2017年03月21日

とある国の自己責任という言葉

サプリメントに限らず、我々が摂取している様々な食品には様々な物が故意かどうかに関わらず含まれている。
国産だから安全、外国産だから注意が必要、というのが今の大多数理解。

国産だから安全?たしかに健康レベルではその確率は高いだろうが、絶対ではない。絶対など存在しない。




自己責任において・・・。
どんなものを食せば100%安全で、どんなものを飲めば大丈夫なのか、教えていただけるだろう。
100%でないなら、街の八百屋に売っている野菜も、スーパーのお肉も食べられないのだろうから。

自己責任で・・・
反証の立証義務は選手側。告発側は事実だけ突きつければ足り、背景など知ったことではない。
分子レベルであっても検出の事実はあるのだろう。それがどういう意味を持つのかは知る必要もない。


国産が推奨される。国産は割高。選手にとって安価を選択する余地は事実上ないということである。
それが競技者のあるべき姿ですと。


ひとつ言えるのは、私はこの競技を勧めることはないということ。




posted by まつちよ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディビルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン