本クラス別で優勝を争う大阪のトップビルダーであり、今年の西日本2位の河村選手、昨年の覇者新潟の村山さんを筆頭とした昨年の上位者、先のクラシック選手権の入賞者、関東の強豪など、レベルが跳ね上がった感が半端ではない。

当然、今年も入賞したかったが、どう考えてもピックアップ通過が現実的な獲得ラインと思わざる得ない。
この跳ね上がった、大阪のオーバーオールよりもレベルの高そうな階級でピックアップ通過できれば、大阪の低評価の鬱憤を少しは晴らすことができるのではと考えた。
今年の集大成として、意味のある2017年として、そして大阪審査への挑戦として。

ハードルは高そうだが乗り越えられる可能性はあるし、乗り越えたときの達成感は十分すぎるくらいである。

大会中の感想や思考は、後日書いていきたいと思うが、結果として達成できたことは良かったと素直に評価したい。

・・・。

私より上位の成績でありながら、入賞を逃して悔しそうにしていた某選手を思う度に、プライドが高いのも善し悪しだなと意地悪く思うのであった。

posted by まつちよ at 23:51| Comment(0) | ボディビル大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン