2013年07月21日

審査表を見て

2013年の日本クラス別の結果がアップされている。
60キロ級の岩尾さん、3位。
目標には届かなかった、残念だと思う。でも胸を張って次の目標に向かってほしい。
僕ごときが偉そうに言えることでもないが。

正直、審査結果見ても何とも思わないと思っていた。
今の自分には遠いものだと。

でも、なぜか無性に挑戦したくなった。
来年1度だけでいい、本当に全力であの場に立てるよう努力したい。
この忌々しい状況から抜け出せれさえすれば、明日からでもその日に向かって始められるはず。

つべこべ言わずにと言われそうだが・・・。
なにか言っても仕方ないので、今年なのか来年なのかわからないが、状況が変わればというくらいに今は思っておこう。
posted by まつちよ at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディビルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月25日

来年のための第一歩

今朝、前日の酒のおかげでリバースしまくり、最悪な状況で出社。
なんとか勤務時間を終え、体調も回復したのでGG中之島でのトレーニングへ。
明日もトレできそうなので、今日は胸メインできっちりやった。

大阪クラス別も観戦して、本来ならさぁこれからというところだが、結局仕事環境が改善せず、やむなく今年は大会には出ないと決めた。
万難を排してがんばっているビルダー仲間が数多くいる中で、なんとヘタレな結論。
自分自身への期待値が高ければ、困難を乗り越えて仕上げるのだろうが、いろんなバランスが傾きっぱなしで、どうしても頑張って出たいという結論に至らなかった。
自分の見通しが甘かったという他ない。誰かを恨んでも仕方がない。
今の状況は自分で招いたと言えなくもないからだ。

ボディビルは孤独な競技だし、それを是としていたが、今回は特に孤独感を感じている。
厳しいけれど日々を楽しく前向きにボディビルライフを送っていれば、そもそもこういう結論に至らなかったのかもしれない。

ただ全てが冷え切ってしまったかと言えばそうではなく、可能であればしっかり仕上げてステージに立ちたいというボディビルダーとしての思いは持っている。
来年復活するためにできることをしていこうと思う。
2月からぼちぼち減量し、そこそこ落ちているので、今後はこれを一定水準で維持して来年の減量幅を減らせるよう努力することが来年のための第一歩である。
posted by まつちよ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディビルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

選択の余地

最近の暑さで、ようやく夏を意識するようになった。
体重も平日の節制のおかげで、先週より1キロ減っているし、夏を迎えるという意味では順調だと思う。
ここからコンテストコンディションに持っていこうとすると、精神的にも削られてしまうので、昨年までの環境なら問題なかったのだが、ちょっと覚悟できないでいる。

言い訳といえば言い訳。選手はみんな楽な環境にいるのではないと承知している。
ただ、私にとって覚悟を決めて突き進む先には、ちょっと容認できない状況が待っている可能性がある。

何を優先するか。社会人ならその答えはおよそ決まっているだろう。
この現状に陥った時から選択の余地は無かったのかもしれない。
posted by まつちよ at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディビルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月03日

ほとんど諦めている

やはり、大会出場は難しいと思っている。
今後も業務の重さを感じることになるだろうし、許容してもらえる環境にない。
あえて逆境をはねかえすみたいなバイタリティは残念だが無い。
現状の方法で絞れるならば、トレーニングはできるかぎり時間を作って頑張るが、望み薄。
この諦め感は、ボディビルをそれほど好きではないからなのか・・・と言われそう。

仕方ないよな。
しがないサラリーマンで、どんな仕打ちを受けても、しがみつくしかないから。
posted by まつちよ at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | ボディビルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

おやつ

土曜日は脚の日となっている。
ということで、昼からゴールドでトレーニング。
おそらく外側部を狙った種目のせいだと思うが、膝の内側に不意に激痛が走ることがあり、ついでに膝にも少し痛みがでているので、いつも以上に脚の付け根を意識して膝の負担を軽くするよう心がけた。
幸いレッグプレスもかち合うことなく使えたし、スムーズに終了。

最近週末のおやつにこれを買って食べている。
130302_1553~0001.jpg

0カロリーでなくてもいいのだが、ある成分をカットしようとすると、甘いもの系はこういうチョイスになってしまう。
こんなもの食べるぐらいなら、カロリーたっぷりの美味しいもの食べてその分トレでもがんばれば、という意見もあるが、僕はこれで。

今のところ数値も実質も順調に落ちているので、このペースを維持できればと思う。
posted by まつちよ at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディビルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

何か変えましたか?

今日は土曜日、脚トレの日。
いつものメンツをかち合うも、いつものメニューができて終了。

ロビーでプロテイン飲んでいるとトレーナーの仲本さんに「調子どうですか?」と聞かれた。
「いいですよ」と答えてから、あらためてそうだなと思う。
その要因は「関節が痛くない」こと。
特に膝が痛くないので、注意しながら重量を更新できそうだと感じている。
「何か変えましたか?」と聞かれて、特に思い当たることがないのだが、急な運動(ストップ&ゴー)は全くせず、膝の負担を常に意識していたぐらい。

以前、使い減りと医者に言われたので、昔のように戻ることはないだろうが、現状のMAXに挑戦しようという気になるのは、精神的にもいい状態ではないだろうか。

減量も3週間経過し、そろそろ一段ギアを入れないとな〜と思っている。
posted by まつちよ at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディビルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

寒すぎ〜

今日はさすがに寒すぎて自転車で行く気になれず、電車でGG梅田まで行った。
茶屋町の人ごみをすり抜けて到着し、早速脚トレを開始、と思いきや先客が。
レッグプレス2台でそこらじゅうの20キロプレートをつけまくっており、同時にハックも使用しているのかプレートをつけたままで放置している輩がいた。

・・・。まあこういう状況はままあるので、空いていたレッグプレスマシンを選択。
ここのマシンは、すごく負荷をかけられるので、メインに持ってきても問題ない。
一般のフィットネスジムのマシンは100キロ程度の重りだが、ここのは200キロを超えている。
ということで、その後もしっかり?とメニューをこなし終了。

減量中(といってもまだ2週間くらい)だが、トレーニングへの悪影響は全くない。
影響無いくらいだから、減りもそれなり^^;
当面は今の手法で減量継続だ。
posted by まつちよ at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディビルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

減量開始

とりあえず減量を開始した。
以前と同じ筋量ならば、10キロ以上を落とすことになる。
と言いつつもっとビック減量になりそうだが。

減量期になると、家族の応援って大事になる。
甘えるわけではなく、家庭に迷惑をかけることなく、少し気を使ってもらえるだけで私は十分だ。

・・・。
せめて障害となる要因がゼロなところからスタートしたいものだ。
posted by まつちよ at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディビルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

ボディビル的日程

大会に出場すると決めたので当然どの大会かを選択するわけだが、最近は日本クラス別を目指す感じだったので、これを見直す。
今年の日本クラス別が北海道!であることも理由だが、今の自分の実力では参加する意味がないと考えている。
地道?に地元でやろうかと。
といっても、大阪クラス別は出る気はないし、関西クラス別は2階級で優勝し、現実的に出られるカテゴリーがないので、除外せねばならない。
よって、8月25日ミスター大阪、9月22日ミスター関西のオーバーオールを目指すことになる。
僕的には年2回というのはいかにも少ない気がするので、西日本とか考えるがどうも・・・。
まぁ、もうちょっと悩んでみよう。

posted by まつちよ at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディビルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

今年最後で、来年の・・・

来年のボディビル大会への参加のため、大阪連盟加盟ジムである「マグナムフィットネスセンター」に入会した。
去年(2011年)もお世話になったのだが、一年置いてお世話になることとなった。
選手登録、大会エントリー、自分でしっかり管理さえすればいいジムだと思う。
以前にも書いたが、マシンはかなり良いものがあるし。

もう後戻りすることもないので、計画を立てて体を作りこんでいくだけだ。
出場予定は8/25MR大阪とMR関西。今年は遠征は考えていない。
そして、自分としての到達すべき目標を設定するが、秘しておく。

すべては「成果」。
現在の生活に無理を強いて、トレーニングと減量するのだから、見合うものは手に入れる。
でなければ次のシーズンはない。

posted by まつちよ at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディビルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月17日

そろそろ決めていかないと

来年の大会に出るために、そろそろ考えて決断しないといけないことがある。
一番頭が痛い、登録ジムの件。

本当は・・で、・・・、・・・。

大阪事情で書けないというかおそらく大半同じ思いを持っているので、書いても仕方ない。
ま、選手なら、・・・で分かるでしょうがたらーっ(汗)

あんまり好きな言葉ではないが、「費用対効果」って考えてしまう。
投資に見合うリターンがあるのかを思うと、無理して最高の投資したとしても思い出くらいしか残らないのではないだろうかという不安は大きい。
スポーツってそんなものと言われればそうかもしれないが。

目指すものは何か、それには何をすればいいか(どれだけ投資すればいいか)。
仮に目指すものが大阪や関西のオーバーオールとすれば、あまりにも高すぎて、何年かけても到底できるか分からない。ということになってしまう。

では、現実的で満足できる目標は何なのか。
そこをしっかり見定めることが必要だが、中途半端な位置にいる自分としては悩んでしまう。
posted by まつちよ at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディビルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

濃いひと時

昨日、ミナミにて兵庫の岩尾さん、椿君と三人で串バイキングに行った。
岩尾さんとは飲食そのものが初めてで、前から是非ご一緒したかったので、椿君を誘って3人、楽しく会話できた。
岩尾さんのボディビルに対する姿勢や家族の素晴らしいサポートについて伺い、やはり日本のトップを獲りに行く選手は半端な努力や熱意ではないんだと改めて感じた。
岩尾さんの奥さんの献身的なサポートに敬意を表せざる得ない。

椿君もボディビルに対する情熱があふれかえっていて、自分が失っているものをとても気づかせてもらえる。
やはり競技を楽しむ心は大事なんだなと。

そしてお二人ともさすがに情報豊かで、とても参考になった。
人柄にもよるのだろうが、人脈とか人とのつながりもある部分では競技ボディビルの要素。
私におそらくもっとも足りない部分だろう、と気づく。

それぞれの環境も私より厳しいにも関わらず、努力を積み重ねていることには敬服するし、自分が恥ずかしく思ってしまう。

椿君から再三にわたって、来年の大会出場を期待された。
昨日の情報で少し計画を変更せねばならなくなったが、自分自身を納得させるためにもあの眩しいライティングの場所へ今一度戻らなくてはならないだろう。

いろんな意味で濃いひとときを過ごさせていただいた。

奥さんや奥さん候補さんからダメだし食らう席を設けることが実現されれば、きっと立ち直れなくなるんだろうな〜って^^
posted by まつちよ at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディビルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

2012日本ボディビル選手権〜ストリーミング観戦

連盟的に視聴で済まされるのがどうなのか分からないが、行くことがかなわなかった1FUNとしては非常にありがたいシステムだ。
決勝フリーポーズとピックアップ予選審査を同時に見ることができ、非常に効率的であった。

女子の今村さん、優勝にふさわしい身体でした。2位の清水さんの仕上がりもすごかったので、僅差だったのかもしれないが、ミスアジアの貫録といったところでしょうか。
神田知子さんのオリバーには驚いた。でもいい感じだ〜

男子は、兵庫の岩尾さんが2次審査に進出しました。あのモンスター級選手たちに劣らず「軽量級選手はこうあるべき」という見本をみせてもらえました。
大阪の佐藤さんはちょくちょくGG大阪でお会いし、その筋量に圧倒されるだが、あの中では長身が逆に不利に働いているようだ。しかし、ピックアップ審査通過おめでとうございます。

しかし、なんといっても田代誠さんの仕上がりにはびっくり。
正直雅さんの連覇は危ないのではと思いましたが、やはり「鈴木雅」は日本ボディビルのスタンダードであって、新たなスタンダードとして超えるのは、よほど上回らないかぎり難しいことが証明された。
とは言っても、雅さんのバルクや仕上がりは、優勝にふさわしいと思うが。
あと、東京の佐藤さんは3位でもおかしくない身体だと感じた。

日本選手権は別格なので、自分のモチベーションとつながらないが、このストリーミング配信でボディビルに触れる機会があったことは非常に大きかった。
posted by まつちよ at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディビルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

日本クラス別&関西クラス別

本当なら昨日トレーニングするはずだったのだが、腰に違和感を感じて、本日にまわす。
で、今日は朝9時開店と同時?に十三GGで胸背のトレーニング。

受付け済ませ、ロッカーに向かうと、今日関西クラス別に出場予定の選手が真っ黒い顔で来ているではないか。
あ〜最後の人焼けというより、ドライ感を出すためにタンニングに来たんだなと思う。
でもあれって、疲れるんですよね。水分が抜けるからきっとパンプも張らないと思うし、どうなんだろうってひそかに心配していた。
トレーニング終了後、脱衣場でマスターズ60の方にお会いした。関西クラス別ってマスターズもあったのかな?
なぜそう思ったかというと、その方がすごくいいコンデジションだったので、今日試合なのかなと。

日本クラス別の結果は連盟のHPにアップ(早っ!!)されているので、60キロ以下級の川辺さんや岩尾さんの結果を確認した。
それぞれ思うところはあると思うが、腐ることなく次を頑張ってほしい。

関西クラス別は、椿君から「優勝」メールいただいた。
メール見た瞬間に拳を握り、「やった!」と。
来年は日本クラス別だ〜。

みんな頑張ってますので、むずむずしてきた^^;
posted by まつちよ at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディビルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月02日

体調管理

昨日、十三GGでの腕肩トレーニング。
十三はマシンもフリーウェイトも豊富で、工夫しなくてもストレスなくできるからいい。

トレーニングの前に家族の要請で「コストコ」に行くことになった。
朝早かったからか比較的空いていて、順調な買い物であった。
コストコは買うものの単位が多いので、物によっては飽きてしまうのが難点だ。
特にスイーツ、ケーキ系はホール売りなので、切り分けてもケーキ屋さんでの一個の3倍くらいのケーキを食べるはめになる。まあ、まずくはないんだが。

最近はやはりというかなんというか、お腹周りがヤバくなっている。
おっさん腹・・・。
暴飲暴食などせず、普通に生活しているだけだが、少しずつ不要なもの(脂肪)が蓄積されている。
何回か横ばいの時期もあったが、ダイエットの逆状態みたいに、太るほうへ流れていく。

今までもオンとオフでしか体調(体重)管理できなかったのだが、オフだけだと際限ないのかと。
筋量もそこそこ維持しているはずなのに、普通でも太るって、カロリー面ではどれだけ増減の均衡点が低いのかと悲しくなってくる。

食事なんかでも思うとおりにできれば、調整することは難しくないが、いろんな制約があるのがね・・・。

posted by まつちよ at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディビルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月26日

今日、西日本大会

土曜日の家族サービスにより、日曜日は勝手に自由時間をとって、朝トレに十三まで。
ここには腰に負担の少ないスクワットマシンがあるので、脚は十三が一番いい感じだ。

今日は、愛知県で西日本ボディビル大会があった。
大阪からもたくさんの選手が参加されており、この前観戦したB&Fの井上さんや松岡さんも出場され、それぞれ3位、8位という成績だった。(ということを村重さんのHPで確認たらーっ(汗)

兵庫の岩尾さんは小兵にもかかわらず入賞の常連であり、とても励みになる存在だ。
小兵といっても身体分厚いんですけど。

兵庫の嶽さんや大阪の川辺さんもがんばっているみたいで、妙に懐かしい。
懐かしいし、舞台に立つ感覚を少し思い出してしまって、心が動く。
posted by まつちよ at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディビルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

B&FCUP開催

2年ぶりにジムコンを超えたジムコン、B&FCUPを観戦してきた。
2012BFCUP.jpg
30名を超えるB&Fジムメンバーによるボディビルコンテストであり、このコンテストのオーバーオールで優勝することは、今後行われるMR大阪、MR関西などのコンテストで有力候補となる、極めてレベルの高い「ジムコン」である。

今年も見どころ、話題に事欠かないコンテストとなった。
軽量級?や中量級?の戦いも熱戦だったが、やはりシード選手を加えたオーバーオールは伝統に恥じない高レベルの争いだった。
特にシード選手の日本クラス別優勝経験者の奥村さん、過去にJPCでも活躍した松岡さん、そしてGG梅田の夜のファンタジスタ井上さんは他を圧倒する存在で、当然3人による争いに。
極太腕の井上さん、奥村さんを退け、松岡さんが栄冠を獲得した。
井上さんと松岡さんはMR大阪に非常に近いのではと感じる。奥村さんはすでに取っているので。

私的には、知った顔の出場選手が着実に良くなっているのがわかり、もちろん以前ほど迫力やコンデションがイマイチな選手もいたが、みなさん努力しているんだなと実感した。

私の盟友、椿選手もしっかり調整してきて、厳しい階級のなかでしっかり結果を残せていた。

やはりコンテストをきっちと観戦すると、あの場所に立ちたいなという気持ちが湧いてくる。
今年の仕事状況によっては、多少の無理をしてでも、来年がんばってみるのはありかなと少し思っている。




posted by まつちよ at 23:29| Comment(1) | TrackBack(0) | ボディビルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

選手登録

先日、大阪のボディビル軽量級で最近著しい活躍をされている選手の方から、今年度の選手登録の締切の知らせメールをいただいた。
 3月10日が連盟の選手登録の締切だとか。
 私は少なくとも今年は大会出場・選手登録しないつもりなので、そう返事したが、メールをいただいたことは非常にありがたかった。
心の片隅にでも気にかけてくれているのが嬉しい。

 たまにいくGGでも今年は何にでるの?と知りながらも奮起を促すようなお声かけしてくれる方もいる。これもまた嬉しい限りだ。

 わたしよりも生活環境が(といっても私も給与削減とかあって痛いんですがもうやだ〜(悲しい顔))厳しい方でも情熱を失わずに大会へ臨む準備を始めている方も大勢おられるはず。それにひきかえ、なんと私はヘタレなことか。

と自分を貶めてもなにも始まらないので、やれることをやって、可能性を0にしないようにしておくつもりである。

posted by まつちよ at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディビルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

競技の特殊性は分かっているんですが

昨年初めごろから梅田GGに行くたびに感じていたのだが、知らないメンバー(それ以前に顔をあわせたことがないという意味)がかなり増えているなと。

GGという特殊!な所は、初めてトレーニング・フィットネスする人には敷居が高そうなので、初心者はあまり見かけないが、ある程度余所で経験を積んだ人が多くなってきているのだろうか。

私も10年以上トレーニング・ボディビルをやっているので、そのころ10代だった人も、成長しGGにくることは大いにあるだろう。


ボディビルももっと20代の若手が増えてくればと思う。
たまに超新星があっという間に地方トップに上ったりすることもあるが、それは例外。
それはある程度のレベルでは顔ぶれが毎年同じになってしまっているからだ。
ということは、競技自体のレベルが停滞していることの裏返しでもある。

40歳以上の選手に目に見える成長を短期的にも求めるのは酷なことは十分承知している。
だが、もし私に「次」があるのならそれを追求してみたと思っている。
posted by まつちよ at 17:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ボディビルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

種は持っている

すっかり寒くなって、もうすぐ冬到来。いやもう冬か。

昨年は太らないように非常に気を使っていたので、夏と同じウエストサイズのスラックスを履いていたが、今はすでにワンサイズ上でもきついくらいになってきた。
座るとお腹が非常に気になるので、そこはストレスかもしれない。

現状、親として子供を養うために今まで以上に仕事にパラメーターを振り分けているので、この状況では、コンテストボディビルダーであろうとすることは無理だと思う。

「せっかくだから続ければいいんじゃないですか?」
よく聞く言葉である。
善意は疑わないし、価値あるものとして評価してもらっていることは嬉しい。

しかし、競技として勝負しにいく身体を作るのは生半可ではないことが自分自身いやというほど分かっているので、余暇に楽しむ趣味ような軽い感覚で、取り組めるものではない。
だから、現状では来年ステージに立つことを全く想像できない。

そのことにストレスを感じないように気持ちは整理できている。
だが、奥底では種は持っているつもりだ。
状況が変わればいつでも芽をだせるように。

posted by まつちよ at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | ボディビルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン