2017年01月22日

私は認めないぞ、風邪だってことを><

鼻がずるずる、痰が絡む嫌な咳、典型益な風邪の症状。

いや、ちがう。ここ数年風邪を引いたことはない(と思う)。だから風邪ではない。(ではなんだ?)

熱は普通(といっても、体温計を出してくれるわけでもない家族。はぁ。)、頭痛もないのでトレーニングに支障なし!

だから今日も背中をやっつけにジムへGO。

すこし体調のおかしい方が実はより高重量もしくはレップ増となる気が?するという根拠のない自信で意気揚々と臨む私。

先日入手したギア「軍手」のおかげでトップサイドデッドも1レップ増えた。

たかが1レップ、されど1レップ。

しかしながら、握力の限界を超えて手が開いてしまう。握り締め使ってもだめ。

腰や背をさらに重く責めるのは難しいようだ。しょぼすぎる私の握力(涙)

それはそれとして、アドレナリン噴出のおかげか、とくに体調に関係なく無事終了。周りが無事かどうかは知りませんけど・・・

・・・

帰りになぜか抹茶が飲みたいって思い、コンビニでそれらしいものを発見。

抹茶と言えば当然和菓子でしょ。ということで羊羹。

IMG_2190.JPG

微妙な時期の欲求は、叶えてあげないとダメでしょ。

・・・

ホワイトインサイドコミュニティでも立ち上げようかしらん。なんてね。

これが、ニューギア「軍手」

IMG_2187.JPG




posted by まつちよ at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

風邪かな

正月あけからどうも喉の調子が悪く、ここ何日かははっきりと痛くなってきたので、仕方なくGG中之島の上の階にある耳鼻咽喉科を受診。

処方は抗生剤、痰切り、うがい薬、痛み止め。そんなにいらんねんけどなと思いつつ、薬局でにこやかに、

「すいません、これドーピングは大丈夫でしょうか?」

やはりすぐには分からないようで、でも30分もしないうちに「大丈夫です。」との連絡をいただいた。
一応ね、気を付けている態で聞いてみただけですけど。

・・・

こんな状況でも、休みません。今日は脚の日。

きっちりできた代償に軽度の膝痛発生。まずいな。
しっかりやればしっかり壊れるって、考えさせられる。

筋負荷には余裕あっても、膝の負荷は限界値か。下方値にあわせるのがセオリーだろうけど、それでは某先生にまたぞろアンバランスと言われかねないしな。

改善しないのなら仕方ない、カット&ストリエーションで勝負しようか・・・。おいおい(汗)



そうだ、あんまり目先というか小さくまとめようとするのは主義に反するのだ。

なぜ自分はボディビルダ−なのか、それを追求しているのか、立ち返らなければいけない。




posted by まつちよ at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

イケてない顔

普通、自分の顔は自分自身では良く見えるものだと思っていた。

しかし、最近は鏡を見るのも嫌になる。

原因の一つは太ったこと。

毎年オフは同じ状態になるのだが、今年は殊の外イケてない。

自分の顔に納得してなくて、アラフィフになって顔に自信なしとか、社会人としてどうなん?という情けない状態。

歳相応?そうかもしれない。肉体は若い(つもり)、だが顔は老けていく(他も老化が)ことのギャップか。

いい歳のとり方してないのかも知れない。

知れないが、知ったことか!道楽でも傾注できる事があるだけで私には意味があって、それでいいんだ。


・・・そう、アラフィフなんだ。打ちながらハッとなった。

正真正銘のオッサン。そして、オッサンは来年もボディビルダ−としてステージに立つ。



posted by まつちよ at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

自分的には色あせてない歌

WANDSの「世界が終るまでは」
いまでも、CDやYouTubeでたまに聞いている。

あのボーカル上杉昇を久しぶりにYouTubeで発見した。
いやはや、風体は変わってしまった。それは仕方ないことだけどね。



でも歌は、今の方がいい感じ。
加齢により声質が狭くなる?シンガーが多い中、彼は変わらない。

やっぱりWANDSはいい。

posted by まつちよ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

お悩み相談室

司会X:一通目のお悩みは?

A少年:「YouTube」でマキシマムザホルモンのPVみて気に入ったんです。
小5の子供と一緒に楽しむのは大丈夫ですか?



解答者Z:う〜ん。だめだね。いい音楽なんだけどね。酸いも甘いもかみ分けた大人でないと危険です。

司会X:では次のお悩み。

P少年:小5の息子がヘドバンという言葉を覚えたんですが、この先大丈夫でしょうか?

解答者R:一刻も早く記憶消去してしまいましょう。危険です。


司会X:では、また来週。




posted by まつちよ at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

意志疎通は当たり前

社会にでて意思疎通はかれない人間の評価はお話にならないものであろう。

会社でなら上司に報連相(ホウレンソウ)することが当たり前であり、同僚、部下であってもある程度の情報共有は当然のこととして必要だ。

意志の疎通を欠くとは、すでに関係性が破たんしていると思ってそう間違いではない。


私はたいていの人を尊敬している。

自分に無いものを持っていることに敬意を持つから。

中にはその尊敬を失ってしまった人間もいる。そんな人間とは距離多くに限る。

自分が関係を維持するために100%努力しているとは言わないが、圧倒的に非は自分でない方にある。

自分はリアクションによって好悪、価値を判断するから、よほどのことがない限り基本尊敬を失わないはず。

しかし必要最低限の儀礼すら無いのであれば別。意思疎通云々以前の話、人としての評価か。


このモヤモヤしたものを日々抱きながら、生きていくことになるのかと思うと、凹む。

ま、この世には同じような境遇の人も多いんだろうな、きっと。


posted by まつちよ at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

手紙

back numberの「手紙」。



今日ずっとこの曲が頭にあった。

最後の別れの日。そんな一日だった。


静かな終末、生き切ったと言える人生。

私が知る40数年間、語らなくても思い出は消えない。

多少の時の浸食はあるかもしれないが。

最後は子供みたいだった。そんなものなのかも知れないんだ。

でも、良かった。苦痛を味わうこともなく天寿を全うしたこと。


人はいずれ亡くなる。でも心の中の記憶は残り続ける。思い出す限り。

鮮やかでなくてもいい。ぬくもりだけ感じることができれば。それでいい。

悲しいか?そんなことはない。大往生なんだから。しっかり生きたんだから。

僕も言い残したこともない。お互い悔いないよね。


でも、ありがとう。本当に本当にありがとうございました。



posted by まつちよ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

非情な老い

老いとは非情なものだ。

私の母もご多分に漏れず、日々老いている。
あの快活でバイタリティあふれた母の面影は全くない。

30年前はAKB以上に可愛かった職場の女性も、シミと皺でみるも・・・。
可愛かった分だけ痛々しい。勝手なお世話だが。

当然私も老いているはず。しかし、今それを感じることは少ない。
顔がオッサン化しているのと、老眼チックになっていること、あと・・・、思い起こせば割とあるな。
トレーニングしているからアンチエイジングになっていることは事実だろう。
だからといって老いが停止している訳でもない。やはり老化というプログラムは手ごわい。

救いは、今の身体がボディビルダ−としてポテンシャル高くあることだ。(あくまでもポテンシャル)
肉体を使ってコンテストされる場に50近い男が現役バリバリ?として参加できていること、そして今の方が良いなんて言えることが、老いと逆行できているという証拠。

それでも、怠るとあっという間に年相応、いや歳以上の老化が始まる。コワイ。

過去の名選手でも現役引退すれば、あっという間に加齢。
逆に続けていればそうでもない。
しかし、トップを極めたボディビルダ−であるほど生涯現役とはいかないのだろう。名声的にも。


という事で、コンテストに出るのは終わっても、トレーニングは高い水準で継続することが、生活の質を維持させる最善という結論に至りました、とさ。





本当は、来年に結論を出したいと秘かに考えている。

posted by まつちよ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

寝落ちのお供に

最近の秘かな楽しみ。

それは、寝る前の床入り読書でそのまま寝落ちすること。

昔はオンラインゲームしながら寝落ちとかあったが、最近は寝るための読書による意図的寝落ちが面白い。

小遣いも減って、書籍にかける金額も減らしていたが、やはり要不要ではなく知識を渇望していることに真摯にこたえなければならないなと。

で購入したのがこれ。

IMG_2114.JPG

これ分厚い本なので当分気持ちよく寝落ちできる。別に理系である必要もないが雑学知識として使えそうという一石二鳥?てな具合。

睡眠学習ではないので、あしからず。

・・・

今日はトレオフ日だが、明日は胸&2頭・・・うわっ間違えた。
2頭したら次の日に背中でけへんやんか。

しゃぁないな。腕は飛ばそうかい。
腕のパンプ、気持ちいいからもったいないけど。


posted by まつちよ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

光と影

ここ数日、考えていた事を表す言葉がようやく見つかった。

それが「光と影」。

光は明るければ明るいほど影を生む。光は眩しいほど、影は深く濃くなる。

光源が無邪気に放つ光は、その意志に関係なく影を作り出す。

影は闇を生む。明るさに反比例して深く濃く。

光源が節度を持ってほのかな明るさを放つくらいならば、濃い影など出来はしない。

しかし、知る由もないだろう、影を生み出していることなど。


私は闇から得られる赤黒いマグマの力で、今日もトレーニングを頑張れた。

そして、思索する機会を得たことに感謝しなければならないのかもしれない。



posted by まつちよ at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

日本マスターズまであと3週間

先週から土曜日から、減量を再開した。

腹の水載った感を取り去るには1週間、前回の状態になるまで2週間、そこからさらに絞って3週間。

こういう感じで9月18日を迎えられたらと考えている。

ここにきて筋力・筋量アップなどありえないのだが、ボディビル競技者として最善を尽くすことしか今は考えていない。

多少気が楽なのは、既に一度コンテストコンディション状態にしたことで、無理な減量をする必要がないということ。

減量の質をうまく加減調整できることは精神的にとてもラクだ。

とはいえ、必須と思われる有酸素はおろそかにするつもりはないし、日焼けもしかり。

あと、ちょっとしたサプリメントを手に入れたので、精神面でも改善が期待できる(使用感は悪くない)。


問題としては、やはり〇〇。一番身近で足を引っ張る。

これまでもそうだったが、今後も、少なくとも9月18日までは自分の目指しているもののために、障害と闘うしかない。

協力とかヘルプとか特に求めない。だから、どんなにコストがかかってもやりたいようにやる。ふざけた対応には落とし前をつけさせてもらう。

その事と関連して、減量中にもかかわらず、日曜日のお昼は中華系ランチとなった。

IMG_1903.JPG

サラダチキンでも良かったのだが、有酸素もしっかりたっぷりやったし、食後も結構な距離を歩き回ったので問題ないと判断。

ようは活動量を高くすればいいだけ。ローカーボとか考える必要もない。食い過ぎは論外だけども。

そう、極端なローカーボはもう選択しない。これでキレがでてくれれば、、、甘いかな。


なんだかんだ言っても、今シーズンの集大成がばっちり決まればそれで満足。

そして金沢回転寿司で坂口さんと美酒に酔いしれたいなどと本末転倒な妄想に浸るのであった。

金沢回転寿司.jpg

大会出場される方で、俺も!という方がおられれば、是非^^



posted by まつちよ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

昨年との比較

いつも画像をいただく、吉田さんのサイトで西日本選手権がアップされた。

自分を確認できるおそらく?唯一のもの。非常にありがたい。

早速、拝見。・・・う〜ん、指摘どおり。というかキレてない。

42.jpg

特に〇が大甘。これではあかんわ。逆によう2票も入ったというべき不出来加減さ。

ポーズも自分の感覚とはだいぶ異なるし、改善すべきところが大杉。


極めつけは、昨年の日本マスターズの写真と比較すると、あきらかに〇が違う。

いや、全体的に違う。結局「甘い」絞れてないよりただただ「甘い」ということ。

自分としては減量も頑張ったつもりだし、数値的には落としているのだが、仕上がりが甘いのは凹む。

いやいや、頑張ったなどは、一番アカンことで理由になっていない。結果がすべて。失敗は失敗。

要因は?原因は?確かに昨年と日常で変化を余儀なくされた事があるのは事実。

だったら、それに見合う、それをフォローする取り組みを行わなければ、マイナスしか生まれないでしょ。

もっと早く気付けよ、自分。いや、ちゃんと指摘してもらえる環境に身を置かないと未熟な47歳は気付けない体たらくの方が問題。ほとほと嫌になる。(毎年同じこと言ってるような気が・・・)


ここに至って、次の日曜日までに劇的に変化できるとは思わない。かといって大阪に出ない選択肢はない。

もともと来月の日本マスターズが目標なのだから、ここも実験とポジティブにとらえて、ちょっとでも自分に納得いく仕上がりで大阪に臨もうか。


こういう反省材料を与えていただける、ラウンジピュアの吉田さんにはいつも感謝しかない。


posted by まつちよ at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

たぶん、熱中症。

今いる部屋の温度、30.0怒、いや度。

IMG_1785.JPG

熱中症になってもおかしくない、いやもうなっているのか、自覚がないだけなのか・・・

外の世界でわが身を守る気持ちって、よくある話ですが、家の中で危険って。

どう言えばいいんだろう。

今、憧れているのは「ストレスフリー」という言葉。

・・・とりあえず初戦に向けてぼちぼち耐えます。はぁ〜。

posted by まつちよ at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

衝動

殴ってやりたい衝動。

路で前を歩く奴がタバコをふかしていても、前から左側を歩いてくるやつがいても、殴りたい衝動に駆られない。

せいぜい〇〇〇くれよ、というくらい。

しかし、殴りたい衝動のタネは身近にあるものだ。

mqdefault.jpg

自分にまるで非のない時にこそ増幅する赤黒い炎。

良かった。自分がまだ我慢できていて・・・。

?それは減量が上手くいっていないから?


posted by まつちよ at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

物事の一面

今日は、親類の入院見舞いもあって、トレーニングはオフ。

いや、もともと完全休養日だったから、見舞いに行ったとも言える。

今週もすこぶる調子良かったし、徐々にいいもんが見えつつあるようで、それがモチベーションにつながっていく好循環。

ま、大阪クラス別目指している選手は、すでに真っ黒だったり絞れてたりで、そこと比較しても仕方ないから自己悦ということで。

・・・

久しぶりに書籍を購入した。

IMG_1725.JPG

この種類、好きなんだよな。なぜか。

でも、日本を褒めちぎっているが、わざと影の部分を隠しているというか、夢の国化しまくりで、ちょっとな〜と思う部分も少なくない。

特に日本が綺麗だというくだり。

自慢ではないが、私は海外に行った事が無い。だから比較などできない。

外国人から見て、日本は概ね街が綺麗なんだろう。比較して。

でも、〇橋周辺に住んでいる私にとって、〇橋はタバコの吸い殻が散乱し、邪魔な放置自転車がわんさか止まっている、汚い街だとしか思えない。

〇橋だけでなく、そういった街も日本には少なくないはず。

人情やモラルも褒めちぎっているが、実態は・・・?

モラル無いヤカラがやけに目につくんだが、私がおかしいのか?

そういえば、某ジムでしょぼそうな3人組の若衆が低重量ハイレップ的なベンチプレスしていて、最後に大声出してフィニッシュを繰り返していたので、さすがに某ファイナリストが注意してたな。

モラルもなにも、教えられなければ身につかないということか。

某ジムのいいところでもあり悪いところでもあるかな。

もっとも、モラルとか人間形成とかはジムに関係ないからね。


posted by まつちよ at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

GWは終わったのか?

本日は中之島での腕トレ。ついでに減量キャンペーンに登録しました。

0413.jpg

ここから例年どおりだとすれば10キロは減量することになるので、すべてがとは言わないが、脂肪は相当減るとはず。

賞品とか期待してないが、プロテインワンドリンク無料もらえたのはラッキー

・・・

GW?ただの連休でしょ。

ノープランだったので、子供たちと淀川河川敷や鶴見緑地にお散歩。

image-9d60c.jpeg

普通に生きていられることをもっと感謝すべきかなと、今思った。


posted by まつちよ at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

職責とビルダーであること

新年度に入って、仕事でのポジションに変化が発生。

部署は同じでもより責任ある(と自分では思っている)ポストに否応なく座ることとなった。

別に給料が上がるわけでもなく、あまり魅力的には思えない。本音では。

しかしながら、もうええ歳だし、あれやこれやで逃げる訳にもいかず、仕方がないとは感じている。

今年はボディビルに全力で取り組もうと意気込んでいたが、少し危機感あり。

いや、やはり今年だけは昨年比5割増し?で取り組みたい。これは譲れない。


・・・ずれている?世間と?


posted by まつちよ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

悔いのない人生

人生の終わりを、悔いることなく迎えることができるだろうか。

今まさに消えゆく命。

しかし誰しもが立志伝に謳われたりや英雄英傑などではない。

一人の人間として、大きくも小さくもなく等身大で生きた、そんな人生。

私は名を残すことだけが人の評価であるとは思いたくない。

しっかりと平凡に生きたことがとても尊敬に値するとだと思うのだ。

私にとっては随分とお世話になり感謝感謝しかない。

今言います。ありがとうございました。最後まで勉強させていただきます。

posted by まつちよ at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

遅めのご熱心

最近の肩トレは途中のパンプが嬉しいくらい感じられて、やりがいがある。

以前はあまり入らなかったので、ここでゲインできたらアウトラインの改善につながる。

今後もケガせんように丁寧にかつ全力で。

・・・

で、やっぱり「あさが来た」面白いわーとマイブーム。

おそっ

何週間前の放送時点から観だして、さらに今日1週から4週まで視聴。

おもろいわ〜。それにこの一気に見る贅沢。あまちゃんのときもそうだったな。

あささんの娘役の小芝風花さん、かわいいな〜。

001.jpg

うちの野郎どももこんな子を家に連れてきたら、最上級?のケーキでおもてなしするのになぁと、なぜか父親目線。

・・・

膝の具合も、サポーターのおかげか小康状態なので、明日もトレーニング・・・

やばっ、脚でんがな。

また悪なるの必定。膝使わないでサイを鍛えることは難しい。

6日で直して、また壊す。これは筋肉だけにしてほしいものだ。

でもやらなきゃならぬ。フィジーク選手じゃないんだから。

脚を鍛えないボディビルダーはボディビルダ−ではない、これは私の持論。


posted by まつちよ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

UMAとインフル予防接種

子どもが2匹ともインフル発症。

時間差でその分、世話は大変だったろうと思う。

img_0.jpg

予防接種は例年受けている。それも毎年欠かさず。私以外。

下の子は2年連続で発症。幸いにも重篤でない。

予防接種については賛否というより否定的な意見が多いし、私も否定を支持する。

接種するのは個人の自由、来院したお客さんに医師が「意味ないですよ。」などと口にしない。

心の奥で思っていても。

効果ある?価値がある方の理屈はこうだろう。

「効果がないと立証されていない。」「結果的に症状が重篤でなかった。」

否定できないから意味はある、というロジック。

ところで、UMAってご存知だろうか。

英語で「謎の未確認動物」を意味する Unidentified Mysterious Animal の頭文字をとったものだそうで、

スノーマンやイエティ、チュパカブラ、ネッシーなどの生物がおなじみ?だ。

yeti.jpg

子どもが大好きで、そういえば私も子供のころ好きだったよな。

で、結局は存在を否定できない(ほど検証できていない・誰もする気も無い)というロジックだろう。

動画はすばらしく嘘くさいのだが。

効果を否定できない=存在を否定できない。

楽しい話題を提供する程度なら、目くじらをたてることもないが、医術に携わる者が医療行為として行うことに罪悪感はないのだろうか?

百歩譲って、こう告知すべきだ。

「(日本の)サプリメントと同じようなものです。」とか

「UMA否定できませんよね。」←これはさすがにおかしい。

※ ここでいうサプリは○ァンケルとか○HCなどという意味。

まあ、効果ないのに毎年ウン千円支払うのは、買わなければ当たらなと宝くじ買うことと同じですかね。


余談:私は随分とインフルエンザを発症しておりません。いつもウイルスは感染しているのでしょうが。



posted by まつちよ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン