2017年12月01日

何となく京都へ〜鴨川合流から御所へ

某月某日、トレーニングオフの私は、ふらっと思い立ち京都へ。

お決まりの京阪電車で、初めての出町柳駅下車。

行った時間が良かった?のか、人はまばら。大阪より2℃くらい低いか。
行ってみたいと思っていた場所、鴨川と高瀬川の合流ポイント。何にもないけど気持ちいい。
IMG_2800.JPG

ある所でウンザリしていた気持ちが少し和らいだ気がする。
心を癒せる場所をもっと持ちたいなと思った。なんだかおかしい気がするけど。

そこから、御所(あえて京都御所とは言わない)へ向かう。
今出川御門(北側ね)から侵入し御所を臨む。絵的に語るものもないが、古の帝がおられた場所で歴史を感じることができた、気がする。それで十分。御所内には入れなかったが。
IMG_2804.JPG

大宮御所、仙洞御所の側を通り、厳島神社を拝見した。
印象に残っているのは、建築物ではなく敷地内の道である。
広い道の真ん中をほぼ独占状態で歩く。両側にこんなに何もない空間って久しぶり。
これほど解放感というのを強く感じたのはいつ以来だろう。
IMG_2802.JPG

京都は混んでいるイメージがあるし本来もそうだろうが、ラッキーだったかもしれない。
良い気持ちのまま、他の場所には立ち寄らず、さっと大阪へ戻る。これも大事。

私の京都めぐりは、これからも「ふらっと」やっていこうと思う。
FullSizeRender.jpg



posted by まつちよ at 23:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

一瞬で気に入る若気の・・・

このバンド、めっちゃいい。



これだけでなく、どの曲も良すぎる。

Fear, and Loathing in Las Vegas、なんちゃらラスベガス。

世の中にはいろんな未知があるんだ。

私、48歳ですが、なにか?

posted by まつちよ at 23:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

世界が終るまでは、の現在

めっちゃ貴重。「世界が終るまでは」〜〜〜


5年前くらいのライブ動画は持っているが、今年の9月って。しかも台湾。
posted by まつちよ at 00:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

ようやくかさぶたが落ちて

観ました。「BORDER 贖罪」。

NUFoUgmd_400x400.jpg

3年前のかさぶたがどのような傷痕になっていたか心配だったが、とりあえずホッとした。

この物語はリアルで3年間経過していたが、ドラマ上は1分も経っていないという設定から始まった。
3年もすれば老けるだろうに。よくも続きを撮ったものだと感心する。

いずれセカンドシーズンができるのだろうが、「贖罪」の闇設定は消えることは無い。
そう、人間誰しも闇な部分や墓場まで持っていくべき罪はあるだろうから、逆に安心して観ていられるはず。

少なくとも私自身にもあるから・・・。


posted by まつちよ at 23:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

説得力は結果の後ろ盾がないと

ショルダーダンベルプレス。95lbs=43.091g 

IMG_2690.JPG

10発以上レップできた。今は。
多分50キロでも5〜6レップできるはず。スタート位置にもってこれればだが。
マシンの方が安全なのだが、どうも効きと言う点でしっくりこない。これも相性というやつか。

オフにいくら調子よくても驚かれても、オンがダメなら軽んじられるのがこの世界。

・・・

今年のシーズンは結果、戦績という意味では何も残せなかった。
自分が評価以下なのだから仕方ない。そう捉えるのが本筋。

だからと言って、この成績がMAXかと言われれば、そうとは思わない。
今年もたくさんの失敗をしてきたと思うからだ。

このブログで、自分のプログラムや知識を出すことはほとんどない。
それは、説得力がないからという理由によるところが大きい。
十数年ボディビルダ−でありながら、知識はそれなりに持っていながら、大きな顔をしてアウトプットできないのはまさに戦績が伴っていない、説得力がないから。


順序が違うのだが、中央で評価されれば戦績にも箔が付く。大阪で軽んじられることもなくなるだろうし、軽んじられなければ、自然とアウトプットできるというものだ。

今の調子良さとオンシーズンのみすぼらしさとの間に致命的な要因があるのだろうから、それさえクリアできれば全員差し切ってやろうかと、少し鋭角的に思っている。
IMG_2689.JPG

posted by まつちよ at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

投稿1,000回目

2008年にこのブログを立ち上げ、早9年。
遂に1,000回目の更新となった。

1,000目前ということで、最初から全部読んでみようと、土曜日あたりからスタート。
いろんなこと書いてるな〜っと、ちゃんと読んでいるのでなかなか進まない。
2008年シーズンから、同じことを悩んでいる(泣)進歩しとらんではないか。
2009年も、特にMR大阪を基準に考えるとほぼ同じところで予選落ちしている。
ただこの年の日本クラス別はピックアップを通過、関西クラス別70キロ級優勝、ミスター関西決勝進出という、経験上一番成果を出した年であった。
2010年は、減量がうまくいかず、日本クラス別予選落ち。大阪には嫌気さして出てませんね(笑)。関西も同点審査で予選落ち。
この年にステップアップできなかったことが、今に至る低迷?の原因かもしれない。
2011年からは、B&Fからマグナムへ登録移動。ここからさらに迷走に入ってしまう。
日本クラス別65キロ級、ノーコール予選落ち。そのままやる気をなくしオフへ。
2012年は、オフ。
2013年は、思い出すのも嫌な仕事上の事柄で出場を断念。2年連続のオフとなった。これも痛い。
このころから更新頻度が下がりだし、週一のペースとなる。
精神的にどん底、面白くない内容ばかりで、フォローしてくれていた方がだいぶ離れて行かれたと思う。
2014年になって、状況が劇的に改善され、ボディビルダーとして大会に臨むこととなった。
初めてのクラシック大会参加。またMR大阪予選落ち、ついでに関西&マスターズも予選落ち。
今思えば、こんな体たらくで、よくボディビルダーを続けられたなと我ながら感心する。
2015年、関西で予選落ち、気持ちが切れてオフにしようと思っていたが、子供と宮島さんに諭されて?登録していた日本マスターズに出てみることにした。
結果として、さほど関西の時と変わっていないにもかかわらず5位入賞。何年ぶりかのフリーポーズ。近年では一番うれしい出来事であった。ちなみに大阪はエントリーしていない。
2016年は久しぶりにクラス別といっても西日本だったが、出場(予選落ち)。そしてまた大阪の悲劇?喜劇?によりここも予選落ち。
しかし、金沢での日本マスターズではかろうじて6位入賞。なんとか成果は残せた。
そして今年。
日本クラシック、ピックアップ通過するも予選通過ならず。大阪といえば、、、いったい何度目か、意味不明な予選落ち。そして、自分の中では健闘した日本マスターズ(予選落ちでしたが)。

ほんと大阪だけで考えると、よくもまあ落とされまくったなと、感心する。
日本マスターズというカテゴリーのおかげで、またボディビルを続ける気になったし、さらにまた上位の大会を目指そうという前向きな気持ちに戻れた。


このブログをずっと見続けていただいた方がおられるとすれば、私の浅はかさや悩み、人間性など、きっと大目にみていただけているのだと思います。それはありがたいことです。

途中のネガティブモード全開中に、フォローされなくなった方もおられるでしょう。仕方ないことです。
また、何かのきっかけでここを訪ねていただた方もおられると思います。
もし良ければコメントを残していただだければ、ありがたいです。

そして、こんな低空飛行な私に叱咤激励いただいている皆さんに感謝申し上げます。

私は、来年も懲りずにボディビルダーであろうと思っています。
良い結果を残せるか、自信はありませんが、自分のポテンシャルを信じて頑張ろうと思っています。
今後とも、私ともどもこのブログをよろしくお願いします。

そして、皆様のご多幸をお祈りいたします。

MATUTIYO


posted by まつちよ at 19:39| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

必ず見る。

10月9日の日本ボディビル選手権を、ではない。
そこはあまり見る気も無い。そんなことではだめなんだろうけど。
ゴールドでJOチャンプを見つけても、「まだ黒いな」程度しか思い浮かばなかった。
ボディビル熱は氷点下まで下がってしまった。
強いて気になる点を探すとすれば、川辺さんがどこまで評価されるだろうか、くらいかな。
私の感想などどうでもいいことで、出場される選手の皆さんは頑張ってください。

・・・

「必ず見る。」
私がずっと心に引っかかっていたドラマがある。
小栗旬主演の「BORDER」である。もう終了して2年も経つのか。
その間に波留さんは朝ドラでスターになり、小栗君は「クライシス」で違う刑事役したり。

あの最終回、1回しか観ていない。終わり方があまりに納得出来なさすぎて。
ほかの回は何度も観た。ただ、最終回だけはどうしても。
そしてずっと、本当に心に引っかかっていたのである。

ようやくその後が放送される。
IMG_2669.PNG
ようやく私の胸に刺さった棘が抜け落ちるのか。
それともさらにアンハッピーエンドを迎えて身悶えするのか。

脚本の金城さんは、この前の「クライシス」でも意味深なエンディングだったので、さらに傷が深くなりそうな気もするが、とりあえず制作してくれたことに感謝はしておこう。


posted by まつちよ at 21:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

思い立ったが吉日〜伏見稲荷

京都には何度も出かけてはいるが、有名処にはあまり出かけていない。

突然、伏見稲荷に行ってみたいな、という欲求が湧き上がり、某日朝から向かう事となった。
京阪電鉄の伏見稲荷駅を下車。まだ早かったからか、参道?は人がまばら。心地よい気温で人が少なければ絶好の参詣機会である。

気持ちよく屋台村?を通り抜け、御社へ。
ある程度の修学旅行生がいるのは仕方ない、外国人旅行客も京都だし、当然。
さほど気にするほどでもない。
早速本殿で拝礼し、かの有名な千本鳥居を歩く。
IMG_2629.JPG
外国人の方には異文化というものを経験できる格好のスポットだろうなと思いつつ、私は今シーズンのわだかまりを浄化してもらえないだろうかと、期待して歩いていく。
IMG_2635.JPG
で、なんとなくしんどいなと思いながら三ツ辻に到着。
そこで、初め伏見稲荷の全体像を知ったのである。「げっ長」。
「しゃーない。ここまで来たんやから、全部行ったらんかい。」有酸素やりすぎで健脚となった自信もあり、軽い気持ちで頂上の一ノ峰まで出発。
ここからが急こう配の階段の連続。山の中で日差しも無いのに汗ばむ身体。水分補給の用意もせず、軽装でない分不快になっていく。
まるで登山。激しく後悔するも、途中リタイアするのもヘタレすぎると思われたので、息を切らしながら、なんとか頂上の目的地を目指す。
鳥居のことはもう目に入らない。ひたすら登山。ほぼノンストップで頂上へ。
これが夏だったらとんでもないことになっていたなとだけ思いながら。

30分は経過したであろうか、ようやく一ノ峰に到着。鎮座する末廣大神で拝礼し、しばし息を整える。
IMG_2641.JPG
ところで、YOUは何しにここへ?

来た方向とは別の道を下山!。合計1時間程度か。苦行という言葉がぴったり。
帰り、本殿付近は観光客&修学旅行生でごった返す。まさに京都。
観光地に平穏と静寂はないのだろうか。きっと必要ないんだろうね。

余韻を楽しむことなく、他のスポットにも行かず、そそくさと大阪へ帰るのであった。
ところで、YOUは何しにここへ?



posted by まつちよ at 06:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

まだまだ満喫中

タガが外れて、2週間とちょっと。
食い物に対する衝動は落ち着きつつあるが、まだやりたいこと・経験したいことはある。

ということで、9月某日、欲求の1つである「パンケーキ」をやっつけに行ってきた。

「幸せのパンケーキ」なるチェーン展開しているお店がターゲット。
IMG_2623.JPG

大阪にも三店舗あるらしく、本町のお店に向かう。
オサレな感じで、当然のごとく女性客が多い。
早速「幸せのパンケーキ」とセットドリンクを注文。
待つこと15分くらいか・・・ひょっとして注文忘れてるのかなと少し不安になるも登場。
IMG_2620.JPG
ボリューム感はそれほどでもない。そのほうが今の私には都合がいい。

読んでいた本を閉じ、須磨帆?も切って、味に集中する。
ふわっふわ、という表現がぴったりなやわらかさ。
はちみつ?とシロップじゃなくて、メレンゲじゃなくて、なんて言うんだっけか、、、わからん。
そのわからんやつを乗せて食べる。
やわらかすぎて口の中ですぐ溶ける。う〜ん旨し。ただし歯ごたえなし。
止まりません。ものの数分で完食。

で、完食後に店員さんが申し訳なさそうにこれをテーブルにそっと置いていった。
IMG_2621.JPG

おいおい、いまさら置かんでもいいやろうし、今置かんでもいいやろうに。

美味しかったけど、私は贔屓にするほどでもないな。


こうやって、2月〜9月までの逸失機会を取り戻しているのであった。
まだまだ続く予定であるが、ブーになるのも怖い私であった(泣)



posted by まつちよ at 17:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

まだ来ない夏

土日の恒例1時間半ウォーキング。
大阪城周りと天六周りの2コースを順繰りで。

今日は子どもと扇町プールへ行く約束ををしているので、同じ道はご免と、2日とも大阪城周り。
慣れって怖い。汗もあまりかかなくなった。たいして消費できてないんだろうな。

ふと周回コースでまだ若い銀杏が落ちているのを発見。
えっもう銀杏なってるやん。あれ、まだ夏来てへんのちゃうの?
・・・私あるあるで、実は私には夏というシーズンが到来していない!
だって、夏の楽しいこと、何にもしておりませんから。当然思い出もない。
ずっと減量中。確かに暑いけどそれを夏だからとか結びつかない。

IMG_2442.JPG

よくよく見上げると銀杏わんさか生ってるやんか。
銀杏って秋だっけ?夏も来てないっちゅうのに><
おそらく9月10日を過ぎればあっという間に夏から秋にセルフ季節移動するんだろうな。ふう。


事ほど左様に、私は世間とずれておりまして、何が楽しくてこういうことをしているのかワカラナクナッテしまいそうですが、あと1週間後の川崎の地で何かを得られることを信じて、明日から最後の仕上げにかかります。
久しぶりに数字との格闘。不戦敗だけは避けんとね。


posted by まつちよ at 21:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

天日〜威嚇〜テンション↓

某日、日光浴によるタンニング実施。
IMG_2408.JPG

約2時間、快適な環境で、さほど暑くもなく良い色に焼くことができた。

GG中之島に移動し、腕トレーニング。
見せ系のおせんべいさんが腕トレしていたので、しら〜っと普段はしないサイドチェストなど決めて、一応威嚇しておいた。
大人げないことこのうえない。

よくお会いする先輩選手から、日本クラス別60キロ級の出場選手について話がでた。
なんでも、アジア級?の選手がたくさん出られるとかで、入賞できれば御の字とうような話であった。
話は特に興味もないのだが、気になる点がある。
そんなことしか話す内容がないのだろうか、ということ。

その方も私も出場スケジュールがあることはお互い認識している。
しかし、その方から私について聞かれたことがほとんどないのである。

原因は、私が絞れていない(と見えている)から話す材料にならないということだろうか。
他人の目は厳しい。こういう流れは好ましいとは言えない。
もっとしっかりチェックしてもらえる環境に身を置かないと、、、。

減量も生半可では落ちない状況になっているし、これ以上どうせいっていうねん、と心底思うのだが、言っていても仕方ないので、充てられる時間を目一杯使わざるを得ない。

そう、少ない時間すらも投入している。
現状と賭けた時間を思うと、もうウンザリ感しかない。はよ9月来てくれって。
人生短いのに、ホントに区切りつけんとなと、今この時点では強く考えている。

これだけネガティブになっているのも、頭の減量が進んでいるせいだろう。ふう〜

posted by まつちよ at 23:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

事ほど左様に

何のために仕事しているんだろうか。
家族のためとか、生きていくためとか。
それを否定しないが、自分が日常生活するスペースは快適でないと働いている甲斐がない。

いままで良く耐えていたなと思う状態から、一歩前進。
リラックスできるフロアチェアを購入。当然自腹(泣)
towYVmR6jrrVUx01500729443_1500729572.png

これ、子供にも評判が良い座り心地〜。当然私も同感想。
癒されるという感覚を久しぶりに味わったような。

存在感は結構あるので、、、そこの評価は、、、でしょうな。
・・・てか、特筆するものでもないような・・・たしか、俺、世帯主でしたよね?


次は冬10数℃、夏30℃超えるマイ環境問題をどうにかせねば。
減量以外、我慢するのは止める。良いことなんて一つもないし、アホらしい。
もっと快適を追求しましょ。ってことでさっさと改善するべし。

posted by まつちよ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

その他、東京で感じたこと。

東京の2日間。ボディビルダーとして、誠に有意義であった。
ただ、それだけではなく、いろんな感想・感慨を多々感じることがあった。

☆女性がキレイ
 中央線、山手線、京浜急行、どの電車でも綺麗な女性の比率が高い。
 人口比で当然なのかもしれないが、大〇の環状線より数段↑。

☆施設としてのGGは中之島で十分
 サウスアネックス、サウスでトレーニングしたし、原宿でも経験はあるが、中之島と比べてどうかと考えると、施設的には差は無いと感じる。
 有名処に逢わなかったこともあるし、他の店舗ではそうでないかもしれないが、中之島も結構イケてる施設なのだろう。それだけ私は恵まれているということかな。
 違いは、きっと「人」でしょうね。師事するに値する人の数。

☆絞れていないことを、すぐに実感する。
 大阪でもそうなのだろうが、東京での一日で、「あっ、俺(自分で思うほど)絞れてない。」
 指摘とかでなく、ふとした事柄で気づく客観視点。
 まだ約6週間が、あと6週間に変わった瞬間はツライものがある。
 数値という枠に収まれば、多分いい感じに仕上がるのではと思うのだが。それが甘い?

☆遠征準備は大変
 昨年も金沢に遠征したから、何を今更なのだが、クラシックというカテゴリーであることを考えると、当日を含めた準備は結構大変。
 ま、妥協すればいいことなのかもしれないが、同士宅にお邪魔して準備するだけという単純なものでなく、色々と難しいのかもしれないと。


女性の件はともかく、考える要因が湧き出てきて、そういう意味でも有意義であったとしみじみ思う。


posted by まつちよ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

計画通りの東京出張

来週、仕事で東京出張。2年ぶりの上京の機会。
この企画は昨年からずっと狙っていた業績&それ以外の役得。

9QVZCgnd7wCyKEE1499602669_1499602741.png
(写真はイメージ図、です。)

新横までだが、行きは東京の外れ。
きちっと仕事はして、時間外は・・・むふふ。

東京と言えば、ゴールド詣。こういう選択をする私は少々脳がやられているようだ。うん。

やられついでに考える。原宿地下牢行こうか、ウエスト行けるんだよな、サウスも行けそう、いや、やっぱりイースト。
ま、これから考えましょ。どこ行っても本来のトレーニングこなすだけ・・・何が嬉しいのか?自分でも良く分からない始末ですが。

某腹黒会の重鎮にお世話になり、この万人の思いつかない楽しみ機会を享受したいと思う。
(その節は、よろしくお願いします m(_ _)m )
せっかくだから、当日は『サラコナーズクロニクル』としようかな(笑)

なお、白黒のプーマのシューズでコソコソトレーニングしていたら、それは私です。


posted by まつちよ at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

すっかり忘れていた誕生日

朝、Face Bookのタイムライン見るまで、誕生日のことなどすっかり忘れていた。

そう、48歳に到達。オッサン真っただ中。
でも、50歳くらいまでは、肉体的に自分負荷をかけ続け、可能性を求めていきたいなと思うのである。
50歳を越えたら、その後のプランを考えよう。悪い想像を「地平線効果」で追いやって、結局2年後に泣きを見ることになるか、奇跡的にバラ色の展望が開けているか。

人生の折り返し?だったとしても、ある日からすべてが変わるわけでもなし、少なくともトレーニングを継続することはアンチエイジングに効果的であることははっきり理解しているので、止めるわけにはいかない。
止めた途端、魔法が解けるように一気にさまざまな老化が進む。恐ろしきかな加齢。

未だに「せんべいのような薄っぺらい〇ィジカーに負けない分厚いカラダを造るぞ!!!」
という大人げない思考している時点で、まだまだバイタリティやメンタリティは保持出来ているようだし。
もう少しこの一風変わった自分を楽しんでみたい。


今後とも仲良く、ご支援いただければ幸いです。
皆様におかれましても、ご多幸有らんことを。
Ub9SDw42OSZ2eDH1498382616_1498382776.jpg
まつちよ

posted by まつちよ at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

今日は父の日

6月18日が父の日であることは、イオンモールに行くたびに目につくから分かっていた。
しかし、今までプレゼントも労いもしてもらったこともなかった。
この種の記念日に特に思い入れは無いし、有ろうが無かろうが、とくに気にすることはなかった。

それが、この日は・・・
2KM_eXOAPZTws6I1497787261_1497787654.png

いただきました。ユニクロのポロシャツ。

小さいことかもしれないが、いろんな事象が下降気味だったなかで、私にとっては掛け値なしに上向きの気持ちになれる非常に時宜を得た贈り物だ。

子ども達に感謝。

・・・

そろそろ8月の予定決めないとな。
何となくは、もみじまんじゅう>フロンターレ>ぎゅうたん、なんだが。
結局のところ、しっかり仕上げると、どの大会も出られるという喜ばしくない状態となりそう。
さてさて。


posted by まつちよ at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

偏った読書でも良いではないか

最近読んだ書籍を。

IMG_2344.JPG

経済関係にご熱心でして、前からフォローしていた三橋貴明氏とタイトルが興味をそそった上念司氏の著書を。
読んだおかげで、自分の中のもやもや感が一気に晴れた気がする。
両氏とも主張はほぼ同じで、単刀直入で非常に分かりやすい。
善なる為政者がこれを読めば、何をすべきか一目瞭然なのだが、そこは善ならざる者というところかこの国は。

三橋氏は、ハシゲ・トコーソー騒動の問題点も経済視点で言及されており、自分の信念に自信がついた。
やはり本は読むべき。知識は自分を助けてくれる、勇気づけてくれる。

本のチョイスとしては、偏っているのかもしれない。
しかし、現在の財政均衡とか消費税増税などを主張する類のものを読もうという気にならなかったのも事実。

読んだからと言ってできることなどないのだが、携帯をいじって無為に時間を過ごすより、よほど価値がある。

ひとつ辛いところは、書籍の置き場にそろそろ困っているところですな。


posted by まつちよ at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

期待値

ここ数週間、土日の朝に6、7キロ歩いているが、これが良い感じである。

歩きながらいろいろ思考する時間が得られる。
スマホも本もなく、ただ考えるだけ。
そして流れる景色は気持ちを滞留させない。

減量にも(減量のためだが^^;)良いし、心肺機能も強化され、健康的。

途中、ご縁のある大阪天満宮を参拝。
IMG_2338.JPG

家内安全祈願。いつも気が引き締まります。

で、歩きながらつらつら考えること・・・

最近、また人に勝手に期待をかけている自分を思い返す。
他人は自分が思うほど自分のことを近く親しく思っていない。
痛いほど経験しているのに、またぞろそういう勝手な思考に陥る。
結局は人に何かを頼ろうとしているから、勝手に信じているから。

負の思考をいつまでも引きずってはイカン。だから、

トレーニングは一人で向き合うもの。だから期待値は自分のポテンシャルでしかない。
ただひたすら追求すれば、おのずと答えが得られる。
答えが得られることが大切なこと。自分で完結できるすばらしさ、これこそが自分をジムに向かわせる要因。
心が乾いてしまってもなお生きていられるバイタリティの根源。

という結論をかぶせてみる。

・・・

そう、ジムでこういう会話を聞いた。
ある人が、「だいぶ絞ってますね。」
その人は、「4キロくらい、ですね。」
ある人が、「やはり大阪を狙うんですね。」
その人は、「いやジャパンオープンを獲りに行きます。」
ある人は、「大阪も堅いんじゃないですか。」
その人は、「・・・」

私もかれこれ10キロ以上減量し、それなりになりつつあると言い聞かせている。
しかし、4キロ程度減量して、あとどれくらいか分からないが、JOを獲るなどと言い放てる性格ってすごい。
たしかに凄い身体、3頭筋などは膨れ上がっているし、あれこそ和製リープリースト。

素質なんだよな、と思わざるを得ない。
凄まじい身体だが、凄まじいトレーニングは見た事が無い。(見ていないだけ?)
しかし、現に存在する。私とはレベルの違うものが。

同じこと言われたら、素質のない私はなんと言えるだろうか。
「だいぶ絞ってますね → 10キロ以上減量してます!」
「大阪狙うんですね → まだ一度も予選通過したことないです!」
「予選落ちも堅いんじゃないですか → その可能性大!」

おかげさまで、そんなことを言われることもない。
他人様の期待値なんぞ0。だれからも文句言われることもなし。
この先どうなることやら、楽しみですな。
昔みたいに大外最後尾から直線で差し切ってみたいな〜なんてね。


posted by まつちよ at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

アンガーマネジメント

減量中は怒りっぽくなる。これは仕方ない。
許容値が極端に狭くなっているので、日に何度も怒りを覚えてしまう。

今日も仕事メールでキレかけた。
家でも子どもにキレた。
この前は電車でバックパックを下さず近づいてきたので、バックを殴り「うっとおしいんじゃ、降ろさんかい」と、そのとおりに口からでる。
歩行中、前の人間がタバコを吸っていることを気付くだけで、怒りがこみ上げてくる。
・・・ふう。書いてもきりがない。

ジムでも、部分特化トレーニーさんが増えて、その平べったい身体をこれみよがしのタンクトップで披露する光景が日常となってしまった。
・・・この表現ですでに怒っている・・・

しかし、まだジムでは集中もできるので、一瞬だけでも怒りを忘れられる。
減量が進んで、さすがに使用重量も下がりつつあり、いや、下がってしまったという方が正解だが、ストレスの原因になりつつあるのが不安ではあるが。


最近アンガーマネジメントという手法が取りざたされている。
怒って行動する前に数秒?考えて、怒りを抑えるということと理解している。

仕事では、怒った段階で「もっと理性的に考えろ」という自分の声は聞くことはできる。
仕事では事象をどう判断するかで、見方もかわるので、仕方ないと言い聞かせることもできる。
しかし、通常生活では、自分が正しいとしか思われない場面は多々ある。
その中で、「いや待てよ」と思う余地が生み出せるか、自信は無いし、そもそもそんな余地があるのなら怒ることも(キレることも)元々少ないのではないだろうか。


身内を含めた自分以外の人間への期待値など0にすれば、どんなに素晴らしいか。
石ころと同じモノとして扱えば、怒ることもないはず(いやそれでもあるか)。
所詮期待値などあるからこんな無駄な思考をしなければならない。それは自分が他人を気にしすぎているということの表れであれば、自業自得ということになるのか。

現実的には、きっと危ない綱渡りをしているんだろうな。

posted by まつちよ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

人として語る経験

職場の同僚と出張中にいろいろ話をした。
彼は私より年上で、いろんな引出しを持つ個性豊かな方である。
宴席などでもあまり深く話をしたことがなく、2人だけでは初めてかもしれない。

過去の様々な経験や現在のプライベートな活動など多岐にわたって語られる口調は、偉そぶるでもなく、しかし毎日が楽しみに溢れていることが、容易にイメージできるのである。

人生を謳歌している。という表現がぴったり。
そのような人が嫌いではない。人生を楽しんでいる人は、多少のクセはあっても人として尊敬できるから。

で、自らを振り返る。。。
人生を楽しんでいるか?今を楽しんで生きているか?

自分というものを説明しようとしたときに、いつも詰まってしまう。

私は、ボディビルという競技?に現役選手であるために日々精進している、以上。

・・・

他に無いんかい。同じくらい情熱や労力をかけて携わっているものは。えっ。

無い。ありません。
なんと寂しき人生かな。本当に思いあたらない。
時間があればすること、読書だとか、あれやこれは確かにある。あるが、他人に言えるような特別な事でもないし、深いものでもない。当然情熱云々はいわずもがな、、、。
30前半までは世間様並みにいろんなことをしていたし、その経験は面白おかしく語ることはできる。
ただ、それ以降は何も思い浮かばない。この道以外何もしていないから。

この道にいろんなものを割いてきたが、そんなことを話しても仕方がない。結果が伴っていないから。
今後年齢を重ね、自分の人生や経験を表現するとき、きっと困るだろうな。結局何してたんだと。

ただその時に、顔はともかく、それ以下が歳不相応な筋肉質ボディであれば、語らずとも雄弁に語っていることにはなりそう。
現在進行形で何を得たのかということだけは。



posted by まつちよ at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン