2021年04月11日

「いいね」の無さで分かること

いつも必ずというわけでもないが、ブログを更新すれば、私のFBアカウントに連携している。

昨日の更新について、いつもの「いいね」数と明らかに違う。

そう、少なかったのだ。賛同してもらえない方が多いということ。


賛同はするが、FB上で意思を鮮明にしない方もおられる。

実際にメッセンジャーで賛同をいただいていたりする。


やはり多くの方が覚醒されるのは、、、その日は来ないのかもしれないな。





私は、たばこが大っ嫌いで、あの副流煙が特に嫌いである。

前の歩行者がたばこを吸いながらあるこうものなら、煙がかからないように避難する。

副流煙には発がん物質が含まれており、フィルター越しよりも危険だと思っていた。

しかし、武田邦彦先生の著書を読んで「タバコの煙に害はない」と聞き、考えを改めることにした。

ただし、嫌悪感は消えないので、回避行動や禁煙スペース利用は絶対である。それは私の個人的なものであり他人へ押し付けるものではない。


何が言いたいかというと、バイアスに捕らわれずに意見を聞き、説得力があればそれを自身で考えて、改めることを厭わないという姿勢を常に持つことが、大切なのだと。これは私に限らずではないだろうか。

危険でないとう意見に耳を傾ける、虚心坦懐に接する。

しかしながら、血液型性格診断などであれば、信じていても実害はないが、こうまで政府や専門家の意見を一方的に信じ切って、顔に刻印し、体内に得体のしれないものを注入することに違和感を覚えない、それが99.9%なのが今の日本という国なんだろう。

ちなみにこれは、財務省発である「国の借金が国民一人当たり800万だから緊縮財政や消費増税やむなし」というプロパガンダを信じていることにもつながっている。



posted by まつちよ at 21:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン