2017年06月11日

期待値

ここ数週間、土日の朝に6、7キロ歩いているが、これが良い感じである。

歩きながらいろいろ思考する時間が得られる。
スマホも本もなく、ただ考えるだけ。
そして流れる景色は気持ちを滞留させない。

減量にも(減量のためだが^^;)良いし、心肺機能も強化され、健康的。

途中、ご縁のある大阪天満宮を参拝。
IMG_2338.JPG

家内安全祈願。いつも気が引き締まります。

で、歩きながらつらつら考えること・・・

最近、また人に勝手に期待をかけている自分を思い返す。
他人は自分が思うほど自分のことを近く親しく思っていない。
痛いほど経験しているのに、またぞろそういう勝手な思考に陥る。
結局は人に何かを頼ろうとしているから、勝手に信じているから。

負の思考をいつまでも引きずってはイカン。だから、

トレーニングは一人で向き合うもの。だから期待値は自分のポテンシャルでしかない。
ただひたすら追求すれば、おのずと答えが得られる。
答えが得られることが大切なこと。自分で完結できるすばらしさ、これこそが自分をジムに向かわせる要因。
心が乾いてしまってもなお生きていられるバイタリティの根源。

という結論をかぶせてみる。

・・・

そう、ジムでこういう会話を聞いた。
ある人が、「だいぶ絞ってますね。」
その人は、「4キロくらい、ですね。」
ある人が、「やはり大阪を狙うんですね。」
その人は、「いやジャパンオープンを獲りに行きます。」
ある人は、「大阪も堅いんじゃないですか。」
その人は、「・・・」

私もかれこれ10キロ以上減量し、それなりになりつつあると言い聞かせている。
しかし、4キロ程度減量して、あとどれくらいか分からないが、JOを獲るなどと言い放てる性格ってすごい。
たしかに凄い身体、3頭筋などは膨れ上がっているし、あれこそ和製リープリースト。

素質なんだよな、と思わざるを得ない。
凄まじい身体だが、凄まじいトレーニングは見た事が無い。(見ていないだけ?)
しかし、現に存在する。私とはレベルの違うものが。

同じこと言われたら、素質のない私はなんと言えるだろうか。
「だいぶ絞ってますね → 10キロ以上減量してます!」
「大阪狙うんですね → まだ一度も予選通過したことないです!」
「予選落ちも堅いんじゃないですか → その可能性大!」

おかげさまで、そんなことを言われることもない。
他人様の期待値なんぞ0。だれからも文句言われることもなし。
この先どうなることやら、楽しみですな。
昔みたいに大外最後尾から直線で差し切ってみたいな〜なんてね。


posted by まつちよ at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン