2017年12月10日

古傷の疼き

本日は朝から脚腕肩トレ。
家族サービスとかからは解放?されているみたいなので、気兼ねなく行ける。

IMG_2825.JPG

2分割、1オン1オフで約2週間。あまり疲労がたまっていないことに不安感(強度不足?)を感じているが、今年中はやりきって検証したいなと。

・・・

最近、心の古傷が疼いてしかたない。
大阪選手権でずっと予選落ちしていること。

お世辞でも「来年は大阪を」とか言われるとうれしいのだが、あとで古傷が疼いてしまう。
いまだに予選突破していない者が、いきなり好成績とか普通考えられないから。

もう何年もトライして予選落ちするとか、そんなに高い壁なのか、予選通過っていうのは。
軽くひょいひょいと飛び越している選手を見ていると、自分の前にだけ別仕様の壁が毎回用意されていないか?
そして、仮に予選通過できたとしても、その先は?見えなさ感が半端ではない。
それにもまして、無駄に時間を浪費させられてしまった自分を思うと、一層疼いてしまうのである。

大阪には来シーズンも出ると思う。
シーズン目標に大阪の成績は正面から考えないようにはしている。あくまでも日本レベルの大会での成績重視。そこがある程度達成できれば、バイアスを突破することも出来る。
そう考えて、疼きが収まるのを待つ日々が続いているのが、今現在である。


posted by まつちよ at 23:11| Comment(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン