2018年11月11日

ジムで不可欠なもの

堺筋本町に新しい24時間フィットネス施設ができるという広告を見、さっそく見学してきた。

イタリア製の「テクノジム」で全面揃えられている、こじんまりしていいかんじのジムである。

24時間には珍しく、小さいながらスタジオも用意されているのは初めてみた。

しかし、ここをチョイスできない。


なぜならハックスクワットがなかったから。これがないと脚を鍛えられない。

レギュラースクワットは腰に負荷がかかりすぎるので、担ぎ系をハックに変えてもう長い。

24時間ジムには基本ハックにおめにかからない。よって、他が良くても選べないということになる。

脚を気持ちよく、しかし、しっかり追い込むことができる環境というのは長続きさせる重要な要素であり、今のジムを選んだのもそれが大きい。


自分にとっては武器ではない脚ではあるが、なんとか太くできないかと悩むことは止められないし、諦められない。

それがボディビルダ−だから、と思うのである。




posted by まつちよ at 22:06| Comment(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン