2019年07月23日

大阪クラス別&マスターズ〜接戦?の65キロ以下級〜

午前中のマスターズに続き、昼からはクラス別各カテゴリーのスタート。

・・・休憩が短く、外に飯を食いに行く時間もなかったような。いろいろ起こるので、食料用意はいつでも必須です・・・


私の出場した65キロは20名のエントリー。ピックアップ審査で12名に絞ることとなる。

控えの場では、歳こそ違えどもわんさか選手が集まりパンプアップを始めだす。ここでも結構やっとるなーという感じで傍観。

時間を見計らって、ここでも三角筋をメインに収縮重視でパンプアップを目指す。

目指すけども張った感はやはり無い。きっと皆同じだと思うのだが、汗かくほど作業して疲れないんだろうか。


舞台そでに移動の指示。そこで初めて同階級の選手たちの身体を見ることになる。

私は前(先に出る)の方なので、後ろの選手までは暗くて良く分からなかった(結局最後まで分からなかった)が、森本選手や山野選手は顔と名前が一致した。10年以上ぶりに復活される泉さんもいる。印象としては「ふ〜んそうなのか」。

でもすごいのがいるなと、ひとりの選手に目がいく。ゼッケン見れば私の隣だ。ほかの選手や運営委員がそのからだを絶賛していたので、ちょっとヤバいかなと思う。たしかに同じ階級かと思うくらい重量感があり、仕上がりも悪くなさそう。

「この若さで、この腕すごいですよね。」とか私に聞いてくるが、そっけなく「そうやね。」とポツリ。いまから比較される選手の評価は聞いてほしくないな・・・

こちらがほめられてないから、バックヤードではもう順位づけされているのか?と少し不安ではあった。

しかし、マスターズを見た方から仕上がりを絶賛されていた私としては、経験値で勝負かなと気持ちを切り替え、すぐに不安を除去した。


そしてスタート。ラインナップ、比較審査、、、ノーコールで終了。
CF285C7A-E0F9-4F70-AFAA-BE2F10499442.jpeg

マスターズと違い、レベルは格段に上がっているはずなので、少しほっとする。

ポーズを取り続けるのはしんどいので、やはりノーコールはありがたい。見ている皆さんは不満かもしれないが。


次は予選審査、順位づけだそうです(棒)。ここで6名に絞られることになる。
7FF085EF-2054-4705-889A-E04759C2D57A.jpeg

ファーストコール。ここで1番にセンターで呼ばれれば1位になる可能性が高い。

「76番」。よし!気合いが入る。一番の渾身ポーズで臨まない訳がない。顔は笑顔っと。

入れ替わりがある可能性も高いので渾身のポーズを見せつける。

その後は私に比較の場は提供されなかった。


後方待機中でもアウトラインや仕上がりの良さをアピールするため、可能な限り(かつ怒られない程度に)リラックスだけでなくさりげないポーズを取りつづける。

審査員は比較審査中も、後ろで待機している選手を見ているので、アピールは超重要。

でもこのさりげなくが大事で、となりの超有望新人君は、本当にポーズをとっていたので、あろうことか中尾先生のカミナリを受けてしまった。かわいそ〜。

おそらくカラダ的にはさほど差は無かったのかもしれないが、リラックスでもカットを出し続ける、比較して勝っている部分を上手く見せつけるという小ネタで、優劣を付けさせてもらった、と思っている。

それでもオール1位票ではなかった。だらけていたら接戦になっていたかもしれない。



決勝審査、いわゆるフリーポーズは、よほどやらかさない限り順位が変わらないはず・・・???本当にそうか?

その時点では完勝なのか僅差なのか分からないため、差が僅差の場合ひっくり返る可能性もあるなと気づく。

ここはしっかり舞わなければ。控えでも念入りにチェックして舞台へ。


ここは思うとおりに舞えた。やらかさなかったことにホッとした。



ポーズダウンからの表彰式。

2位以上は堅いと当然思うので、そういう気持ちでポーズをとる。

でこあてマスキュラーはあえて封印。初見の若手君だったし、意味を理解してくれるか不安もあったので。

優勝は・・・「エントリーナンバー・・・76番」。よっしゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

雄叫びでもあげたかったが、50歳のおっさんがそれってどうよと思い直して控えめのガッツポーズ(だったか)


表彰台のテッペン。また眩しい・・・



大阪クラス別は10年以上ぶりだった。1〜3位までの表彰台にすら手が届かなかった大会。

今回優勝することができて、エル大阪の照明がぁぁぁとか、鬼門だぁぁぁとかの言い訳から脱却することができた。

ようは「仕上げる」ことができれば良かったのだ。

仕上げさえすれば、バルクからくる迫力感は武器になるので、まずは「仕上がること」

関西クラス別で2度優勝、2度2位だったときも「仕上がりの良さ」はあった。


上位の大会を目指していると公言しているので、大阪クラス別に今更出場することに意味があるのかと思われるかもしれない。

でも、クラシックに向けてではあるが、妥協せず仕上げて臨んだことに嘘は無い。その意味では優勝よりも到達点を披露できたこと、そして皆さんの高評価をいただいた場であったことが、出場した大きな意味であった。

そして高評価のなかで、審査員から2位票をいただいたという事実に目を向け、さらなる精進をせねばならないと思う事ができた大会であった。
2F6E16DB-CD3F-47EF-8705-56C911BFDD72.jpeg

posted by まつちよ at 23:54| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

優勝はしたものの〜大阪クラス別

きょう開催された大阪クラス別と大阪マスターズに出場した。

結果は、、、優勝、、、マスターズ50と65キロ級のダブル優勝。


マスターズ50は、ピックアップノーコール。予選ではファーストコールに呼ばれない的な扱いで、優勝。

クラス別65キロは、ここもピックアップ呼ばれずに通過。予選はファーストコールで5人のセンターが指定。結局優勝。

正直うれしいし、観戦した方の評価を聞くと、8月11日の日本クラシックに向けて順調な過程を辿ってきたのだと確証を得た気がする。



しかし、ジャッジペーパーを見ると、少し心が曇る。

マスターズ50はフルマークの完全優勝だが、クラス別はというと予選で2位票が2つ、決勝で3つつけられていた。

たしかに2位の北村選手は「若くて、でかくて、コンディションも良さそうだな」とは思っていた。

ま、ちょっとしたテクニック?を使いつつ、超有望新人をねじ伏せた、くらいに思っておいたほうがいいのかも知れない。



しかし、予選2位票の審査員がくしくも女性審査員だったことが、古傷を思い出すようで心に影を差してしまう。

またまた例の法則が発動してしまったのか・・・大事に至らなくてよかったが。



決勝審査も評価が下がる傾向にあることは以前から明らかなので、改善の余地がある。

味気ない?下手くそ?カッコ悪い?パクリ疑惑?

IMG_4626.JPG

僅差で、と言うほどの薄氷での優勝ではないので受け入れないといけないが、どこが負けていたのか後学のため是非ご教示いただければありがたいと思う。クラシックへ活かすためにも。


・・・


当日の様子については、今後書き綴っていきたいと思う。




posted by まつちよ at 00:32| Comment(2) | ボディビル大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

大阪クラス別&マスターズ〜開始前から完全優勝の50歳の部まで〜

大阪クラス別と大阪マスターズに出場した中で感じたことを書いてみる。


おそらく、コンテスト1週間前にはほぼ当日の状態になっていた(と思う)。

自分ではその時と当日に大きな変化を感じなかったから。

カーボアップや水抜き、直前の〇〇浴などは効果的だったか、正直わからない。ただ当日の状態を作りあげる要因から排除はできないので、当面は計画から外せないとしか言えない。


コンテスト数日前から、眠りが浅く早起きになっていた。だが支障はなく、コンデションも悪くなることがなかった。

当日朝の体重は、、、秘密。でも今季一番落ちていたことは確か。

数値にこだわりを持つつもりはないのだが、やはりインパクトを残す状態だったときはその体重に収まった時、というのは経験則上の事実である。

以前までは「筋量残す=仕上がり予定体重アップを目指す」という思考だったが、コンテスト結果を重視している現在においては「仕上がりこそ最優先される。」という冷徹な現実を受け入れているので、数値と結果の連動という比例した事実に照らして、体重を管理することにしている。



準備は万端、受付けを済ませ、あてがわれた控えへ。

午前中はマスターズ開催。皆さんは開始の結構前からパンプアップ作業を始めておられ、トレーニングさながらのハードな方もちらほら。

過酷な減量後、皆さんはパンプアップできるんだなとぼぉーと眺める。

私なんか全然張らないのに。だから開始前10分くらいでちょこちょこ三角筋中心で、血流を上げるだけ。

なので、ノーパンプだったか。ノーパンプは言い過ぎかもしれないが、張った感はほぼ無し。

よくよく思い返すと、私はパンプ作業前から血管浮きまくりで、パンプする必要もないのかも知れなかったが・・・。


結局、それでも本番ではカットは出ていて、ハードに仕上がっていた、、、ということをある写真にて確認。

控えでの自分の感覚では、他の選手の誰よりも私の肩(三角筋)と腕とのセパレーションが深くて勝っているな、という程度。
※これはクラス別で感じたこと(汗)


初戦のマスターズ50は、まあピックアップでは呼ばれないだろうとタカをくくっていた。結果、もちろん呼ばれず。

※この写真は最初の規定ポーズ
IMG_4641.JPG

予選審査、例のごとく「ここで順位が決まりますから頑張ってください!」・・・決勝審査は?・・・まあいいか。

ファーストコール。何故か呼ばれない。舞台後ろに私ポツンと。もしかしてという気持ちが1%も無かったとは言わないが(笑)

結論として、これは比較の必要がないくらい差があったということを示している。初めての経験だ。

それでもサードコールに呼ばれたのはサービスの一環か?


次、決勝審査と言う名のフリーポーズ。略


ポーズダウンでは、以前からどうしてもやりたかった「優勝コール前、お互いのでこを密着させながらのマスキュラー」を同じジム所属の丸山さんと行うことができた。今は亡き高垣さんとやって以来で感慨深かった。

で、結局優勝。10年ぶりくらいのプレゼンターからの賞状授与。そして表彰台のてっぺん。眩しすぎて客席が見えない・・・。

僕としては優勝した地方大会のカテゴリーに今後出るつもりはない。だから60歳になったときにでようかな^^;

トロフィーと賞品のビーレジェンドさんのプロテイン、ライフサイエンスさんの粉飴、なぜか重たかった・・・。



65キロ以下級へつづく。







posted by まつちよ at 23:36| Comment(0) | ボディビル大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

日本クラシック約1ヶ月前

8月11日の日本クラシック選手権選手名簿が発表された。

IMG_4240.JPG

私の出場する階級は、昨年5人のみのエントリーだったが、今年は、、、22名というエライことになっている。

開催場所の遠近でそうなるの?いや、みなさん、昨年並みならば入賞&上位を狙えると野心マンマンにエントリーされたのかな?

だって、私もそうだし(笑)


昨年と異なる階級にエントリーすることのメリットはあると思うし、仕上がりが良ければ比較筋量の点で、十分審査員に評価してもらえるはず。そう思っても間違いないだろう。


問題は、筋量を維持し体重を昨年以上に落とす作業。・・・それって理想だけども、できるの?って普通そう考える。

だからこそ、明日の大阪クラス別に出てそれを証明したい。

今日までのプランが正しければ、明日はいい成績(近しい人には獲りに行きますって言ってしまった)だろうし、そうなればクラシックも十分戦える、だろう。

逆に思わしくない結果であれば、あと20日で調整し直す。

posted by まつちよ at 23:30| Comment(0) | ボディビル大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

大阪クラス別まであと1週間

今日は、師匠にあたる方にポージングを指導していただいた。

その前に、今日朝の体重が驚異の、、、言わないが、えらいことになっていた。

体調は最悪で集合場所まで移動できるか?くらいのバッドコンディション。身の危険を感じるな。下手をすると〇んでしまうかも。


なんとかたどり着き、1時間半!の気合いの入った指導をいただいた。

自分も10年以上の歴はあるが、自分以外の目は非常に大事であるし、こう思う的なものも納得できれば絶対にプラスになる。

体調的に1時間半は辛かったが、有意義な時間であった。本当にありがとうございます。

川辺さんのポージングを絶賛しておられたので、私も参考にします。


・・・


今日もマグナムでタンニングし(うまく写っていないが、前の非連携投稿に写真あり)、見たこともない?血管の浮きまくりで、テンションアップ。

あまりに疲れていたので、今日は炭水化物を入れようと、帰りウォーキング中のスーパーで一悩み。

で、菓子パンではなくごく普通のパンを購入。でもよっぽど怖いんだろうな。チートになっていない気もするが。

IMG_4593.jpg

歩きながらパクつく・・・おおっ美味い、めっちゃ甘い。本当に甘い。甘いが優しい。

米の甘さをスイーツ並みに感じる減量中のビルダーならお分かりになると思う。市販のパンってめっちゃ甘いということを。

食べながら泣きそうになった。「幸せだ〜」「ありえない美味だ〜」



とりあえずあと1週間。頂点に立てるかは分からないが、「体重に余裕を残す」とか「もう仕上がりは大丈夫だろう」などとミジンコも思わず、クラシックと同じ気持ちで21日に臨むことしか考えていない。




posted by まつちよ at 21:44| Comment(0) | ボディビル大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

非連携・日焼け後のハード感

今日の日焼け後、あまりに血管浮きまくりなので撮ってみた。

もっと上手く撮れたらとは思うが、全身に浮き上がる血管をみると、絞りもここまで来たんだなと実感できる。

IMG_4591.jpg
posted by まつちよ at 21:27| Comment(2) | 減量 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月09日

今年の日程は悩むな〜

大阪クラス別のことばかり考えているうちに、その後の日程も迫ってきた。

ようやく8月11日の日本クラシックの前日宿泊先を決め、どのようにカテゴリーに収めるかだけを考えはじめたところである。

しかし次の9月の日程が、、、。


日本クラス別が目標だが、出たい日本マスターズが前週とか調整難しい日程感である。これが逆ならまだいいんだが、クラス別にでるなら階級を落としてエントリーするつもりである。

となると減量が非常に厳しく、マスターズ前後もカーボアップすらままならないことが予想される。

それに終了後に酒も飲めないとか、ありえないし。この選択は今は無い。


9月8日の関西選手権から9月22日の日本クラス別が妥当か。これでも2週間しかない。

日本クラシックから日本クラス別直行が日程的に安全なのは分かっているんだが。



・・・クラシックの成績でクラス別のエントリーを考えようかな。期限は問題ない。

クラシックで上位に入れないようではクラス別で評価されないだろうから、目先を変えて関西からのマスターズという路線変更も。

福井の鯖寿司とかソースかつ丼とか堪能できそうだし(笑)




posted by まつちよ at 23:52| Comment(0) | ボディビル大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

大阪クラス別まであと2週間か・・・

自分の目から見て、現状はすこぶる順調と感じている。

IMG_4567.JPG

その自分の目というのが、いつも曇り気味でバイアスがかかっているから、いつも期待と結果がかみ合わない。

「この程度で」とか「まだまだやん」とか、厳しいご意見いただければ幸いです。いっそうの覚悟で臨みますので。


しかし、あと2週というこの時期に、まだ追加できることがあった。

大きな期待は禁物だが、結構他の選手もやっているらしいので、少しだけ期待している(笑)



内なる敵への対策もしっかり準備し、あとはちゃんと仕上げるだけ。

はずすような極端なことはしないだろうし、昨年と同様の準備計画を主にトレースしていくという手続的に難しくない作業だけ。


今週にでもどなたかに状態とポージングを見てもらえればいいのだが、そうそうお時間いただけるとは限らない。

どなたか、我こそはという奇特な方、おられませんか(笑)



今日のマグナムでの日焼け。ここのマシンは焼ける。

IMG_4571.JPG

焼いたあとの身体が凄まじくハードになるが、これを大会直前に施したいものだ。


posted by まつちよ at 00:32| Comment(2) | ボディビルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン