2018年07月08日

所詮は自分の選択です。

またまた、ビタッと停滞期。
食い物の調整しても、うんでもすんでもない。なかなか頑固な我身体。

ここまでくれば、あとはピンポイントで無茶というか厳しいことをするしかないというのが私の結論。
経験則で言えば、その一回でかなり絞れた(疲弊したともいうが)ことがある。
これをまだ20日ある間に数回施せば、そのたんびに厳しい仕上がりになる、はず。
逆に”凪”な状態だからこそやる意味がある。やってそのまま推移するからだ。
どれだけ厳しくなれるか、楽しみではある。

・・・


今日、トレーニング帰り、大阪クラス別の行われたエルおおさかの前を素通りした。いや一瞬足を止めた。
足を止めたが、大会そのものにあまり興味がないこともあったのだが、せっかくの雰囲気も味わうこともせず、貴重な交流の機会も持つこともせず、一瞬思い巡らせたうえでその場を離れた。
きっといろんな意味で得られたであろうあれこれを得られなかったのかもしれない。
FullSizeRender.jpg

・・・だから?どうしたというのか。得られなかったからマイナスになるのか?そんな訳がないでしょ。
過ぎ去った過ちや選択ミスかどうかは結果が教えてくれること。今思い悩んでも全くのムダ。
先など誰にもわからないのだから、所詮己のやりたいことをやりたいようにやっていくだけだ。
もちろん自分の信じた結果を残すために必要なことはやってきたし、これからもやっていく。
そのことを再確認したという意味でプラスがあったと考える方がしっくりくる。

すえた自分の孤独と向き合っている自分に酔えるところ、これが自分の長所もとい、美意識かな(笑)

posted by まつちよ at 21:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン