2020年09月06日

刺激がないのは問題かもしれない

昨日は肩と腕、今日は脚の日。

土日は時間に余裕があるので、セット間休憩も気持ち長めに取れる。

脚はやはりスクワット系から入る方が良さそう。日によってノーマルスクワットかセーフティーバースクワットを選択している。

IMG_6026.jpg

今日はセーフティーバーでしっかりしゃがむように気を付ける。

空調は効いていると思うのだが、レップ中は汗が噴き出すのがわかる。絞り出すようにラスト。

なかなか脚の形は良くならないが、効いてはいるはずなので、やり続けるしかないと。



ゴールドだと自分よりレベルの高いトレーニーがいるので、いい意味でも悪い意味でも刺激になっていた。

レクサーでも真剣で意識高いトレーニーがいたので、十分刺激はあった。

今のジムではさすがに刺激を受ける存在がいない。それは仕方ないことだと思う。

トレーニングの質をや量に不安はないが、漠然とした危機感はある。だから刺激が欲しいと思う。


たまにインパクトある選手のトレーニングをチラッとでも見ることは、それだけで刺激になっていたはず。

久しぶりにゴールドでも行って、ピリッとしてこようかな。


・・・


しかし、世の中にはコロナ脳の人がいっぱいいるんだなと驚く。

虚心坦懐にデータを見て、周りを見ればおのずから現実が分かると思うんだが。

なんだか「マトリクス」という映画を思い出してしまう。




posted by まつちよ at 21:08| Comment(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン