2020年07月26日

バランスがおかしい、という誉め言葉

ボディビルダーなので、体を褒められたら誰しも喜ぶだろう。

太いね、とか大きいねなどはビルダーにとっては誉め言葉だけども、女子にしてみたら「しばき」もんだろう。

言葉って怖い・・・。


トレーニング前には2リットルの水を買うのだけれど、よく行くコンビニの店員さん、60くらいだろうかシニア女性店員さんというのか、レジ打ちの時に、「腕太いですね。鍛えているんですか?」と目を輝かせて誉められた。

「そ、そうですか、わかります、か・・・」

「だって腕と体(体幹)のバランスが普通ではないですもの」

・・・そうだよね。最近撮られた写真でも、シャツパンパンだし。ユニクロ着てるから当然か。

鏡に写る自分は、自身でも筋肥大した腕(2頭筋&3頭筋)は目立つなと思う。やはりみんなそう思っているのだろうか。



自分ではトレーニングにおいて、それほど特別なワークアウトしてないんだけども。

7×7×7レップ法とかは、あまりやっている人はいないだろうけど、インクラインカールやクローズドグリップチンニングなどは皆組み込んでいるとは思う。あそうそう、3頭はディップス重り付きとかね。

特に特別なことをしていないけど割と発達していることって、よく聞く話。

脚太い(うらやましい)人にメニュー聞いても驚くほどすごい内容ではないとか。ハードではあるんだけどもっていうことだが。



ただ、本当にすごいビルダーは、パーツを特出しして誉められたりしない。

鈴木選手も、横川選手も、西日本選手権者の村上選手も、すべてが素晴らしいのでそういう誉め方にならない。

結局はそれ以外は普通、もしくは基準以下ということでもある。言い過ぎかもしれないが。



ま、おかげで、ボディビルダーを名乗ることができる(理解してもらえる)ので、良しとしておこう。







posted by まつちよ at 17:02| Comment(0) | ボディビルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月24日

症状ではなく偏見の恐ろしさ

第二波とか言ってますね。

躍起になって検査増やせば、数もある程度増えるでしょう。

季節性インフルエンザも目の色変えて「感染者」なるものを探す検査をすれば1000万人くらいになる想定だそうです。


普通に考えて、きっと昨年もその前も風邪っていうのは年中存在していたんだろうなと。

ただ、騒がれなかったから(=ほとんどが重篤でもなかったから)誰も関心なかっただけなんだろう。


そう、そこが重要。

世の中には数多のウイルスや細菌が存在し、常時人間は取り込んで生活してきた。取り込まざるを得なかった。

中には凶悪な致死率のウイルスや細菌も現れ、人間界をパニックに陥れたこともあっただろう。

でも、今は流行っていると言われている新型は死亡率が高くとは言えない。

であれば、季節性の風邪より恐れる必要があるのかという疑問は普通なら思う。



メディアも感染者は垂れ流しても、重症者数や死亡者数を見事なくらいに無視するのはなぜだろう?

感染症を研究する学者がYAHOOなどで意見を書いたりしているが、総じて「重篤率」を都合のいいように解釈して論旨を立てている。

まあ、学者とはそういうものかもしれないが。



問題の本質は、感染者なるものを「ばい菌をまき散らす害悪」「感染するのは何か行動に問題があるヤツ」などと決めつけ、社会的制裁を加えさせようとしていることである。

新型が危険だというありもしない妄想(もしくは洗脳)によって、ウイルス1個がテニスボールであれば、メッシュが3メートルくらいのすけすけマスクを着用を要請(という名の強制)したり、感染者を見つけては周辺をロックアウトさせるなどの過剰反応を起こしている。



朝からワイドショーを見ている人が、その影響を受けないわけがないし、テレビニュースを真実と思って視聴している人が、印象操作に乗せられても仕方ない。そしてその人々の認識が、社会に闇を作りだしているように感じる。



前にも書いたが、戦前の日本も同じような状況だったのだろう。人々が扇動され、全体主義へ走り出していくという状況が。



posted by まつちよ at 00:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月19日

目標らしい目標がなくても鍛錬は続く

去年の今頃は、非常に良い感じだったような。

CF285C7A-E0F9-4F70-AFAA-BE2F10499442.jpeg

今年は絞る理由もないし、さりとてバルクアップとか目指すというのもなかなか困難である。

でも、トレーニングを疎かにするつもりなど毛頭なく、息をするようにトレーニングは無意識くらいにある。

まあ、ビルダーであれば誰でもそうなんだろうけども。



今日は背中のトレーニング。

あまりMAGグリップを最初に使わないのだけれど、今日はローイングで使ってみた。

IMG_5942.JPG

決めるべきポイントを決め、そこそこの重量でしっかり引く。

収縮感と背中全体への刺激がいつもよりくる。久しぶりの感覚。

これで私の背中に鬼の形相のような隆起が生まれたに違いない(笑)。


背中は重量を求めない(例えばウォームアップ中)時の方が動いている感覚はある。

重量の刺激は嘘をつかない。でも効く感覚はと言えばすこし重量を落とした方がいい。

このことは何年も前から分かっていたし、それなりに取り入れていたつもりではあった、


でもやはり疎かになっていたのだろうか。それともMAGグリップのおかげか。

効かすことについて、今一度見直してみる機会かもしれない。





posted by まつちよ at 23:00| Comment(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転スラ小説、読み耽り

最近の私は、時間があったら「転スラ」小説を読み耽っております。

ts14_002.jpg

朝早く出て、仕事前に・・・

昼、飯を食って仮眠前に10分くらい・・・

移動で時間があれば・・・

帰りの電車でも・・・

帰ってからはずっと読んでます。


あまりにそちらに時間を費やしているので、いろいろ疎かになってしまうのは仕方ない?

しかし、トレーニングは最優先。それは揺るがないです。


ラノベでも16巻もあると結構読めないもんですね。

・・・51歳のおっさんが、いい歳こいてラノベなど懸命に読んでいるのはちょっと引きますね。

でも、敵国認定してきている国のくだらないドラマなど鑑賞している某より、よほどマシだと思う。


posted by まつちよ at 21:18| Comment(0) | 転スラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月12日

やりたいことをやる。当たり前だが。

思うところがあって、細々と原稿を書いたりしていた。

経験や知識があればいろいろ書けるのではと思って最初は筆も進んでいたが、最近はパッタリ。

書こうと思えばかけるのだが、気が乗らないのに書くこともないかと冷静に考える。

割とボリューム的には出来ているので、まとめればAmazon出版も無理ではない?かな。

そんなの誰が見るねん、ということはあるのだけども・・・(;^_^A


まあ、急ぐ必要もないし、気が乗ったら再開しよう。


・・・


で、その間に「転生したらスライムだった件」の小説版を読んでいた、いやまだ読んでいる。

面白いので、時間があればずっと読んでいる。

しかし小説を16巻も読むのは結構しんどいわ。

漫画単行本は現在14巻が最新だが、小説の展開でいうと4巻〜5巻あたり。漫画で描くとどれだけの巻数になるだろう。

あとアニメにもなっているし、それも小説4巻あたりなので、次作2021年版はどこまでアニメ化するのやら。



読み終われば、執筆活動を再開するかもしれない。

でも、他にも情報として頭に入れておきたいことを本からも入手したいので、限られた時間でどう折り合いをつけようか。



いろいろとやりたいことがあるのは良いことだよな。

年取ると意欲が落ちるって言うし、バイタリティもそれなりに涌いているから、ストレスも含めて生きている感じがする、てか。

IMG_5937.jpg



posted by まつちよ at 21:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月05日

要請と常識の価値観

ある要請を愚直に実行する。

そのおかげで、逆に体調不良などの悪影響が生じるかもしれない。実際、トレーニング中など邪魔なだけだし。

それでも要請を守らなくてはならないのだろうか。そういうのを愚直というのだろうか。

良いことなどほぼないに等しいのだが。


法律ならいざ知らず、要請などは自分に不利益が出る場合や明らかに誤っている場合は無視すべきではないのか。


このくそ暑い中で、今だ多くの人が継続中だ。いやはや大変だと思う。

きっと〇人がでるだろうな。



要請されたから?それとも意思?それとも同調圧力?

いずれにせよ、もっと周囲がとかではなく、事実を見て判断すればいいのにと思う。



私はボディビルダーとして、良いものはそれまでの常識に反していても取り入れる気持ちがあるし、逆に常識と呼ばれるものに捉われないようにしようと思っている。効果のあることをしたいから。

当たり前だが、ボディビルダーにとって筋発達が最重要である。そのためのトレーニングであり、食事であり、サプリメントである。

肝心の効果が上がっていないのに現状に固執するのは愚か者でしかない。

どんなに努力していても、一番重要なものにしっかり向き合っていないことは、そもそもボディビルダーとしてどうかと思う。

自分の限界がとか自分を取り巻く状況がとか言い訳などを言う前に、もっと出来ることがあうだろうに。

そんなことをSNSで聞くたびに、同情してしまう。時間は有限なのにね、と。



要請や常識などは、一度自分の中でしっかり考えたほうが良い。人生は一回きりなのだから。




posted by まつちよ at 22:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン