2020年10月31日

大阪市解体の暴挙には、冷静に「反対」を

ここにきて、財政局が分割による自治体コストを試算し、発表した。

それに松井や吉村、あろうことか橋下までも得意なツイッターでデマをまき散らしている。

市長である松井は、恫喝により財政局長に訂正記者会見を開かせるなど、なりふり構わず不都合な試算を隠蔽しようとしている。

この顛末が、維新の本質を露わにした。とうとう本性を現さざる得なくなったとも言える。

このYouTubeで、明快に橋下と大阪市解体構想を論破しています。

橋下徹氏・大阪都構想「毎日新聞の利権」という妄想/室伏謙一


1つの家族を4分割して、別世帯になると当然4つの家計が生まれるわけで、収入が増えないのにかかる支出の計が増えるからコスト増になるのは当たり前である。

「基準財政需要額」。めっちゃ簡単言うと、これくらいの規模の自治体だと、どれくらいの予算や支出が必要かを計算する考え方である。

これを計算するのは、国から交付金(つまり自治体がもらえるお金)をどれくらい出すのかを算定するためである。

・・・これって、今計算するものではなく、設計段階で当然計算すべきものではないのか?


不都合な真実をデマで隠蔽しようとする、賛成派の維新。そして市民にデメリットしかない大阪市廃止案。


どう考えても、明日の「大阪市廃止・特別区設置住民投票」は否決されるべきだと強く強く思います。

最後に、このブログを見ていただいている奇特?な皆さん、市民でなくても、知り合いで大阪市民の方がおられれば、「反対」に投票するよう促してください。お願いします。 m(_)m





posted by まつちよ at 19:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月25日

なかなか体感できない

ビタミン系やプロテインなどはちょくちょく買っているが、トレーニングに刺激を与えるきっかけのためにNo系を購入。

オルニチン、アルギニン、ナイアシンなのだが、多少パンプでもしてくれればうれしいな程度の期待。

早速トレ前30分に3錠。


トレーニングは胸と背中。特に変わったところはない。う〜ん。

汗が出るでも、体温が高くなるでもない。う〜ん。

まだ最初だからか、いや違うかも。

IMG_6111.JPG

もっともクレアチンにも体感は無く、体感無くても効果は信じて使っているくらいなくらいなので、失望などはない。


・・・


世間で話題になっているGoToEat。

早速試してみた。

家の近所にある面白くない芸人〇むらの焼き肉屋さんを予約。

焼肉店だけど注文はカレー。今日はカレーの口だったのである。

IMG_6112.JPG

しかし、カレー屋以外のカレーってどうしてこう酸っぱさが目立つのか。

あまり辛くしないことで、酸味が勝つのか?

次行くことがあったら焼き肉にしよう。あればの話だが。




posted by まつちよ at 23:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月20日

楽しそうでうらやましい

先日、息子の進学の検討材料で、ある高校の入学説明会に行ってきた。

入学案内など6年ぶり。あの頃は各所の中高一貫校に行って私が勉強になったものだ。

IMG_6104.JPG

私学が入学案内にかける意気込みは結構なものがある。今回もそうだった。

学校説明だけでなく、プチ演奏会、ダンス披露、優秀学生紹介など最初の説明会だけで2時間以上。

パイプ椅子でケツ割れるかと思った。


その高校はスポーツアスリート養成コースもあり、有名選手も輩出している。

進学も今年は京大4名現役合格出しました〜と実績強調していて、ハイハイという感じ。

クラス数が多いのか、思いのほか少ない人数のクラス編成のようで、ぎっしり詰め込みだった上の高校とえらい違う。


校舎も綺麗、施設も充実、進学オンリーからアスリート養成と幅が広そうで、生徒になれば色んな刺激を得られるに違いない。

こんな高校、自分の時に選べるのなら、目を輝かせて選んだにちがいない。

もっとも、中学の成績は相当悪かったけども。15の夜っぽかったかな〜


ジムも広めで、マシンも豊富。プロテインドリンクバー併設って、どんだけ〜〜。

お土産にプロテインをいただいた。

IMG_6106.jpg

試飲の際に、「これWPI?WPC」と聞いて、怪訝な顔をされたのは秘密・・・。


学校も最寄り駅にはホントしょっちゅう行っていて、学生君もよく見かける。

総じてガタイの大きい体育会系の子しか印象無く、うちの子に合ってないよなと思わなくもなかった。

でも、裾野が広く様々な学生がいる楽しそうな学校で生活できるって、とてもうらやましい。


よくよく考えれば、私、これからも頑張らねばならないということか。やれやれ😥



posted by まつちよ at 22:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月15日

めっちゃ分かり易くて笑ってしまった件その4

本当に鼻で笑う話だ。

グレードダウンするために廃止を選ぶの?

小さくなって、他の中核市みたく府の指導で物事を決められるとか、選択として賛成はありえなくない?



ある人から「本当のところ、都構想についてどう思っているの?」と聞かれたことがある。

私は「住民投票はデメリットがあるから行うんです。デメリットもしっかり考えて判断してください。」と申し上げた。

本当なら「全くデタラメな、良いところの無い提案は、当然〇〇するべきだ」と言いたかったのをグッとこらえた。


廃止・解体されても悪くはならないだろうと高を括るっている人には、その4をご覧いただきたい。

二重行政解消で大阪市が滅ぶワケ(藤井聡×室伏謙一)


良く分からない、迷っているという方は是非「反対」という意思を投票していただきたい。




posted by まつちよ at 21:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月14日

めっちゃ分かり易くて笑ってしまった件その3

大阪市解体賛成!という方もおられると思う。

二重行政解消!4行政区できめ細やかな市民サービスができる!民間にできることは民間に、、、えっと他に何かあったっけ?

もしその方が記事や関連動画を見れば不快になるかもしれない。

私も人を不快にするような記述をしたいわけではないが、どうしても知ってもらわなければならない事だと思うから続けているのだけれども。


二重行政を解消で三重行政になるカラクリ(藤井聡×室伏謙一)


引き続き、このシリーズ第三弾。笑えるというより賛成することの悪影響が甚大すぎるという点に唖然としてしまう。


全否定される欠陥提案。すでに5年前に否決された案。大阪の成長を止めるな・・・分割して旧大阪市域が成長できますの?



日経では解体反対42%、賛成45%とのことだ。

だいぶ拮抗してきた感はあるが、なぜ45%という市民がジ〇ツ行為を容認するのだろうか。

よほど見えている世界が違うのか・・・。もっとも実は人間全員が見ている世界が違うという意見もあるようだから・・・関係ないか。

でも再掲で言いたい。

二重行政解消! ⇒ 仮にあったとして、大阪市民にとってそれはデメリットですか?

4行政区できめ細やかな市民サービスができる! ⇒ 人や組織を分割したスケールダウンで今以上にサービスを提供できる道理がありません。

民間にできることは民間に! ⇒ えっと、、、それって大阪市解体に関係ありますか?

府と市の仲が悪いから協力できないんだ! ⇒ えーっと、そもそも市と府はやるべき事務が違いますやん。喧嘩にすらなっていないと思いますけど。


もっと書きたいが、なんかええとこ見つけること自体が大変だ。おかしいな(笑)



posted by まつちよ at 00:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月11日

めっちゃ分かり易くて笑ってしまった件その2

2015年、前回の大阪市解体住民投票の際にあった7つの疑問を現在にも適応できるってことは・・・

「何も変わっていない。」

ということは、普通は名称や中身は変えないと否決された法律は上程できないということにならない?


大阪市民に維新シンパシーが強いことは強く感じる。

それだけ閉塞感があるからだろう。何かを変えてくれないかという願望の受け皿が維新しかないという認識だから。

しかし、どんだけ出てくるこの疑問、矛盾、誤り、詐欺、これをシンパシーというフワッとしたもので飲み込むのはどうなのか。


この動画は一刀両断していて気持ちイイ。またしても笑ってしまった。

大阪が東京都のようになるという幻想(藤井聡×室伏謙一)

ただ、うちの息子曰く「いくら良質な動画でも(配信後)所詮5000ビューでは大阪市民が興味持っているとは言えないね。」と。

まさにその通りである。約270万都市(有権者は約220万)だから、これから100万人くらいは見てほしいところだが。

せいぜい2〜3万人がいいところか。



どこかで潮目が変わってくれることを切に希望する次第である。





posted by まつちよ at 21:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月08日

めっちゃ分かりやすくて笑ってしまった件

本日は脚トレ。土曜日以来。中4日か。

ベルト2つ巻いてしっかり体幹も固定。そしてスクワット。

セット後、久しぶりに脚が小刻みに震えを感じる。いい具合に負荷をかけているな。

分かりやすい兆候で笑みを浮かべるのであった・・・おっさん、気持ち悪い?

まあ、生まれたてのバンビのようにはならなかったが、トレーニングとしては十分だと思う。

人からみれば、まだ足りないんじゃない?と思われるかもね。


・・・

大阪維新の会の悪質なプロパガンダを暴く(藤井聡×室伏謙一)

この動画、分かりやすいし面白い。

笑わすために作られていないが、いかに「都構想」が誤った思考の産物なのか、一刀両断でバッサリ。

爽快すぎて思わず吹き出してしまった。

都になれない都構想。いいとこ全くない。ほんとびっくりするくらい何もない。

推進側のみなさんが真っ当な反論してほしいところだ。

納得してみたいが、たぶん無理だろうね。前提が間違っているし。




posted by まつちよ at 21:48| Comment(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月04日

虚心坦懐に

虚心坦懐。これは私の座右の銘といってもいい言葉。

私は小さな人間だが、経験や自負はある。

あるが、新しいことや視点を変えることを厭わないでいたい。

いつもフラットな視点で考える、いや考えようと努力することは大切。


最近、YouTubeで海外ビルダーの動画を紹介されていて、大胸筋トレーニングの要点が述べられていた。

聞いていて、ハッとなった。重要なのは分かっているが、いつの間にか意識せずにいたことを。

それ以来、胸のトレーニングで必ず意識するようになった。

所詮YouTubeのトレーニング動画など一部の例外を除き、参考にならんと思っていたが、先入観に囚われてはいけない典型である。



今からバルクアップや形状が良くなるかどうかは分からない。でも正しいと思うものは躊躇なく採用するし復活する。

凝り固まっていては成長しないのは、筋肉も精神も同じ、ということだろう。


・・・


コロナについても、そういう姿勢は必要だろう。

客観的なデータやエビデンス、合理的な仮説、それらを虚心坦懐に眺める。そして考える。

私は、そうして至った考えを大切にしている。

私が強く信じる主張の原点は、この先生の説である。

IMG_6083.JPG

現在をもっとも合理的に説得でき、しっかりしたデータにより導き出された説。

・・・これってバイアスがかかっていると言えるだろうか?


ただし、これが覆すような合理的な説が示されたら、またフラットな気持ちで考えなくてはならないという姿勢もまた大切だ。






posted by まつちよ at 21:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月03日

間違いを指摘するのはイデオロギーではない

11月1日に行われる住民投票について、を語っているわけではないが、あまりにも構造が類似している。

グローバリズムは我々の「祖国を愛する気持ち」までをも利用する [三橋TV第296回] 三橋貴明・saya

私もグローバリズムの手法に染まっているのかもしれないと、反省。


そのうえで、大阪解体構想(間違った名づけ「都構想」)を事実を基に誤った手法であると結論づけした。

そこにイデオロギーはない。誤りは誤り。

対案出せとか、基本認識が全て誤っている事項に対案などないから。反対するのみ。

(この話は5年間にも書いたような・・・)





posted by まつちよ at 20:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン