2019年03月23日

コードブルー劇場版。感動。

今日のトレーニングは三角筋前部、側部、3頭。

ダンベルラックのインクライン・ベンチがよく埋まるので、スミスマシンのところでインクラインサイドレイズから。

これを見ていた方から、「これ、他のトレーニーが(ほんとうに効くのか)と疑問を持っていると聞いた」と。

たしかに、山本師が出ている動画の影響で採用している方が相当増えた気がする。

その人たちにとって効果的かは知らないが、私は理に適っていると思うし、盲目的にではなく取り入れている。


結果は、7月以降に分かるだろうし、今現在の曇った私の目からみて「結構いけてるんじゃない?」という感覚。

山本師だけでなく、やり込んだ人間がその結果を示せば、正しいとなるだろう。


・・・


僕は結構、ドラマの「コードブルー」が好きで、1〜3シーズンを何度も観ているのだが、初めて劇場版「コードブルー」を観賞した。

ダウンロード.jpg

泣いたね。見る前から思い入れはあったので、途中でポロリ。鼻すすりながら。

涙腺を刺激して精神的になにがしかの効果はあっただろう。これで少しは減量の異常が和らぐのではないだろうか、なんてね。

しかし、これだけ見事にドラマとして成熟していく過程を楽しませてくれたドラマはめったにない。

見て得した気分、久々に気分がいい。






posted by まつちよ at 20:13| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

ギフテッド(原題)

「神に“与えられた”特別な才能」
その才能を与えられた子供はその才能を活かすだけの人生、生活で良いのか。
そんなヒューマンドラマがこの映画の主題である。

gifted.jpg

主人公の子役も、擁護者の叔父役も、非常に好感の持てる俳優である。
そこから立ち上がる物語は、数学的天才性という特別な才能という興味を引く要素を中心にしつつも、純粋に家族愛を描き出して、その混沌がこの映画へ引き込んでいく。

ドラマ「ATARU」のようなサヴァンの物語ではないことが、逆に興味深かった。
欧米は教育も「能力主義」だから、この種の才能と取り巻く環境があるからこのような映画化できるんだなと、文化の違いを感じずにはいられない。その意味でも非日本的な映画である。

posted by まつちよ at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

ライフ(2017)

なかなか面白い映画だった。
320.jpg

限りなく現在の設定で、宇宙ステーション内での地球外生命体とのSFサスペンスである。

何か初期の「エイリアン」を思わせる展開。
人類側が反撃する場面は全くなし。逃げまどい、分離して、そして脱出・・・でラスト。

でもそのほうがリアルだし、ハラハラ感があって楽しめる。

ただ、せっかく真田広之さんキャスティングしてるんだから、タチマワリぐらいさせないと宝の持ち腐れでしょうが。でもそれすると途中で解決できてたりして・・・。

予想外のラスト。続編作る場合、すでに地球が・・・えらいこっちゃ・・・な感じかな。

まあ、良い出来栄えの映画だと思いましたね。

posted by まつちよ at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

あと一ひねり欲しい映画

公開前だが「グレートウォール」を見た。
マットデイモンが大活躍のシナテイストのファンタジー。

2017040802.jpg

ハリウッドで日本の表現方法は、日本人には?マークがつくことがあるあるだが、シナはどこかヨーロッパというか大陸風で、合っている気がする。

時代的には、シナの都が「開封」となっていたので、宋の時代か?

お得意のCGでわんさかいる怪物(くりーちゃー?)をこれまた壁(万里の長城)に上にこれでもかという兵士を配して、戦闘シーンは見ごたえ十分。

C5MypEOUcAAcf9m.jpg

しかし、青組(白兵専用隊)のバンジージャンプ攻撃は、有効でない気がするが・・・
グレートウォール(万里の長城)は遮蔽物としては有効なのだが、化け物相手だと割と簡単に突破されそう。
そこは主人公が力を発揮して食い止める、ありあがちなパターン。でも気持ちいい。

キーワードの「黒い粉」を求めてたどり着いたマットデイモンは、だんだん信頼を得て長城、いやシナの都を救うべく、紙気球!に乗り突破された長城から都へ。

怪物の親分は「女王」。屈強なクリ―チャ―に守られているが、これを殺せば千万の怪物を停止させられるとか、弱点ありって、何で軍師は知っているんだ?

あれやこれやで、最後はこの弱点をついて勝利するのだが、ここをもう少しドラマチックにしてほしかった。
例えば、護衛どもがフリーズしたことにして、女王とマットデイモンが一騎打ちするとか。
もっと感動的な決着となるのだが。

でもいい映画であったことは間違いない。

posted by まつちよ at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

ウィップラッシュ

今日は休養日。トレーニングオフ。

やることない、実際。趣味が少ないことを実感。

誰か誘って飲みに行けばと思うが、酒が欲しい訳でもなく。結局。

ある意味賭けてるので、人生の面白みを感じなくても。

狂気とまではいかないだろうが、執着はあると言える。


狂気、執着、と言えば、最近見た映画で、久々に「見てよかった」と感じるものがあった。

「whiplash」。邦題「セッション」
J.K.Simmon_Whiplash.jpg

端的にはドラマーを描いた映画だが、サクセスストーリーというより狂気を感じさせる。

私は楽譜も読めない、ましてや楽器もできないが、描かれた世界に引き込まれてしまった。

出来る人が見るだけなら大した事ないのだろうが、何もできない私にも何かを感じさせる、そして余韻。

最後の最後の微笑みは私には「やったな」ではないようにしか思えない。

決してハッピーエンドではない、そんなことをいつまでも思わせてくれる作品だ。


posted by まつちよ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン