2017年06月04日

ステージのせいではないのかもしれないが〜2017大阪クラス別

朝イチ、といっても早すぎて久しぶりに開店待ち(パチンコ屋か)。
腕トレに精を出し、終了後食料を調達して大阪クラス別が開催されるエル大阪へ。

いつもとスケジュールが違う?午前中にマスターズを片付けて、昼からクラス別とな。
椿くんの出場した40歳クラス、なかなか厳しいカテゴリーだ。
大きい選手とのラインナップではさすがに存在感が薄くなる。
まあマスターズを特徴づける比較というところか。

60歳クラスの川原さんは、なかなかいい仕上がりに見えたが2位。
60にしてあの身体は尊敬せずにいられない。

昼からはクラス別。
・・・私は70キロ級の予選審査が終了後、退席したのでそこまでの感想・・・
さっそくピックアップ審査
60キロ級、ゴールドのトレーナーである谷さんが、小型のジャガー佐藤に見えて私の中では1位。
65キロ級?パス。
70キロ!よし来た!思わず席を離れ見やすい位置へ移動。
この階級には、同じクラブ登録の吉田さん、FBつながりの竹内さん、そして腹黒会総帥の坂口さんが出場している。見逃してはなるまい。

率直な感想。
皆さんはかなり減量進めて普通にカットも出せると思うし、現に画像では脂肪がないくらいの脚カットをお見受けするのだが、ステージ上を見る私の感想では、あれ?という感じになる。
実は軽量階級(といっても75キロは見ていないが)でも同じ写りに思えた。
ステージで横に立つと、みんなバキバキやな〜といつも思っていた自分からすると、という感覚。

IMG_2329.JPG

視点もそうだが、エル大阪という舞台がそう見せている(という私の仮説)。
自分が好印象を持っていないから、ということは否定しないが、明らかに脚のカットは飛んでいる気がする。
ま、同一条件だし、陰影がはっきり出ている選手もいるので、それも競技の特性というところか。

70キロ級で注目していた坂口さんは、ピックアップ通過。予選審査は通過できなかったが、状態は良かったと思う。クラッシックではさらにキレキレになり、好成績を収められることを期待します。

吉田さんは、昨年の65キロ優勝者。階級上げというのは難しいところだ。
竹内さんは、まさにステージ上の見え方が、、、。なぜだろうか。

自分が出ていたら、カットなど消し飛ぶフルフラット(車かい!)状態となるだろうな。

55キロ級は椿くんと外人さんが目立つが、ファーストコールに椿くんが呼ばれない。
わからん?サードコールあたりで外人さんが呼ばれるなど、審査方向がわからない。
微妙な僅差なのかもしれないな。

75キロ級は中之島のトレーナーである吉川さんで決まり(なはず)。
バランスが抜きんでている、という表現もヘンだが、ラインナップだけで決まりとしか思えない身体。
今度秘訣を教えてもらおう。

とまあ、感想に終始したが、やはり観戦は学ぶもの、気づきが多い。来てよかった。

・・・

しかし、予選審査の時に「ここで順位が決まりますから頑張ってください。」って。
フリーポーズは審査対象外ってことかな?ふと兵庫の元某会長を思い出したな〜(笑)




posted by まつちよ at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディビル大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン