2017年12月31日

大晦日に検証とは

大晦日。街は閑散、本町あたりはゴーストタウン状態。オフィス街だからね。
ジムもメンバー少な目。だからやりたいことができる。
本日は脚。そしてスロートレーニングから。

IMG_2854.JPG

いつもスロートレーニングは悶絶している。
息が上がるトレはこれくらい。しんどいのに膝への負担が少ないのがいい。
あとは太くなればいう事ないけど(それが大事)。

・・・

先月から2分割の1オン1オフでトレーニングを回してきた。
どうもしっくりこないローテーションとなり、自分に合ったものではないと実感。
しかし、効果があがった個所もある。ハムと背中、そろって裏側とは。

ハムの瞬発的な出力は上がったのは使用重量でわかる。
背中もしっかり効いているのか、張り出しもだてきているような。
ま、これは太ってきたということかもしれないが。

一つの部位を72時間で再度鍛えることは理屈の上では間違いではない。
同じ出力まで回復するようだから、筋合成時間を考えると、これ以上の休養は不要かもしれない。

でも、まてよ。詰めても積めなくても維持できるんなら休んだ方がよくないか?
使用重量が増えるならともかく。

今の自分が昨年同時期と比しても進化していないのは、適応反応がそこまで起こっていない程度の負荷だからなのだろう。
トレーニングもセット数増やせばいいというもんではない。でも効果としてあがらなければ失敗か?

来年は元旦から行く。
きっと白眼視されるんだろうな。けど別にいいよ、好きにさせてもらうから。
私は、やっぱりトレーニングしている自分が好きで可能性を信じている。
それは異存を超えた信仰に近いものかもしれないが。

・・・

このブログを見ていただいている皆さん、この1年間、ありがとうございました。

私は、来年も悩みながら、苦しみながら、でも自分を磨き輝かせるために頑張ります。

皆様の来年が幸多き年でありますように。


まつちよ









posted by まつちよ at 22:16| Comment(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

独立。新規開業。

疲れてきたからか、腰の調子が良くない。
マッサージせねばと、GG中之島に併設している整骨院に電話。
この院に電話して初めて女性が出たので、先生は?と尋ねると独立されたと。
丁寧に連絡先と所在地まで教えていただいたので、早速伺うことにした。
IMG_2846.JPG

場所は靭(うつぼ)公園の近所。ジムから歩いて20分くらいか。
マンションの2階、ワンフロア―。ジム併設で割と整った設備である。

以前からパーソナルをやるようなことを聞いていたので、ここはパーソナルがメインで整骨院併設。
独立して開業。その世界では当たり前なのかもしれないが、それでもリスク背負って開業するんだから大変な決断だったと思う。

私はなぜ、この先生を選択するのか?
やはり「言葉」が通じるというのが大きい。
街には山ほど整骨院があるが、トレーニーの悩みやトレーニングに起因する症状などは、ほとんど理解されていない院ばかり。
先生本人も中之島でトレーニングされていたので、なぜそうなるのかという視点に立っているから施術も確かである。
腰や膝だけでなく上腕筋などの症状にも対応していただいたこともある。

中之島を退会してからなので、3か月ぶりではあったが、依然と変わらぬ対応をしていただいた。
多少遠くなったが、また施術してもらいに行きたいと思う。爆発する前に(笑)
IMG_2852.JPG


posted by まつちよ at 21:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

2セット

現在、1オン1オフの試行中。
全身を2分割でまわすので、疲労度はさほどでもないのだが、1回の集中力維持がきつい。
時間は1時間と決めているので、インターバルは短く、セットも少なく。

そうセットといえば、今までは3セットを基本としていた。
3セットや多セットを信奉しているわけではなく、「追い込んだ」という気になるから。
そりゃ1セットよりもやった感は大いにある。
でも、この回しで3セットは多いなと思う事と、2セットでも十分力を出し切ることができるので、このトレ回しであれば2セットがベストかなと。(1セットでもイケるだろうが、そこは保険という意味で)

ただ、気分的に乗ってこない。やっぱり2オン1オフが良いのかもしれない。
1日おきに完全休養日をとる方が筋回復に良いと思うが、カラダと心がばらばらでは結果は出ないと感じるので、検証はしつつ次は戻そう。

・・・

今日のトレ帰り、急遽KING・GYMのジムコンに行ってみることにした。
なんせ家から会場である鴫野会館は近いので。

でもお腹すいたので、マクド喰ってから余裕こいてチャリンコを漕ぐ漕ぐ。
到着。ハコは田舎の集会所の大きい版みたいな感じ。
おっ、なんかちょっと違う人たちが入口でたむろ。思わずアウェー感。
そしらぬ顔で会場に入ると、コンテスト感はすでにゼロ。舞台ではおそらくゲストであろう2人が記念撮影中。

IMG_2843.JPG

周りを見ても知り合いもおらず、見るべきものもすでに無い。
もう帰るしかないわな。ということで、数分で会場を後にする。

ジムコン観戦はこんな感じが多い(遅れてもそうでなくても)。有名なB○Fのジムコン観戦でも居心地は悪い。身内の集まりだからね。仕方ありません。
身内でない(泣)この世界になじんでないな自分再確認。人間性ですな。

#鴫野会館 #KINGGYM #ジムコン

posted by まつちよ at 23:01| Comment(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

なぜこんなことをしているのか

何が原因って、生活全般としか言いようがない。
この時期の腹回り、ひどいのなんのって。
おかげ?でいつもよりトレーニング強度を高められている個所もあるし、すべて悪いということもなんだが。

IMG_2840.JPG

でも、ビルダーとしては「ヤバい」のではなかろうか。見た目が・・・熊。
食事に気を遣うことが色んな意味で難しい生活。というか冬眠前の熊?
栄養を溜めこんで冬眠するとか。
仕事ぶっちして、冬眠(引きこもり)しようかな。できたらイイよね。

いくらオフが大きくても、オンに直結しないと意味ないのは、ずっと、ずっと考えていること。
さて、どうするか。引出し多いが、実は中身が空っぽ。。。


今主戦場としてるジムは、365日24時間営業だそうで、年末年始も開いているとのこと。

IMG_2839.JPG

エ○タイムや○ィフィットよりもマシンもさることながらフリーウェイトが充実しているので、不満を感じることがない。当然特別料金もなし。
時間も施設も不満はないので、これでインプルーブできなければその程度の選手ってことだ。

・・・でも、若くないよね、私。世間で言えばオッサン。腰据えて仕事せんといかんやろ。
・・・まあ、一日3時間も4時間も費やしているわけでもないし、余暇の時間を有効活用しているだけだから、健康面も含めて、悪くない行動じゃない?

成績だの結果だのと高望みしなければ、これほど苦しまなくてもいいように思うな。
掻きむしるほどの疼きも、奈落の底にフリーフォールしたような喪失感とか、欲望の大きさの裏返である。
得てもないのに傷ばっかり増やしている哀れな自分。
これって、どM?


成果もあげてないくせに来年も出ようと思っている、その意欲の源泉がどこなのか分からなくなってきた。
分からないが、出ることを前提にカレンダーを眺めているおかしな自分がいる不思議。




posted by まつちよ at 22:07| Comment(0) | ボディビルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

古傷の疼き

本日は朝から脚腕肩トレ。
家族サービスとかからは解放?されているみたいなので、気兼ねなく行ける。

IMG_2825.JPG

2分割、1オン1オフで約2週間。あまり疲労がたまっていないことに不安感(強度不足?)を感じているが、今年中はやりきって検証したいなと。

・・・

最近、心の古傷が疼いてしかたない。
大阪選手権でずっと予選落ちしていること。

お世辞でも「来年は大阪を」とか言われるとうれしいのだが、あとで古傷が疼いてしまう。
いまだに予選突破していない者が、いきなり好成績とか普通考えられないから。

もう何年もトライして予選落ちするとか、そんなに高い壁なのか、予選通過っていうのは。
軽くひょいひょいと飛び越している選手を見ていると、自分の前にだけ別仕様の壁が毎回用意されていないか?
そして、仮に予選通過できたとしても、その先は?見えなさ感が半端ではない。
それにもまして、無駄に時間を浪費させられてしまった自分を思うと、一層疼いてしまうのである。

大阪には来シーズンも出ると思う。
シーズン目標に大阪の成績は正面から考えないようにはしている。あくまでも日本レベルの大会での成績重視。そこがある程度達成できれば、バイアスを突破することも出来る。
そう考えて、疼きが収まるのを待つ日々が続いているのが、今現在である。


posted by まつちよ at 23:11| Comment(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

お悩み相談室〜三角筋

【ボディビル歴15年程度、地方クラス別大会優勝2回のK先生がお答えする「お悩み相談室」。
しかり、この生徒は結構物知りで・・・】

生徒A:先生、ご無沙汰してます。今日は肩、いや三角筋の鍛え方について
    教えてください。

先生K:うっ。三角筋は非常に目が行くところだから重要だね。
    三角筋は3つのヘッドからなっているから「三」なんだよ。

生徒A:それは分かっています。お聞きしたいのはデカくする方法です。

先生K:その返し、嫌いじゃないよ。そう、先生はあまり三角筋が大きく
    ならなかったんだ。
    だからトレーニング方法が間違っていたとか言うつもりはないよ。
    先生の、というか得た情報で言えば、三角筋のレギュラートレに
    プレスを入れる必要はない、ということ。
    おせんべい君たちを見てごらん。三角筋だけはご立派だ。彼らが
    プレス系をやっている姿をほとんど見た事が無い。マジで。
    しつこいくらいにサイドレイズやってる。フォームとか突っ込み
    どころ野村萬斎なんだけど。
    でも、あそこまで大きくなるからには、そこに真理があると思う。

生徒A:ではサイドレイズやりまくりで大きくなる要素を満たしていると?
    プレスは必要ないのでしょうか。

先生K:サイドレイズは三角筋を構成する3部のうちの中部を刺激すると
    言われている。
    中部は羽状筋という筋繊維構成になっており、強い力に反応すると
    言われている。
    サイドレイズは、スクリクトにレップしようとするとそんなに高重量
    は持てないはず。
    だから理屈的には最善ではないと思われます。

生徒A:ではなぜ大きいのですか。○※$△◆なんかを使っているからとか?

先生K:どんなサプリメンテーションなのか交流が無いので存じませんので
    無視します。おそらくやり込む量の力でしょうね。
    ボリュームトレーニングは古典的テクニックですが、有効であること
    は多々あります。
    あとは、、、他の種目で三角筋を疲労させていないから、成長の
    タイミングを逸していないとも考えられます。
    おそらく彼らはどうしても三角筋が疲労してしまう大胸筋のトレも
    ほとんどせず、常にフレッシュな状態で肩をフォーカスしているとも
    考えられますね。
    パーツだけに特化する方法としては悪くないですね。

生徒A:では、先生の考える理想のトレーニングは?

先生K:中部はアップライト・ローなんかはどうかな。バーベルでもいいけど、
    ロープーリーマシンで高重量に挑戦すると理想的かもしれないね。
    あっ、これは低身長の方しか無理か。
    ただ、先生はダンベルショルダープレスも入った感を強く感じるので、
    割とやってます。
    前部と後部は、その部分にバーンを感じるなら何でもいいんじゃない。

生徒A:プーリーはともかく、前後部がテキトー感ありあり。
    とにかく、胸トレ減らして三角筋を鍛えることにします。
    肩が大きくないとアウトラインが大きく見えないから。

先生K:クォラ〜〜〜〜〜〜。おまえはおせんべいなカラダを造りたいんか、
    えぇぇぇぇ。
    腕太くしない、胸を大きくしないことで肩を強調させている、
    いわゆる視覚効果もねらっとる。
    ある部分だけを特化した見世物とか、不気味と思わんのかっ。
    
生徒A:・・・。先生、言い過ぎ。先生の気持ちもわかるけど、競技として
    ある訳だし、一概に否定するんじゃなくて、共存していければと
    思うんですが。

先生K:はっ。今まで意識を失ってました。
    三角筋はかなり大事。コンテストではまず目が行く場所だからね。
    他で使っているから肩しないという選択肢がないことだけは言える。
    ちゃんとトレーニングすれば素質の分だけ大きくなるよ。

生徒A:素質って。当たり前田のクラッカーでしょうが。
    ちなみに先生は二重人格?



ご注意:あくまでも先生Kの独断と偏見が入ったものです。ご容赦を。
良い子の皆さんはマネ、してもしなくても自己責任ですよ。
    




posted by まつちよ at 23:22| Comment(0) | お悩み相談室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

何となく京都へ〜鴨川合流から御所へ

某月某日、トレーニングオフの私は、ふらっと思い立ち京都へ。

お決まりの京阪電車で、初めての出町柳駅下車。

行った時間が良かった?のか、人はまばら。大阪より2℃くらい低いか。
行ってみたいと思っていた場所、鴨川と高瀬川の合流ポイント。何にもないけど気持ちいい。
IMG_2800.JPG

ある所でウンザリしていた気持ちが少し和らいだ気がする。
心を癒せる場所をもっと持ちたいなと思った。なんだかおかしい気がするけど。

そこから、御所(あえて京都御所とは言わない)へ向かう。
今出川御門(北側ね)から侵入し御所を臨む。絵的に語るものもないが、古の帝がおられた場所で歴史を感じることができた、気がする。それで十分。御所内には入れなかったが。
IMG_2804.JPG

大宮御所、仙洞御所の側を通り、厳島神社を拝見した。
印象に残っているのは、建築物ではなく敷地内の道である。
広い道の真ん中をほぼ独占状態で歩く。両側にこんなに何もない空間って久しぶり。
これほど解放感というのを強く感じたのはいつ以来だろう。
IMG_2802.JPG

京都は混んでいるイメージがあるし本来もそうだろうが、ラッキーだったかもしれない。
良い気持ちのまま、他の場所には立ち寄らず、さっと大阪へ戻る。これも大事。

私の京都めぐりは、これからも「ふらっと」やっていこうと思う。
FullSizeRender.jpg



posted by まつちよ at 23:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン