2019年09月12日

張りのあるなし。

7月21日開催、大阪クラス別

CF285C7A-E0F9-4F70-AFAA-BE2F10499442.jpeg


8月11日開催、日本クラシック

IMG_5075.JPG


9月8日開催、関西選手権

IMG_3722.jpg


それぞれラインナップ時。

なんで3戦目の関西のポーズが下手なのか、アカン時の自分が表れている(泣)

ただ、被写体で良くも審査員にどうみられるかなので、そこの意図をもったポーズではあるが。それはともかく。


どうなのだろうか・・・関西オーバーオールでは張りも元気もなかったと指摘があった。

予備ピックで呼ばれれば、確認のためであっても意気消沈するから元気いっぱいにはとても・・・。

大阪クラス別が一番張りがあったのはなんとなく分かる。

しかし、そもそもクラシック時も張りは無かったように見える。

クラシック時に生で見た人が少ないので、そことの客観的比較が分からないところであるが、成績でなんとなく良かったのかなと。



命題は張りを戻すことか。しかし、9月22日はクラス別。余裕のある体重でもないのでカーボアップにしても注意を払わなければならない。

こんなにコンデションを長期間維持した経験がないので、その弊害、いや難しさをしっかり体感している。

しかし、それも経験。ここで気づきを得たことを幸運と考え、日クラではキレも張りもあるカラダで波乱を巻き起こそうかい(笑)


どなたか、「なるほど」というご指摘とアドバイスいただけれ幸いです。




posted by まつちよ at 23:33| Comment(0) | ボディビル大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン