2020年04月05日

事実と意見

事実は過去から現在までの事象。

意見はこれからへの見通しを想定し述べること。


ある地域における事象と特定地域の事象の差異(事実)。

なぜその差異が起こったのかを考えることが必要。でも意見ではない。

不知の事実を事実と呼ぶのかは、、、まあ事実だろう。


今後の見通しと判断者の見解は数多あるがある程度収斂されている(意見)。

特定地域の事象はある地域の事象に近しくなることが想定される、だからその対策が必要だ、というもの。


特定地域の深刻な数値分布とある地域のそれがほぼ同じであるということ(事実)。

であれば、数値分布に対する対応が現状効果的である。これは事実。

分布は全体数の増加で意味をなさなくなる。だから大幅な対策を行う必要がある(意見)。


Iは特定地域で毎年約1000万の自然配布。約1万の終焉。0.1%
Cは特定地域で今年約3000の自然配布。約70の終焉。約0.2%
特定数値分布への対策により0.2%は限りなく0%となる。これは意見なのか、事実からの推論なのか。

事象の原因は実は脆弱で、紫外線や外気でさえ容易にその影響力を失う。これは事実。
逆に湿度が高く、乾燥しない閉鎖的環境下ではその影響力は即座には低下しない。これも事実。
であれば、おのずと「できること」と「できないこと」「すべきでないこと」は明らかである。

一時的に多数の集団が密集する空間が大都市を中心に朝夕に発生するが、にもかかわらず影響力が思いのほか拡大しない現象。
なぜ多数の集団には影響力が小さいのだろうか。時間の経過だけであろうか。時間は等しく過ぎているが。
これを事実とすれば特定地域では今後も深刻な影響の層的拡大は可能性として大きくないのではないのか。

一方で、事実からの推論ではなく、こうあるべきと意図的に誘導しようとする集団がいる(事実意見)。
0.2%が20%であるかのようなミスリードをする〇スゴミである(事実意見)。
事実を事実と認識できず、〇ミの意見に右往左往する、〇〇。

未知への不安は誰しもある。
でも情報バイアスにならないよう、事実を事実として常に見ておく心がけが必要だと思う。




この1〜2週間が事象規模推移の分岐点になるとのことだが、分岐点は常にある。3週間後もその先も。
決定的なことが言えるのは全ての解決を保証する「特効薬」が誕生することだけだろう。




posted by まつちよ at 21:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月02日

追悼。今でも笑える。

人は必ず亡くなる。

だから死を悔いるのは、私は同意しない。


志村さんは数多くの名作(迷作)コントを残してくれた。

これも今まで何度見たことだろう(と言ってもここ数年は見ていなかったが)。



久しぶりに見てめちゃ笑った。涙が出るくらい。

作品は永久に残る。彼は作品と名声を残して逝ったのだ。
posted by まつちよ at 22:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月24日

他者を批判できる資格はあるか

私はケトジェニックダイエットで減量している。
糖質制限であり、ローカーボである。
この減量方法は私と相性が良く、結果としてもボディビルの成績につながっているので、効果があると言ってもいいはずだ。

減量する結果に対して、そのアプローチは様々である。
私のようにケトジェニックダイエットだけでなく、ローファットやそれ以外でも、結果さえ出すことができればそれで成功だ。

当たり前のことを言っているのだが、要は優劣などないということを言いたい。
少なくともケトジェニックダイエットとローファットダイエットには優劣はないと思っている。
どちらも効果があるし、それを選択する人のライフスタイルによって選択される。

ケトジェニックダイエットを否定する人がいる。
ダイエットの考え方で容認できないのだろうが、作用についてしっかり根拠もあり、数多くの成果が報告されているにもかかわらず、否定できることが不思議だ。

日中の活動量が多いため、炭水化物を十分摂取してもエネルギー消費が担保されていることから、脂質を削減することでトータルカロリーを減らして減量する、いわゆるローファットダイエットが向いている人もいる。
一方で、日中のほとんどをデスクワークで過ごすタイプの場合、炭水化物を制限し、ケトジェニックでエネルギーを補うダイエットが向いている場合もある。私自身がそれである。
前者がローカーボでも、後者がローファットでも減量は可能だろう。
いづれを選択するかはその人の志向、ライフスタイルからチョイスするだけである。

一方が他を批判できるのは、致命的な欠陥や理論矛盾しているような場合だけであり、感情論でそれをするのはいかがなものか。

批判者自身が当然成果をあげ、その到達点にはその方法論が優位性を持つのであれば傾聴する価値はあるだろう。
しかし、結果も出せず、結果を出した手法を否定するのは、どのような思考でろうか。

例えば、全日本ファイナリストが「私の位置まで到達するには、この方法がいい」と言われれば、それは傾聴に値する。
しかし、地方大会レベルで上下している選手が自分はこれだが、あれはおかしいなどと言うのは滑稽である。

自らを振り返って、ようやく日本クラスの大会で2位にまで到達することができた。多少なりとも成績と実践でモノが言える立場になったと思う。だからといって、自分が志向しない考え方を悪しざまに否定などしない。

ユーチューバーでも、某サプリメント販売員でも、自らが結果を出してから主張しなさい、と言いたい。
その結果とは、自らの変化だけでなく、当然客観的(オーディエンスでも審査員でも)な評価である。

発言が自らを貶めていることを自覚してもらえれば幸いである。


posted by まつちよ at 19:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月12日

ある意味協力的と思った方が

さて、問題です。
カボチャの炊いたん、チャプチェ風はるさめ、構成が不明な肉っぽい塊、はんぺんとブロッコリーのドレッシングあえ。
ケトジェニックダイエットにおいて有効なものは何でしょう?

・・・。

正解は「ありません」。

肉も脂肪も足りない。特にたんぱく質の少なさは致命的でさえあります。

ある意味「質で心を折る」よう試練を与えているのか?!

・・・

こんなんでも全国2位になれたのだから、全面的なバックアップがあれば、もっと上を目指せたのかもしれない。

ないものねだりしても仕方ないけど、嫌がらせするのだけは勘弁してほしい。


posted by まつちよ at 21:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月12日

これくらいの笑いがないと。

最近将棋系の面白動画で癒されて?います。



心から笑うと、すっきりしますね。
posted by まつちよ at 23:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

準備は進めているけど

減量も既に開始し、忘年会も断りを入れ、調整脳になった。

今日が申込み期限なので、来週中には当落が決まるのかな。落選するまでは減量を進める。

もしダメでもボテったカラダに喝を入れるのは悪くはないし無駄ではない。


今年自分にあった減量方法で、今回も進めている。やはり経験と実績に勝るものはない。

炭水化物を制限する方法だけが、成功への方法だと思わない。人によってはローファットが有効な場合もあるだろう。

結局、試してみて、結果を出して、判断する。私の場合はここまでこれたので、ケトジェニックが合っていると言える。

それ以外にもサプリメント、有酸素も効果的だったと思う。


よく「力が落ちる」という評を聞く。

減量し、終盤にもなればMAXはどうしても落ちる。中盤での悩みだろうか。

自分の場合はさほど落ちなかったので、それが原因だと考えにくい。個人差はあるのだろうけど。


もし、自分ですべての食事を管理できるのであれば、もっと理想に近い減量ができるだろう。

今は理想に比して50%くらい。。。理想的な準備ができればもっと「良く」なれる可能性はある。

・・・手に入れられない理想は、頭の隅に保存しておいて、とりあえず次の1週間を頑張ろう。




posted by まつちよ at 17:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

18日間の東京生活

10月15日から今日までの間、業務研修で東京(のはずれ)に滞在していた。

研修そのものより、いかにストレスなく過ごせるかを苦心していた。よって肝腎の研修に力が入らなかったのは秘密。

太るであろうことは覚悟していたし、飲酒量も大幅に増えるのも仕方ないとして、トレーニングだけは可能な限り行こうと考えていた。

こういう時にゴールドジムは便利。同じ強度でトレーニングできるから。

一番近くで複数回かよった国立東京、南大沢での河野さん、河田さんとのトレーニング。
聖地?イースト東京、からの中野。府中そしてSSA(さいたまスーパーアリーナ)。

イースト東京。東京のはずれ?
IMG_5377.JPG

ゴールドジムのどの店舗でも質の高さは十分わかった。ただ、有名どころの選手を見かけなかったのは残念だったかな。


河田さん、坂口さんとの八王子「亀八」での宴会。自身も強豪ボディビルダ−である店主の亀田さんとも繋がりを持てたのは収穫だ。

そして、坂口さんには南青山での東京ビルダー主催のよくわからないオフ会に誘っていただき、門限を気にしながらも肉をたらふくいただくことができて、多少タンパク質摂取が落ち気味だったのを救っていただいた(笑)。
併せて、見たくもないオフビルダーのコンテストを至近距離で観戦する機会を得たが、東京はこんなノリなのか?

たしか三井選手が優勝したと思う。
IMG_5411.JPG

あ、そうそう、初めて渋谷のスクランブル交差点を経験した。というか人大杉。さすが東京。

IMG_5407.JPG


18日間は長すぎて、この間に強化できなかったことが後々どのように影響するのか、心配なところもあるが、適当な休みを入れてリフレッシュしたと思えば、カラダも反応を示してくれるかもしれない。


・・・


しかし、18日間も家をあけると、帰ってきたときの感覚が違和感が半端ではない。

もっとも、家と宿舎のいずれがストレスが高いかは、、、であるが(汗)




3連休あけの溜まった仕事を思うとゾッとするが、ぼちぼち思い出してやるしかないな。






posted by まつちよ at 23:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

なかなか更新できない状況

とある事情で更新が出来ない?出来にくい状況です。ホント、wifiが弱いのはあり得ない😡
昨日は、坂口さん繋がりで、田原さん主催のビルダーイベントに参加させていただきました。
絶品のローストビーフをしこたまいただきました。
5018E8EF-FFA6-4041-9B26-25010D75899E.jpeg

8AA764D8-95B1-4675-98C6-EE2D7FEF0C0E.jpeg
B51DD6E9-84F5-4F32-BE66-D0A1F6196122.jpeg
久しぶりにビーフプロテインを打ち込みました。


肝心?のジム巡りは、さいたまスーパーアリーナのゴールドジムで締めくくり、あとは帰阪までに国立で1〜2回トレするかな、くらいです。
AE237FC0-63E1-421A-8DF8-695538093503.png

最後、某氏の家にお邪魔しようかな😁

posted by まつちよ at 18:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月21日

東京生活5日目

東京での生活、5日が経過。
せっかくの東京生活なのでゴールドジム通いが楽しみではあるが、24区ではないのが難点。

まだ国立東京と南大沢だけだかノース、イースト、中野にも行くつもり。

まだ時間はあるので、ぼちぼちと。

しかし、他に観光とか思わないのか。
スカイツリー?浅草?お台場?全然興味湧かない。ネズミーランド🐭もしかり。
靖国は参拝するかも…

生活面でも、この時期は回復から重量アップするためのそれなのだが、それがままならないことにストレスが溜まっている。

毎日の酒盛りを適度にスルーできても、ストレスからくる?食欲のおかげでヤバいことに。

トレーニングが思うように出来ないとこれほどストレスを感じるとか、、、トレーニングできなくなったら○んでしまうかもしれない(汗)

そんな中でも、ビルダー仲間との語らいの場があることが救いになっている。
90D93306-2540-4BD2-8E47-F148852BBDB3.jpeg21A4484B-84A6-4345-B94C-96E6AEEA92D5.jpeg
お誘いいただければ、うれしいかも😆
(酒は避け!るんとちゃうんか😅)

ついでに、ここは行った方がいいよ的なアドバイスもあれば是非教えてください。



posted by まつちよ at 00:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

大阪クラス別&マスターズ〜接戦?の65キロ以下級〜

午前中のマスターズに続き、昼からはクラス別各カテゴリーのスタート。

・・・休憩が短く、外に飯を食いに行く時間もなかったような。いろいろ起こるので、食料用意はいつでも必須です・・・


私の出場した65キロは20名のエントリー。ピックアップ審査で12名に絞ることとなる。

控えの場では、歳こそ違えどもわんさか選手が集まりパンプアップを始めだす。ここでも結構やっとるなーという感じで傍観。

時間を見計らって、ここでも三角筋をメインに収縮重視でパンプアップを目指す。

目指すけども張った感はやはり無い。きっと皆同じだと思うのだが、汗かくほど作業して疲れないんだろうか。


舞台そでに移動の指示。そこで初めて同階級の選手たちの身体を見ることになる。

私は前(先に出る)の方なので、後ろの選手までは暗くて良く分からなかった(結局最後まで分からなかった)が、森本選手や山野選手は顔と名前が一致した。10年以上ぶりに復活される泉さんもいる。印象としては「ふ〜んそうなのか」。

でもすごいのがいるなと、ひとりの選手に目がいく。ゼッケン見れば私の隣だ。ほかの選手や運営委員がそのからだを絶賛していたので、ちょっとヤバいかなと思う。たしかに同じ階級かと思うくらい重量感があり、仕上がりも悪くなさそう。

「この若さで、この腕すごいですよね。」とか私に聞いてくるが、そっけなく「そうやね。」とポツリ。いまから比較される選手の評価は聞いてほしくないな・・・

こちらがほめられてないから、バックヤードではもう順位づけされているのか?と少し不安ではあった。

しかし、マスターズを見た方から仕上がりを絶賛されていた私としては、経験値で勝負かなと気持ちを切り替え、すぐに不安を除去した。


そしてスタート。ラインナップ、比較審査、、、ノーコールで終了。
CF285C7A-E0F9-4F70-AFAA-BE2F10499442.jpeg

マスターズと違い、レベルは格段に上がっているはずなので、少しほっとする。

ポーズを取り続けるのはしんどいので、やはりノーコールはありがたい。見ている皆さんは不満かもしれないが。


次は予選審査、順位づけだそうです(棒)。ここで6名に絞られることになる。
7FF085EF-2054-4705-889A-E04759C2D57A.jpeg

ファーストコール。ここで1番にセンターで呼ばれれば1位になる可能性が高い。

「76番」。よし!気合いが入る。一番の渾身ポーズで臨まない訳がない。顔は笑顔っと。

入れ替わりがある可能性も高いので渾身のポーズを見せつける。

その後は私に比較の場は提供されなかった。


後方待機中でもアウトラインや仕上がりの良さをアピールするため、可能な限り(かつ怒られない程度に)リラックスだけでなくさりげないポーズを取りつづける。

審査員は比較審査中も、後ろで待機している選手を見ているので、アピールは超重要。

でもこのさりげなくが大事で、となりの超有望新人君は、本当にポーズをとっていたので、あろうことか中尾先生のカミナリを受けてしまった。かわいそ〜。

おそらくカラダ的にはさほど差は無かったのかもしれないが、リラックスでもカットを出し続ける、比較して勝っている部分を上手く見せつけるという小ネタで、優劣を付けさせてもらった、と思っている。

それでもオール1位票ではなかった。だらけていたら接戦になっていたかもしれない。



決勝審査、いわゆるフリーポーズは、よほどやらかさない限り順位が変わらないはず・・・???本当にそうか?

その時点では完勝なのか僅差なのか分からないため、差が僅差の場合ひっくり返る可能性もあるなと気づく。

ここはしっかり舞わなければ。控えでも念入りにチェックして舞台へ。


ここは思うとおりに舞えた。やらかさなかったことにホッとした。



ポーズダウンからの表彰式。

2位以上は堅いと当然思うので、そういう気持ちでポーズをとる。

でこあてマスキュラーはあえて封印。初見の若手君だったし、意味を理解してくれるか不安もあったので。

優勝は・・・「エントリーナンバー・・・76番」。よっしゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

雄叫びでもあげたかったが、50歳のおっさんがそれってどうよと思い直して控えめのガッツポーズ(だったか)


表彰台のテッペン。また眩しい・・・



大阪クラス別は10年以上ぶりだった。1〜3位までの表彰台にすら手が届かなかった大会。

今回優勝することができて、エル大阪の照明がぁぁぁとか、鬼門だぁぁぁとかの言い訳から脱却することができた。

ようは「仕上げる」ことができれば良かったのだ。

仕上げさえすれば、バルクからくる迫力感は武器になるので、まずは「仕上がること」

関西クラス別で2度優勝、2度2位だったときも「仕上がりの良さ」はあった。


上位の大会を目指していると公言しているので、大阪クラス別に今更出場することに意味があるのかと思われるかもしれない。

でも、クラシックに向けてではあるが、妥協せず仕上げて臨んだことに嘘は無い。その意味では優勝よりも到達点を披露できたこと、そして皆さんの高評価をいただいた場であったことが、出場した大きな意味であった。

そして高評価のなかで、審査員から2位票をいただいたという事実に目を向け、さらなる精進をせねばならないと思う事ができた大会であった。
2F6E16DB-CD3F-47EF-8705-56C911BFDD72.jpeg

posted by まつちよ at 23:54| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

関西サイクルゥ〜スポオツセンター〜♪〜でBBQ

昼から河内長野で開催されるBBQ参加もため、早朝等トレーニングに精を出す私。

IMG_3919.JPG

レクサーは、使い勝手のいいジムです。ほんと。


で、難波から南海電車で河内長野まで、そこから関西サイクルスポーツセンターへはバスで。

1時間以上かかりましたが、なんとか到着。

IMG_4274.JPG

BBQの達人であるO林とだいすけはんの周到な用意により、宴が開幕。

私、牛肉はタレなどつけずに食べます。減量中なので肉の味だけで満足できてしまう。

IMG_4275.JPG


最大の目玉

IMG_4277.JPG

これをステーキ風にしてふるまうのが彼流。

IMG_4278.JPG

ほかにもアルミホイル焼き、野菜炒め、地鶏ブロック焼き、トントロ、最後はトルティーヤ生地だけ焼いて食うとか(以外とイケたらしい)
そういえばおにぎりもピザもあったっけな〜(棒)


減量中の身としては、「ノーアルコール」→ノンアルビール、「ノンカーボ」→ひたすら肉、で過ごした。
自分で自分を褒めてあげたい・・・。

定番のウーロン茶よりもノンアルの方が精神的に良いということを知ることができた。これから宴会はノンアル置いてる店にしよう!


本日朝の体重測定でようやく〇キロ台に突入したのだが、今日の肉塗れの効果で明日の体重計が楽しみだ(笑)


posted by まつちよ at 21:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

フラッと京都〜北野天満宮とトンビ攻撃

某月某日。目的は北野天満宮で学業祈願。決して梅見物ではない。

出町柳駅でレンタル自転車を利用、今出川通り?をひたすら西へ。

途中、GGの二条?ありましたがスルーで、約15分?ほどで目的地の北野天満宮に到着。

お約束の支那人はあまりいませんな。やはり時間の関係かな?

IMG_4165.jpg


初めての参拝。大阪天満宮は子どもお百日とか利用してたし、道真公つながりだけれども、こちらが総本山、いや総本社。

わが子の受験、合格祈願です。一応親ですから、ね。

京都のとある大学を目指しているらしいが、現在〇判定(大丈夫かね)。だいぶ頑張らないと神様もヘルプできひんぞ。


ついでに自分用の心願成就お守りの買いましたが、それはついでのことで。。。


宝物館も入館し、源氏重宝の「鬼切丸【髭切】」を見学。本物!!!

IMG_4175.JPG

刀剣男子ではないので、そこまで感動ないが、これが酒呑童子を切った刀か・・・



帰り道、御苑で昼食をとるために休憩。イスに腰掛け、さてと・・・

食事中、いきなりガツン、飛び出す中身。上空からトンビが狙っていたのであった。

急降下でブロッコリーを強奪されるわ、中身飛び出すわ。おんどれ〜なにすんじゃ〜

しかし、ブロッコリーは食えないやろうな。お馬鹿さんだね。

ま、今度からは気を付けるわ。

※ 落ちた中身は全部拾って、やつらにあげませんでした。


そんなこともありつつ、次の要件、ホワイトデー用の金平糖を購入し、最後のお約束である鴨川で人生を振り返る(訳は無い)。

IMG_4178.JPG


自転車というのはホント便利。

京都市内はアップダウンがないので、大抵の場所にすんなり行ける。仁和寺くらいなら出町柳から出撃範囲のように思える。


次は桜の季節に、、、どこ行こうかな。





posted by まつちよ at 21:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

分担と矜持と

分担。

上下ではなく、与えられた、納得したうえでの作業。

私は仕事頑張っている。もちろんトレーニングも頑張っている。

仕事の愚痴などコボしたことものない。だって必要がないし、聞かされる側も嫌だろう。


ため息つきながら仕事するのもイヤだが、仕事中はさすがにそれをやってしまうことはある。
でも、ここではやらないな。


それぞれがプロフェッショナルとしての矜持を持っていれば、聞かれることを前提にため息など吐かないわな。


食事だけでなく、こういった空気とも戦いながら日夜ボディビルに精進している。

もし、○ソな抵抗感がなければ、もっと飛躍できていたはず?
そう、2010年くらいには〇〇を突破していたかな。なんてね。
posted by まつちよ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月18日

バカッター動画は一面的ではない

回転寿司やファーストフード店でのバカッタ―動画について、一般的な論調は、彼らに社会的制裁を加えるべきだ、企業は損害賠償を請求して今後の抑止につなげるべきだということに尽きるのだろう。

だが、少し視点の変わった意見もある。

「たしかに彼らの行為は許されないが、その背景にあることはモラルだけの問題ではなく、業界のビジネスモデルが生み出す黒い部分でもあるのではないかということ。

例えば、くらなどを代表する一皿100円程度の回転寿司では、人件費を抑制することがほぼ確実に求められている。これが業態の絶対条件といってもいいくらいだ。
人件費を削ると、それだけ優秀な、いや普通の労働者が集まらなくなる。必然的にモラルに問題を抱えている可能性が高い人材を採用しなければ仕事が回らなくなるということだ。


デフレで安いことが当たり前になり、消費者も当然安いことを求めることについて、とやかく言うことは無い。
だが、そこを突き詰めて、人件費を削るということは結局世の中のお金の流動化を滞らせる強い要因となる。
常識だから、当たり前だから、賃金が安かろうと労働者は高いモラルと使命感で仕事しなければならないという、日本人的奉仕的美徳を当たり前にしていることにも、この問題の一端があるのではないだろうか。」

という感じである。

消費税上げて、消費意欲を冷えさせて、賃金が下がり、バカッタ―が増殖する、てな具合。
posted by まつちよ at 23:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月12日

年上だけど16歳位?で本当は53歳?

最近80年代の歌謡曲、といってもの女性ポップス系のヒット曲を良く聞くことがある。

その中でも、特に「春なのに」「ハロー・グッバイ」が好きだ。



そう、柏原芳恵さん。

歌もいいんだが、なんといっても可愛い〜〜。メッチャタイプ〜〜〜。

こんな子をうちのヤツが家に連れてきたら、クラクラして倒れるやろうな。

・・・でも、芳恵さんって、私より年上。ある意味美魔女。

その同人物の過去にキュンキュンして、だんだん感覚が分からなくなる。

今なのか過去なのか。過去好きだったではなく今好きなんですが。

posted by まつちよ at 15:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

回復優先。3日のオフ。

IMG_4003.JPG

正月風邪ひき。結局今日もトレーニングできなかった、いや、しなかった。

咳きはできるし、鼻水だらだら。集中力もあったもんじゃない。
当然完全回復でないので、ここでムリしてぶり返してもなと。
心が折れたんじゃなくて、賢明な判断をした、で間違ってない?

3日休むってなかなか無い。
今年で10×5の歳となるオッサンだから、ケアも大事と皆さんが教えてくれる(てか自分でわかっとかんかい><)。

明日から世の中は正常運行。私もそう。
トレーニング再開もいいタイミングだと思う。
posted by まつちよ at 21:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月05日

風邪を引くぐらい追い込んだってことか

たぶん元旦くらいから変調を来していたのだろう。
2日の脚トレをしっかり追い込んだので、免疫力低下。そして風邪をもらう。
それでも3日にトレーニングして更に風邪悪化。

4日は初出だったが、もうへろへろで執務。うつしてもマズイので、早々に退社。
5日、回復傾向だが、トレーニングは休む。

ほんまもんのボディビルダーであれば、多少のしんどさなどで休むこともないだろう。したがって、私はぱっちもんのボディビルダーであることが判明した。


風邪をひいたというのが近年記憶になかったので、ビタミンCやトレーニングのおかげかと思っていた。
しかし、疲労困憊になるトレーニングはトレーニングとして有効だが、同時に免疫力も低下させることをあらためて体感した。
(たぶん数年以上前にもそういうこうとはあった)

ようは、いいトレーニングはできた。しかしその代償も受けとった。ということ。
そのセットは正直いらんなと強く思う。
ではどうすればいいんだろうか・・・これ以上Cとるのもお腹下すだけだし、筋肥大と疾病が抱き合わせとか。

・・・

それでも風邪のピークを越えて、カレーそばが食べたくなり、京橋駅前のそば屋でカレーそばを弱った胃袋へ。

IMG_3998.JPG

実は昨日もカレーうどん食べに来て連チャン。
ボンカレーっぽい味がする。だから食が進むのかも。
身体がスパイスを求めている?

IMG_3999.JPG

明日も完調ではないだろうが、行こうかな。もちろんトレーニングへ。




posted by まつちよ at 20:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月16日

くせになるとマズイが、人生を楽しめるかも知れない

週休2日の勤務形態ではあるが、ちょいちょい休日出勤がある。
別に嫌がるわけでもなく、仕事と思えばそうということもない。別にやることもないし。

本日も外勤が終わり、ちょうど昼飯時となる。というかなることは計算済み。
で、やはり仕事終わりは一人焼肉ちゃうの〜と勝手な思い込みでミノから出る脂の味が口に広がる始末。
で向かったのが「情熱ホルモン」。

お一人仕様ではない店だが、たまたま空いていたのか、待たずにテーブルへ案内。
壷ホルモン、カクテキ、黒ホル×2、ホルモン煮込み、ハイボール1杯。これが昼ごはん、いや飯はない。

IMG_3856.JPG
IMG_3858.JPG

やっぱり自由に焼いて自由に食うってイイわ。堪能堪能。
飯もん喰わないから膨満感なくてちょうどいい。

ちょっとハマりそう。
でもこの程度、50にもなろうという男があれこれ言うのもどうかなという気持ちはある。
それだけしてないことが多すぎる。

いろいろ人生楽しまないとね。


posted by まつちよ at 21:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

割と行きはするんだけども

今着用しているトレーニングウェアはボディメーカーばかり。
昔は安かろう悪かろう的な印象だったが、最近は質も良くなり普段使いに全く支障はない。
それに、他人と被らないのがイイ。だって同じメーカーとか同じ種類とかだと良い気がしない。

今日も何気に、自転車約25分程度かけて東大阪のショップまで。

IMG_3784.JPG

今日はなんか買うぞと意気込んで?店内へ。
そう言えば、パワーグリップがかなりヤバい状態なので、良さそうなら買い換えようかなと。
試し巻きしてみたが、、、ベロが堅い。巻き付けるのに労力がいる。それに片手で巻くのは大変そう。でパス。

ロングパンツで使い勝手の良い、そして私でも気にせずはけるものがあり、既に3本持っているが追加で購入。
私のように脚○かい、太い(ビルダー目線では大したことないが)ものでも程よい裾長けという奇跡の一品。そして安い。

他も物色したが、今回はということで。


帰りに今シーズン3度目のシナモンメルツをいただきました。

IMG_3785.JPG


・・・ということで本日はトレーニング休み。行きたい気持ちはあるんだけども、分割構成により我慢する日も必要と判断している。

明日はダブルスプリットでもしようかな。なんてね。
posted by まつちよ at 23:30| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

フラッと京都〜京都国立美術館からの〜

某月某日、京都に行こう病が再発し、早朝トレーニング済ませてから京阪七条へ。

淀屋橋から爆睡で、気づけば七条駅。降りて向かうは国立博物館。

今開催中の刀剣展。

入口で待ち時間10分とか。何かの間違いやろと思いつつ、ほんまに待っているわ。

すこし失敗感を引きずっての観覧となった。とほほ。

IMG_3749.JPG


刀剣に興味?あるようでないようで。。。良し悪しが判るわけでもなく、ただ由緒書きを見ながらその時代に思いをは馳せるのが好きなのだ。

その意味では、今回の展示は、、、外した。

圧切長谷部が展示されてあったので、そこだけはしっかり見ました。

でも、上野だったかの博物館で、虎鉄や源氏家宝の鬼丸?だったか結構な展示をガラ空きの状態で見たことがあったので、人が大杉るのが苦痛でしかたなかった。

それに刀剣女子だかなんだかしらないが、女子率が極めて高い。美術品なんだね。


でもなんだかんだで2時間。疲れましたわ。


そこから、近くの豊国神社、さらに悪い癖で3条大橋まで歩き、例のスターバックスでご休憩。

IMG_3751.JPG

IMG_3752.JPG


食い足りないものを感じながら、2回目のトレーニングに向かうのであった・・・

ダボースプリット(笑)今日も良く眠れそう。




posted by まつちよ at 23:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン