2017年12月08日

お悩み相談室〜三角筋

【ボディビル歴15年程度、地方クラス別大会優勝2回のK先生がお答えする「お悩み相談室」。
しかり、この生徒は結構物知りで・・・】

生徒A:先生、ご無沙汰してます。今日は肩、いや三角筋の鍛え方について
    教えてください。

先生K:うっ。三角筋は非常に目が行くところだから重要だね。
    三角筋は3つのヘッドからなっているから「三」なんだよ。

生徒A:それは分かっています。お聞きしたいのはデカくする方法です。

先生K:その返し、嫌いじゃないよ。そう、先生はあまり三角筋が大きく
    ならなかったんだ。
    だからトレーニング方法が間違っていたとか言うつもりはないよ。
    先生の、というか得た情報で言えば、三角筋のレギュラートレに
    プレスを入れる必要はない、ということ。
    おせんべい君たちを見てごらん。三角筋だけはご立派だ。彼らが
    プレス系をやっている姿をほとんど見た事が無い。マジで。
    しつこいくらいにサイドレイズやってる。フォームとか突っ込み
    どころ野村萬斎なんだけど。
    でも、あそこまで大きくなるからには、そこに真理があると思う。

生徒A:ではサイドレイズやりまくりで大きくなる要素を満たしていると?
    プレスは必要ないのでしょうか。

先生K:サイドレイズは三角筋を構成する3部のうちの中部を刺激すると
    言われている。
    中部は羽状筋という筋繊維構成になっており、強い力に反応すると
    言われている。
    サイドレイズは、スクリクトにレップしようとするとそんなに高重量
    は持てないはず。
    だから理屈的には最善ではないと思われます。

生徒A:ではなぜ大きいのですか。○※$△◆なんかを使っているからとか?

先生K:どんなサプリメンテーションなのか交流が無いので存じませんので
    無視します。おそらくやり込む量の力でしょうね。
    ボリュームトレーニングは古典的テクニックですが、有効であること
    は多々あります。
    あとは、、、他の種目で三角筋を疲労させていないから、成長の
    タイミングを逸していないとも考えられます。
    おそらく彼らはどうしても三角筋が疲労してしまう大胸筋のトレも
    ほとんどせず、常にフレッシュな状態で肩をフォーカスしているとも
    考えられますね。
    パーツだけに特化する方法としては悪くないですね。

生徒A:では、先生の考える理想のトレーニングは?

先生K:中部はアップライト・ローなんかはどうかな。バーベルでもいいけど、
    ロープーリーマシンで高重量に挑戦すると理想的かもしれないね。
    あっ、これは低身長の方しか無理か。
    ただ、先生はダンベルショルダープレスも入った感を強く感じるので、
    割とやってます。
    前部と後部は、その部分にバーンを感じるなら何でもいいんじゃない。

生徒A:プーリーはともかく、前後部がテキトー感ありあり。
    とにかく、胸トレ減らして三角筋を鍛えることにします。
    肩が大きくないとアウトラインが大きく見えないから。

先生K:クォラ〜〜〜〜〜〜。おまえはおせんべいなカラダを造りたいんか、
    えぇぇぇぇ。
    腕太くしない、胸を大きくしないことで肩を強調させている、
    いわゆる視覚効果もねらっとる。
    ある部分だけを特化した見世物とか、不気味と思わんのかっ。
    
生徒A:・・・。先生、言い過ぎ。先生の気持ちもわかるけど、競技として
    ある訳だし、一概に否定するんじゃなくて、共存していければと
    思うんですが。

先生K:はっ。今まで意識を失ってました。
    三角筋はかなり大事。コンテストではまず目が行く場所だからね。
    他で使っているから肩しないという選択肢がないことだけは言える。
    ちゃんとトレーニングすれば素質の分だけ大きくなるよ。

生徒A:素質って。当たり前田のクラッカーでしょうが。
    ちなみに先生は二重人格?



ご注意:あくまでも先生Kの独断と偏見が入ったものです。ご容赦を。
良い子の皆さんはマネ、してもしなくても自己責任ですよ。
    




posted by まつちよ at 23:22| Comment(0) | お悩み相談室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン