2017年04月15日

真贋はわかりませんが。

私が愛用している「MYPROTEIN」。
マイプロ.jpg

そのプロテインにネズミの死骸が混入していたと、動画にアップされたイギリス発ニュースが流れた。

最初に知ったのは、FBの連携投稿から。
投稿者がニュースを利用して自身のブログをリンクして、ほれみたことか、安いのには理由があるんだ的な記事を投稿していたのを目にしたのだ。

この手のニュースは、ソースに信頼性がなければ信じないことにしている。
以前にもマクドを訴えたニュースをシェアしていたものを見つけたが、同類だ。

私は真贋を知る立場にないが、安さに対する疑問って、結局のところプロテイン1キロは何円が妥当なんだという部分が不透明だから起こること。

消費者からすれば、安全安心は当たり前で、価格が安いがいいに決まっている。
国産のモノだからあらゆる意味で絶対安全とは絶対に言い切れないはず。
ならば、リスクとメリットを考えると「含有量、安さ」を選択する、つまり大手メーカーの商品は対象外となるのは道理。

高品質だから、手間暇かけたから、で割高は仕方ないというのは、明らかに違いが分かる・出るという優劣がでてはじめて言える理屈ではないのだろうか。
例えば、国産高級牛肉と外国産牛肉みたいに、あきらかに違うのであれば分からなくもないが。
結局、リッチマンでもない限り、日常使いのプロテインはコストパフォーマンスが勝る。

国内メーカーでも激安を売りにしているものもあるようだし、もう少し価格を抑えて(少なくともマイプロテインなみに)、我々がチョイスしやすいような努力を期待する。


その後、購入者の管理下で入ったのではというニュースもあった。
このニュースでそれみたことかと記事を書いた奴に聞いてみようかな。
「はずかしくない?」


posted by まつちよ at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン