2021年03月14日

客観的に物事を見る

私たちは、操られている。

テレビ、新聞はもとより、SNSでさえ意図的に誘導されている。

メディアは所詮商業的に成り立たなくてはならないので、スポンサーの意向に従わねばならない。

コ〇ナもそうなのだが、報道している内容よりも「報道しない内容」の方が重要だったりするようだ。


今まさに為政者からすれば成立させたい法律などは、国民にとって将来に禍根を残すものであるにも関わらず、メディアは取り上げようとしない。いや意図的に報道しないようにしている。


私は、まずテレビを信用していない。

天気予報やスポーツの結果はともかくとして、時事は報道に裏があると思っている。

事件事故であったりしても、何かに注目させ、関心を引こうとしているのではと疑う。

コロ〇などは全く信用に値しないと思っている。

だが、自分の見解と異なったことが事実と認められれば、過去に縛られることなく考えを変える気持ちは持ち続けている。

ただ、自分の周囲や発表されるデータを見るだけでも、十分メディアに対する不信感はどうしても拭い去ることはできない。

そう、報道が客観的ではないからだ。というよりそう装っているのが明らかで意図的に操作しているとしか思えない。


本当にコロ〇は危険で、マスクを着け続けなくてはいけないことを正しく・論理的に説明してもらえれば、うれしいのだが。

まあ無理だよな、全てが欺瞞だし(笑)。




posted by まつちよ at 18:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン