2021年02月21日

自分なりの減量

減量方法なんて自分で判断するしかない。

ローカーボもローファットも、自分に合った方法で結果が出ればそれが正解。



私はローカーボだが、厳格にオミットしない。というかできない。

糖質を全く排除しようとする労力は結構なもの。脂質は十分に摂る必要があるので、そうすると選択がかなり狭まってしまう。

終盤ではカロリーも気にする必要があるかもしれないが、序盤はできるだけカロリーを落とさず行く。



今の私にはサラダチキンという選択はない。

栄養価は高いし、脂質も糖質も抑えられているので減量に向いている。

しかし、そこまで制限する必要があるのかが大いに疑問で、2019シーズンは全く口にしなかった。

逆にファミチキやナナチキは良く食べた。

某筋肉系YouTuberからすると、減量明けに食いたい食品だったようだけど、私には常食に近いものとしか考えられなかった。

衣には糖質が含まれているので、ローカーボでは極力避けるもののカテゴリーかもしれないが、私の選択にはあり。

IMG_6303.JPG

写真にはパンが写っているが、ローソンのブランパン。

このはみ出し方ではサンドしている体をなしていないが、雰囲気づくりということ。

もっとも、最善の減量食はステーキだと思うが、そこまではなかなか。



最初に戻るが、減量とは各自が自身に合った方法を見つけ出さなくてはならない。逆に言うと人は人、自分は自分である。





posted by まつちよ at 23:52| Comment(0) | 減量 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン