2018年06月29日

勝負として賭けに勝つこと〜W杯ポーランド戦に思う

昨日の日本対ポーランドの試合、あまたの批判記事が流れている。

はっきりいって、記事で個人の感情論レベルを語るのが滑稽でしかない。

まず、日本チームの目標がグループリーグ突破であったこと、それを達成したこと、これがまず評価すべきポイント。
たしかにコロンビアとセネガルが引き分けに終わる可能性は大いにあったと思う。
だから、日本も1点をとってからボール回しをして欲しかったという気持ちは私にもある。
でも、50:50でない、30:70くらいの不利な賭けに勝った。
そして、別の高ポイントは主力選手を含め選手を休ませることができたこと。
チームは16傑で満足していなかったという、すばらしい目標設定にしっかり準備したということだ。
決勝トーナメントに残ればいいのなら、香川も大迫も長谷部も先発させただろう。そして勝っても疲労困憊。
そして、中3日でターンオーバー済みの強豪ベルギー戦。

日本チームはベスト8を真剣に獲りに行こうとあえて賭けをしたのだ。
そして、その準備はある程度達成された・・・
この一連の流れのどこに批判される事柄があるのか。

そして、サッカー、ワールドカップをしらない輩の多いことといったら。

日本人のその感情論は、例えば正々堂々とか美しく散るとかに名声が大事という思いに根付いたものだろう。
それは、日本のローカルルールであって、世界のそれでは決してない。グッドルーザーは褒め言葉ではない。
ルールの範囲内で最大限の成果を得る事こそがもっとも価値あるもの、スポーツ以外でもそうではないのか。

もっとも、日本のファール数が少ないのは非常に好感が持てるのは事実だし、そこに名誉がある事に味わいを感じるのだ。
どこかのテコンサッカーを繰り広げた民族集団は、最多のファール数を残して予選敗退する名誉も成果もないという愚かな結末だったこととを考えあわせると、一層味わい深い。





posted by まつちよ at 22:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン