2020年10月25日

なかなか体感できない

ビタミン系やプロテインなどはちょくちょく買っているが、トレーニングに刺激を与えるきっかけのためにNo系を購入。

オルニチン、アルギニン、ナイアシンなのだが、多少パンプでもしてくれればうれしいな程度の期待。

早速トレ前30分に3錠。


トレーニングは胸と背中。特に変わったところはない。う〜ん。

汗が出るでも、体温が高くなるでもない。う〜ん。

まだ最初だからか、いや違うかも。

IMG_6111.JPG

もっともクレアチンにも体感は無く、体感無くても効果は信じて使っているくらいなくらいなので、失望などはない。


・・・


世間で話題になっているGoToEat。

早速試してみた。

家の近所にある面白くない芸人〇むらの焼き肉屋さんを予約。

焼肉店だけど注文はカレー。今日はカレーの口だったのである。

IMG_6112.JPG

しかし、カレー屋以外のカレーってどうしてこう酸っぱさが目立つのか。

あまり辛くしないことで、酸味が勝つのか?

次行くことがあったら焼き肉にしよう。あればの話だが。




posted by まつちよ at 23:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月20日

楽しそうでうらやましい

先日、息子の進学の検討材料で、ある高校の入学説明会に行ってきた。

入学案内など6年ぶり。あの頃は各所の中高一貫校に行って私が勉強になったものだ。

IMG_6104.JPG

私学が入学案内にかける意気込みは結構なものがある。今回もそうだった。

学校説明だけでなく、プチ演奏会、ダンス披露、優秀学生紹介など最初の説明会だけで2時間以上。

パイプ椅子でケツ割れるかと思った。


その高校はスポーツアスリート養成コースもあり、有名選手も輩出している。

進学も今年は京大4名現役合格出しました〜と実績強調していて、ハイハイという感じ。

クラス数が多いのか、思いのほか少ない人数のクラス編成のようで、ぎっしり詰め込みだった上の高校とえらい違う。


校舎も綺麗、施設も充実、進学オンリーからアスリート養成と幅が広そうで、生徒になれば色んな刺激を得られるに違いない。

こんな高校、自分の時に選べるのなら、目を輝かせて選んだにちがいない。

もっとも、中学の成績は相当悪かったけども。15の夜っぽかったかな〜


ジムも広めで、マシンも豊富。プロテインドリンクバー併設って、どんだけ〜〜。

お土産にプロテインをいただいた。

IMG_6106.jpg

試飲の際に、「これWPI?WPC」と聞いて、怪訝な顔をされたのは秘密・・・。


学校も最寄り駅にはホントしょっちゅう行っていて、学生君もよく見かける。

総じてガタイの大きい体育会系の子しか印象無く、うちの子に合ってないよなと思わなくもなかった。

でも、裾野が広く様々な学生がいる楽しそうな学校で生活できるって、とてもうらやましい。


よくよく考えれば、私、これからも頑張らねばならないということか。やれやれ😥



posted by まつちよ at 22:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月15日

めっちゃ分かり易くて笑ってしまった件その4

本当に鼻で笑う話だ。

グレードダウンするために廃止を選ぶの?

小さくなって、他の中核市みたく府の指導で物事を決められるとか、選択として賛成はありえなくない?



ある人から「本当のところ、都構想についてどう思っているの?」と聞かれたことがある。

私は「住民投票はデメリットがあるから行うんです。デメリットもしっかり考えて判断してください。」と申し上げた。

本当なら「全くデタラメな、良いところの無い提案は、当然〇〇するべきだ」と言いたかったのをグッとこらえた。


廃止・解体されても悪くはならないだろうと高を括るっている人には、その4をご覧いただきたい。

二重行政解消で大阪市が滅ぶワケ(藤井聡×室伏謙一)


良く分からない、迷っているという方は是非「反対」という意思を投票していただきたい。




posted by まつちよ at 21:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月14日

めっちゃ分かり易くて笑ってしまった件その3

大阪市解体賛成!という方もおられると思う。

二重行政解消!4行政区できめ細やかな市民サービスができる!民間にできることは民間に、、、えっと他に何かあったっけ?

もしその方が記事や関連動画を見れば不快になるかもしれない。

私も人を不快にするような記述をしたいわけではないが、どうしても知ってもらわなければならない事だと思うから続けているのだけれども。


二重行政を解消で三重行政になるカラクリ(藤井聡×室伏謙一)


引き続き、このシリーズ第三弾。笑えるというより賛成することの悪影響が甚大すぎるという点に唖然としてしまう。


全否定される欠陥提案。すでに5年前に否決された案。大阪の成長を止めるな・・・分割して旧大阪市域が成長できますの?



日経では解体反対42%、賛成45%とのことだ。

だいぶ拮抗してきた感はあるが、なぜ45%という市民がジ〇ツ行為を容認するのだろうか。

よほど見えている世界が違うのか・・・。もっとも実は人間全員が見ている世界が違うという意見もあるようだから・・・関係ないか。

でも再掲で言いたい。

二重行政解消! ⇒ 仮にあったとして、大阪市民にとってそれはデメリットですか?

4行政区できめ細やかな市民サービスができる! ⇒ 人や組織を分割したスケールダウンで今以上にサービスを提供できる道理がありません。

民間にできることは民間に! ⇒ えっと、、、それって大阪市解体に関係ありますか?

府と市の仲が悪いから協力できないんだ! ⇒ えーっと、そもそも市と府はやるべき事務が違いますやん。喧嘩にすらなっていないと思いますけど。


もっと書きたいが、なんかええとこ見つけること自体が大変だ。おかしいな(笑)



posted by まつちよ at 00:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月11日

めっちゃ分かり易くて笑ってしまった件その2

2015年、前回の大阪市解体住民投票の際にあった7つの疑問を現在にも適応できるってことは・・・

「何も変わっていない。」

ということは、普通は名称や中身は変えないと否決された法律は上程できないということにならない?


大阪市民に維新シンパシーが強いことは強く感じる。

それだけ閉塞感があるからだろう。何かを変えてくれないかという願望の受け皿が維新しかないという認識だから。

しかし、どんだけ出てくるこの疑問、矛盾、誤り、詐欺、これをシンパシーというフワッとしたもので飲み込むのはどうなのか。


この動画は一刀両断していて気持ちイイ。またしても笑ってしまった。

大阪が東京都のようになるという幻想(藤井聡×室伏謙一)

ただ、うちの息子曰く「いくら良質な動画でも(配信後)所詮5000ビューでは大阪市民が興味持っているとは言えないね。」と。

まさにその通りである。約270万都市(有権者は約220万)だから、これから100万人くらいは見てほしいところだが。

せいぜい2〜3万人がいいところか。



どこかで潮目が変わってくれることを切に希望する次第である。





posted by まつちよ at 21:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月04日

虚心坦懐に

虚心坦懐。これは私の座右の銘といってもいい言葉。

私は小さな人間だが、経験や自負はある。

あるが、新しいことや視点を変えることを厭わないでいたい。

いつもフラットな視点で考える、いや考えようと努力することは大切。


最近、YouTubeで海外ビルダーの動画を紹介されていて、大胸筋トレーニングの要点が述べられていた。

聞いていて、ハッとなった。重要なのは分かっているが、いつの間にか意識せずにいたことを。

それ以来、胸のトレーニングで必ず意識するようになった。

所詮YouTubeのトレーニング動画など一部の例外を除き、参考にならんと思っていたが、先入観に囚われてはいけない典型である。



今からバルクアップや形状が良くなるかどうかは分からない。でも正しいと思うものは躊躇なく採用するし復活する。

凝り固まっていては成長しないのは、筋肉も精神も同じ、ということだろう。


・・・


コロナについても、そういう姿勢は必要だろう。

客観的なデータやエビデンス、合理的な仮説、それらを虚心坦懐に眺める。そして考える。

私は、そうして至った考えを大切にしている。

私が強く信じる主張の原点は、この先生の説である。

IMG_6083.JPG

現在をもっとも合理的に説得でき、しっかりしたデータにより導き出された説。

・・・これってバイアスがかかっていると言えるだろうか?


ただし、これが覆すような合理的な説が示されたら、またフラットな気持ちで考えなくてはならないという姿勢もまた大切だ。






posted by まつちよ at 21:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月03日

間違いを指摘するのはイデオロギーではない

11月1日に行われる住民投票について、を語っているわけではないが、あまりにも構造が類似している。

グローバリズムは我々の「祖国を愛する気持ち」までをも利用する [三橋TV第296回] 三橋貴明・saya

私もグローバリズムの手法に染まっているのかもしれないと、反省。


そのうえで、大阪解体構想(間違った名づけ「都構想」)を事実を基に誤った手法であると結論づけした。

そこにイデオロギーはない。誤りは誤り。

対案出せとか、基本認識が全て誤っている事項に対案などないから。反対するのみ。

(この話は5年間にも書いたような・・・)





posted by まつちよ at 20:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月30日

みてもらわなくても構いません。

ちょいちょい認識に同意できない点はあるが、本質的に同意する。

コロナ脳もそうだが、イシン支持者やシンパシーを持つ人には響かないんだろうな。

大阪都構想が住民を騙す展開になると言えるその理由〜財政効果以外の観点からも欺瞞がわかる〜


最近ようつべのサムネから貼り付けできなくなってるが、何か理由あるのだろうか。

posted by まつちよ at 21:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月22日

マスターズ友の会2020

久しぶり、昨年の10月以来。マスターズ友の会。

私は気にしないが、やはりコロコロに対する考え方も考慮して、涙をのんで参加要請人数を絞らせていただいた。

6名。本当に1年ぶりに会う仲間ばかりだ。

皆さん元気そう。ボディビルダーはこんなことぐらいでは何ともなりませんよね。


今回はノープラン徘徊ということで、適当に店探し。

JR鶴橋駅から、まずコリアンタウンへ。

結構人出てますね。やはり若い女性が多い。お目当ては〇ト〇ド〇のタレントグッズかな。

行列のできている飲食店もちらほら。

さすがに6名で飛び込みは難しく、さまよった挙句駅周辺に戻ることにした。


先頭を行く川原さんが飛び込んだのは、「漢松」という店。値段も明示してあるのでぼったくりではなさそう。

IMG_6064.JPG

結局コースで料理を堪能。

IMG_6062.JPG


ノープランは1次会で終わることなどない、という不文律?で次の店を探す・・・といいつつ川原さん御用達の「さくら」へ。

しかし、16時くらいにもかかわらず、既に満員。恐るべし良店。


1時間後の予約をして、徘徊再開。

最近店舗数を増やしている大阪MANMARUに落ち着く。ここはどの店舗もオオバコで、6人もすんなり収納してもらえる。

IMG_6065.JPG

大会後、減量明けならば、成績や運営話も盛り上がるのところだが、全員強制オフシーズンなので過去話なのは仕方ないところ。

みんなオッサンなのは良くわかった。


1時間後「さくら」の2階で3次会。

1階は、コロナ脳の人が見たら怒り出す密状態。だけどもここは居酒屋だし、そもそも体調悪い人いないし。

2階は家の2階の風情。実はここ2回目なんですが。

IMG_6067.JPG

ひとしきりワイワイ。もちろんボディビル関係の話オンリーで。


今回は3次会でお開き。


また企画しようかな。みんなコロ〇については認識にそう違いはなく、過剰に意識していないようだ。

次回は広域にお誘いしても問題なさそうに思った。


大人数だと密になる?なんですかそれ?



・・・


しかし、制限つき飲酒は結構ツライ。

なんで制限しなければいけないんだろうか。ストッパーは酒量だけでなく気持ちも制限してしまう。

迷惑なんぞかけてもいないのに・・・。



posted by まつちよ at 21:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月29日

機能的には何も求めていない物

1年間でどれくらい衰えるだろうか。

今年大会が無くなり、私は1つ歳をとった。

当然老化が進んでいるだろうから、昨年よりパフォーマンスが低下しカラダに現れるはず。

31から32と51から52では、ボディビル的な時間的価値が全く違う。

幸いにして、まだそれ程は感じていない(無意識に感じないようにしている?)のだけど、筋肉以外の身体機能には表れている。


しかし・・・「ウェイトトレーニングはアンチエイジングである」・・・これは私の信念である。

だから来年も昨年と同様いやもっとカッコいいカラダを目指している。老化なんか知ったこっちゃない。



・・・



私はマスクに予防の効果がないと考えている。だから基本的にはしない。

でも、同調圧力の高い電車内やクライアントが求める場合には着けるようにしている。

以前、あの「しまむら」から、効果を考えてないね的なマスクが発売されたのを知り買いに行った。


実は先週も買いに行ったのだが、2店舗回って売り切れ。

で今日もダメもとで・・・おおっ、有った。

IMG_6014.JPG

どんな感じかというと

IMG_6016.jpg

これ結構透け透けで近づけてみると周りが見える。

息苦しくないとかスポーツ用としてのウリだが、これに〇ロナのフィルター機能はないね。もっとも普通のマスクにも無いけど。

表向きの思想はともかく、しまむらさんも揶揄しているんだなと思っている。嫌いじゃない、その姿勢(笑)


着けているだけで、問題提起している気になりそうな、そんなアイテムとして重宝しそうだ。




posted by まつちよ at 18:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月22日

いやはや、何というか・・・

今日はセーフティーバースクワットでしっかりしゃがむことに重点を置いた。

良くしなければいけないポイント。それが脚。

自分の強くない脚をどうすれば太くできるか。今でも太くするつもりではあるが簡単ではない。

きっと覚悟を決めてぶっ倒れるまでやるような強度でないとダメなんだろうな。ゾッとする。


・・・


厚労省(この組織を信じていませんが)も、密でない屋外ではマスクは不要とHPに書いている。

そもそも、マスクは「飛沫の拡散予防」であって、受け側の予防にはならないとそれとなく書いてもいるが。

しかし、朝の散歩中や日中の移動時に見かける皆さんはこの炎天下にもかかわらず、マスクしておられる。

いやはや恐れ入る。きっと不快でも耐えておられるのだろう。耐える意味があるかは別として。

ところで皆さん、すでに発症して自覚あるからマスクシテイルノカナ?



症状もなく、いたって元気な私は、日中マスクを真似できない(する気もないが)。この炎天下でマスクしているだけでも不快だし、熱がこもり熱中症になるのではないかと危険すら感じるから。

日中マスク云々、マスクの効果、みんな理解して着けているんデスヨネ。マスゴミを鵜呑みにすることなく。


そう言えば、一日の〇ロナでの死亡者数より、熱中症でお亡くなりになる方が多いらしいですね。それもお年寄りに多いとか。

お年寄りは暑さを感じにくいと言われますが、私もそれを実感できる場面に何度も遭遇しているので理解できる。

お年寄りはメディア信じる病に罹患していることが多いので、外ではほぼマスクをつけている。

そして家ではクーラーをつけないという、とても熱中症になりやすい実態なのだ。


正しいことを伝える、命を守るのが仕事ならば、その部分でしっかり広報するなり、マスクする必要性(そんなもん無いと思うけど)をしっかり伝えることが大事ではないだろうか。


めっちゃ当たり前のことなのだが。





posted by まつちよ at 23:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月16日

何年来の達成感

トレーニングのバリエーションは発想力次第?

ゴールドジムのような大手ならそんな必要もないだろうが、全てを網羅できるジムばかりではない。

しかし、既存の設備でも工夫すればいろんなトレーニングはできるんだ。


ハムを鍛えるためのハイパーエクステンション器具がないので、スミスマシンとインクラインベンチを利用する発想力(笑)

IMG_5989.JPG

IMG_5992.jpg


脚の固定が難しいところもあるが、十分負荷が掛けられる。

結構いろんなことを思いつく。発送力というより経験と応用力?

必要は発明の母とはよく言ったものだ。


・・・


最後に食べたのはいつだっただろうか。

甘いシナモンの香りが充満する店で食べた「シナモンロール」。

お店の名前は「シナボン」。関西に店舗のないメーカーである。

大阪大丸で臨時販売する情報を得て、チャリンコで早速買いに行く。

IMG_5993.JPG

少し列に並んだが、まあ許容範囲である。

シナモンロール6個購入し、自宅でチンして食べる。

一個のボリュームが凄い。普通のシナモンロールの倍、いや3倍あるかもしれない。

IMG_5997.jpg

記憶になかった。これだけデカいとは。美味しいのだが、これが結構胃にくる(笑)

コーヒー系必須だな。苦味で甘さを洗い流さなくては。

半分でちょうどいいくらいだ。家族は3人で2個をシェアして食べていた。

一個完食したが、お腹いっぱい。やばい、あと3個ある。

お腹空かして、また美味しく食べようっと。



・・・



記憶と言うのは美化されるし、今の味覚においてどう感じるかは別であることが良く分かった。



posted by まつちよ at 20:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月15日

お盆。墓参り。

お盆近くには必ず墓参りをする。今日がその日であった。

車を借り、兄を乗せ、目的地まで。

掃除してお参り。それにしてもクソと言いたいくらい暑かった。これでマスクしていたら熱中症になるわ、と思う。

でも、この時期くらいしか思い出さないかな。もっと親孝行しておけば良かった。後で言うのは簡単だけど。


・・・


自分も51歳。結構年齢いってる。

自分では若いつもりだったが、否応なく老化?現象が目立つようになってきた。

老眼は当たり前に。シリアスでは特に集中力が散漫になっている。

よそ見してぶつかる、ぶつかりかけることが多くなってきた。

歩く方向と違う方向の何かを注視し、正面からぶつかりかける。結構やばい。

注視する時間が長くしないと認識できないからだろうか。脳のどこかが萎縮でもしているのか。


あと、階段。降りる時に突然歩幅に違和感を感じて、恐怖を感じることがある。


・・・


脳はともかく、ウェイトトレーニングすることで筋肉は強化できている。

まあ、大病でもしない限り体を使い続けるだろうし、わりかし病気もしない幸せな老後だろう。

・・・いや10年後のことを考えるつもりはない。まだ満たされない欲望を手に入れなくてはならない。だからトレーニングをする。


51歳にして、まだ競技力向上を望むとか。お前は〇ズかと言われそう。




posted by まつちよ at 18:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月01日

良店はコロ禍でも繁盛する

先日、以前から約束していたクルージムの店長さんとの飲み会を行うことができた。

ミスター大阪の川辺さんも参加いただいて、例の店「カナアン」にて。

私の定番コースに、今回は「スンデ」という料理をオーダーした。

IMG_5956.JPG

某国では定番食品らしく、店のマスターも子供の頃によく食べたよと、オーダーされたことがうれしそうであった。

お味の方は・・・ごちそうさまでした(汗)


この日は、私たち3人以外はすべて女性客というハーレム状態(良いことはなかったけど)

コロ禍にもかかわらず繁盛しているのは良いこと。女性客が多いのは良い店の証拠。

多少?と思うこともあったが、いつものクオリティで腹いっぱいとなったのは言うまでもない。


私的には、入店時「いつもありがとう」と言ってもらったことが感慨深い。

もう何度目かだが、覚えてもらっているのか正直不安であったからだ。

別に覚えてもらっても特に優遇されることはなさそうだが。


久しぶりに会った川辺さんは、体重を乗せることもなくリーンな生活を送っているように見えた。

やはりお夜食で〇〇食っているようでは、ミスター大阪にはなれまへん。

川辺さんからは「カラダが四角くなっている」と謎のお言葉をいただいた。

丸く=太った、なので、サイズアップをうまく表現されたのだろう。

お互い不運なシーズンになったが、来年はトップで選出してもらえるよう頑張りたい。


店長とは、ジムの経営の話や、自身のカラダづくり、ご家族の事などを教えていただいた。

ジムに新マシンを導入するとのこと。目がキラリ(笑)楽しみにしております。

やはりコロなの影響で退会する会員もいるようだ。ジムが原因でどうかなるなどは考えられないのだけども、マスゴミに洗脳されている人は実体のない虚像に怯えているのだろうか。


追い出しのかかる10時(初めて知った)まで、楽しい飲み会であった。


店長さん、マシンの搬入や組み立ては手伝いますので、声かけてもらえれば。




posted by まつちよ at 21:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月24日

症状ではなく偏見の恐ろしさ

第二波とか言ってますね。

躍起になって検査増やせば、数もある程度増えるでしょう。

季節性インフルエンザも目の色変えて「感染者」なるものを探す検査をすれば1000万人くらいになる想定だそうです。


普通に考えて、きっと昨年もその前も風邪っていうのは年中存在していたんだろうなと。

ただ、騒がれなかったから(=ほとんどが重篤でもなかったから)誰も関心なかっただけなんだろう。


そう、そこが重要。

世の中には数多のウイルスや細菌が存在し、常時人間は取り込んで生活してきた。取り込まざるを得なかった。

中には凶悪な致死率のウイルスや細菌も現れ、人間界をパニックに陥れたこともあっただろう。

でも、今は流行っていると言われている新型は死亡率が高くとは言えない。

であれば、季節性の風邪より恐れる必要があるのかという疑問は普通なら思う。



メディアも感染者は垂れ流しても、重症者数や死亡者数を見事なくらいに無視するのはなぜだろう?

感染症を研究する学者がYAHOOなどで意見を書いたりしているが、総じて「重篤率」を都合のいいように解釈して論旨を立てている。

まあ、学者とはそういうものかもしれないが。



問題の本質は、感染者なるものを「ばい菌をまき散らす害悪」「感染するのは何か行動に問題があるヤツ」などと決めつけ、社会的制裁を加えさせようとしていることである。

新型が危険だというありもしない妄想(もしくは洗脳)によって、ウイルス1個がテニスボールであれば、メッシュが3メートルくらいのすけすけマスクを着用を要請(という名の強制)したり、感染者を見つけては周辺をロックアウトさせるなどの過剰反応を起こしている。



朝からワイドショーを見ている人が、その影響を受けないわけがないし、テレビニュースを真実と思って視聴している人が、印象操作に乗せられても仕方ない。そしてその人々の認識が、社会に闇を作りだしているように感じる。



前にも書いたが、戦前の日本も同じような状況だったのだろう。人々が扇動され、全体主義へ走り出していくという状況が。



posted by まつちよ at 00:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月12日

やりたいことをやる。当たり前だが。

思うところがあって、細々と原稿を書いたりしていた。

経験や知識があればいろいろ書けるのではと思って最初は筆も進んでいたが、最近はパッタリ。

書こうと思えばかけるのだが、気が乗らないのに書くこともないかと冷静に考える。

割とボリューム的には出来ているので、まとめればAmazon出版も無理ではない?かな。

そんなの誰が見るねん、ということはあるのだけども・・・(;^_^A


まあ、急ぐ必要もないし、気が乗ったら再開しよう。


・・・


で、その間に「転生したらスライムだった件」の小説版を読んでいた、いやまだ読んでいる。

面白いので、時間があればずっと読んでいる。

しかし小説を16巻も読むのは結構しんどいわ。

漫画単行本は現在14巻が最新だが、小説の展開でいうと4巻〜5巻あたり。漫画で描くとどれだけの巻数になるだろう。

あとアニメにもなっているし、それも小説4巻あたりなので、次作2021年版はどこまでアニメ化するのやら。



読み終われば、執筆活動を再開するかもしれない。

でも、他にも情報として頭に入れておきたいことを本からも入手したいので、限られた時間でどう折り合いをつけようか。



いろいろとやりたいことがあるのは良いことだよな。

年取ると意欲が落ちるって言うし、バイタリティもそれなりに涌いているから、ストレスも含めて生きている感じがする、てか。

IMG_5937.jpg



posted by まつちよ at 21:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月05日

要請と常識の価値観

ある要請を愚直に実行する。

そのおかげで、逆に体調不良などの悪影響が生じるかもしれない。実際、トレーニング中など邪魔なだけだし。

それでも要請を守らなくてはならないのだろうか。そういうのを愚直というのだろうか。

良いことなどほぼないに等しいのだが。


法律ならいざ知らず、要請などは自分に不利益が出る場合や明らかに誤っている場合は無視すべきではないのか。


このくそ暑い中で、今だ多くの人が継続中だ。いやはや大変だと思う。

きっと〇人がでるだろうな。



要請されたから?それとも意思?それとも同調圧力?

いずれにせよ、もっと周囲がとかではなく、事実を見て判断すればいいのにと思う。



私はボディビルダーとして、良いものはそれまでの常識に反していても取り入れる気持ちがあるし、逆に常識と呼ばれるものに捉われないようにしようと思っている。効果のあることをしたいから。

当たり前だが、ボディビルダーにとって筋発達が最重要である。そのためのトレーニングであり、食事であり、サプリメントである。

肝心の効果が上がっていないのに現状に固執するのは愚か者でしかない。

どんなに努力していても、一番重要なものにしっかり向き合っていないことは、そもそもボディビルダーとしてどうかと思う。

自分の限界がとか自分を取り巻く状況がとか言い訳などを言う前に、もっと出来ることがあうだろうに。

そんなことをSNSで聞くたびに、同情してしまう。時間は有限なのにね、と。



要請や常識などは、一度自分の中でしっかり考えたほうが良い。人生は一回きりなのだから。




posted by まつちよ at 22:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月28日

やるべきこと

トレーニングやボディビルを中心に考えていたい。

しかし、人としてやらねばならなこともある。

(ボディビルは「人として」とは別の何かか?)

両立するつもりだが、しかしどちらかに主を置かなくてはならない。

いつまでもボディビルが〜と思っていていいのだろうかと思わぬでもない。

そう、50歳を超えたのだ。経験値はともかく、自らを更新していけるような展望はもうないだろう。


正直言って、別の事柄も自分にしかできないことだが、決して楽しくも面白くもない。

ただ、人ととしてやらねばならない(であろう)ことだ。世間的な優先順位も高い。

自分のためでなく他者のために、か。当然と言えば当然。その責任もあるのだから。


そういう意味では、今年飛躍?のチャンスを逃したことは痛恨事だったかもしれない。

まだ3〜4年はいけそうな気がするけども、その3〜4年にもっと注力しなければならないものを抱えては、さすがに飛躍は望めないかな。


・・・


現状、目標もなく、ただ衰えさせないためにジムに通い、サプリメントを摂取する日々。

別に調子が悪いわけでもなく、しっかりトレーニングできていることに不満はない。

でも、何か違う。

なんだろうかこの違和感。


・・・


久しぶりにノースリーブでトレーニングしてみたくなった。

カットがない状態で着ることがないので、このままだと今年は使うこともなかったはず。

でも、なぜか手に取ってみた。

IMG_5929.JPG

やはり様になっていない。絞れてこそのノースリーブ。



・・・ぼやいていても仕方ない。できるところまで、どちらもメイン?で頑張ってみるか。




posted by まつちよ at 22:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月22日

今更転スラ?

最近の楽しみとして、「転スラ」を読む・見ることが一番だ。

ダウンロード.jpg

何を今更感は当然だろうな・・・。でも自分にとって今楽しければ、すなわち最先端。


一方で、世間が謹慎中の時期、鬼滅の刃を一気読みもした。

一気読みしたためか、キャラクターに感情移入できず、感激する程のこともなかった。

この感覚は、ナルトを一気読みした時と同じ気分だ。

世間ではワンピースよりナルトの方が面白いという意見も多かったが、ナルトも一気読みでは感情移入することがなく、深く味わうことができなかった。


しかしながら、転スラを最近読み始めて、2度読み、3度読み、いや飽きるまで読みできるくらい面白さを感じている。

この感覚は、マンガの「JIN−仁ー」や「風の谷のナウシカ」と同じ感覚だ。両方とも本当に何度も読んだ。


「転スラ」自身の存在はだいぶ前から知っていたが、異世界ものは「ゲート」で十分だと思っていた。

そういえば山本義徳さんも「転スラ」は面白いマンガだと言っていたような。。。


別に面白さを語るつもりはないが、面白〜〜〜〜〜〜い。




posted by まつちよ at 22:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月12日

マスクしないといけない認識

ある人が、ジムでマスクしていない人がいたので、早々にトレーニングを切り上げたという話をしていた。

現在、スポーツジムはマスク着用を要請せざるを得ない状況なので、トレーニーとしても無碍にはできないとは思う。

しかし、ほとんどの人が実際に感染した知り合いすらいない現状で、患者となる確率がどの程度あるというのだろうか。そして、そのミクロで稀有な機会を防止するために、マスクをすることに本当に意味があるのだろうか。

マスクしていない⇒感染者かもしれない、という認識って・・・これだけ情報があるなかで、なぜそんな認識になるのか全く理解できない。

ましてや健康情報にアンテナを張り、人一倍気を使うトレーニーであるにもかかわらず。

おそらく大半の人は「同調圧力」で着けているだけだと思っている。何かのきっかけ(マスゴミの報道など)で外すのではないだろうか。


3月4月ならいざしらず、今頃そんな認識というのが、なんだかね。

posted by まつちよ at 23:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン