2018年09月12日

特定日のお楽しみ

マイプロテイン、ホエイパウダー5キロ到着。

IMG_3668.JPG

以前からこれを使ってパンケーキを作りたいという気持ちと、自ら加工した変わったものを食べたいという欲求もあり、ついに行動に出る。

100均でベーキングパウダーを購入。終了。

牛乳、卵は冷蔵庫にあるので、あとはボールにぶち込んで混ぜるだけ。焼くのも1分程度でできるし、簡単簡単。

一日目は、しっとり感の無い仕上がりだったので、クックパッドにあった、「卵白をメレンゲ」に、、、できない、混ぜてもならね〜。

仕方なくある程度で妥協し、二日目はすこしふっくら感がでた仕上がり。

プロテイン50CCを2スクープは入れ過ぎかな。

型枠でも買ってきて、厚みのあるパンケーキを作ろうかな。これって糖質制限ダイエットにも対応しているわ(笑)


・・・

いただいた大阪選手権のデータを加工して、一部アップロードしました。これで



これで日の目を見なかった大会が・・・。時間があれば、続きをアップしたいと思います。






posted by まつちよ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

強豪選手も悩んでいる

昨日、大阪選手権の入賞常連で日本クラシック2位の実績もある田中良一さんと飲む機会を得た。

過日の大阪選手権終了後から一度飲みに行きましょうと合意していたが、よくある「また行きましょう(けど音沙汰なし)」ではなくて、しっかり直近の日程を空けていただき、場を持つことができた。

場所は中之島ゴールドジムの入居ビルの1階にあるインド料理「ディワリ」。

IMG_3658.JPG

割と美味しいと評判?で、実際なかなか美味しい料理でボリュームもそこそこあり、そして話も進んだ。

強豪の田中さんでも、ボディビルに悩みを抱えているということを聞くと、上位になってもこの道は悩みが尽きないのだと険しさを感じる。

インプルーブの難しさ、同じ悩み、私のつまらない減量方法やトレーニングなどについて、いろいろと意見を交換して時間は過ぎていった。


もう少しお話がしたくなって、近所の立ち飲み屋(1年前まで中之島GGに通っていた時、いつも入りたいなと思っていたタッチン(笑))に半ば無理やりに連れ込んで、2次会開始。

IMG_3659.JPG

夜も更け、ほろ酔い(私はね)になりながら、マスターズ友の会にご参加いただくことを快諾いただき、場をお開きにしたのであった。



紳士でかっこいい、田中さん。楽しいひととき、ありがとございました。

posted by まつちよ at 10:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月04日

2018関西ボディビル選手権の観戦から得たもの

2018年9月2日。神戸の六甲アイランドにて開催された、関西ボディビル選手権。

ボディビル大会の純粋な観戦は久しぶりである。

理由としては、

今年の大阪選手権の動画や写真がほとんど手に入らなかったので、それならば撮ってやろうとう気持ちがひとつ目。

木下先生から終了後のレセプションでアドバイスをいただきたかったことがふたつ目。

同じ所属の、川辺さんや村上さんの活躍を見たかったのがみっつ目。

【観戦証明】





優勝者も含めた現在時点で希少な動画です(自慢)



大会の感想は、すばらしいの一言。

直近で行われた大会と比較して、会場が観戦しやすく、運営も円滑であると感じた。

選手のレベルも関西の名に恥じない高いものであった。

私も出場すれば良かったかなと、少しだけ後悔。少しだけだが。


観戦して、なぜか来年に向けての意欲が湧いてきたことは、自分にとって何より収穫であった。


選手の皆さん、いいもん魅せてもらいました。ありがとう!(笑)



posted by まつちよ at 00:05| Comment(0) | ボディビル大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月31日

フラッと京都〜再び京都御所〜

某月某日、約半年ぶりに京都をうろつくことができた。

まず、蹴上から徒歩10分ほどの場所にあるスイーツ店へ。
有名かどうかはあまり詮索しなかったが、美味しそうなかき氷の写真につられて、わざわざと。
IMG_3514.JPGIMG_3515.JPG

甘さガツン系を心のどこかで期待していたのだが、そこは残念。でも美味しいのは確かだったな。
違うもの(プリン系)を試してみることをお勧めする。

〜からの平安神宮。
IMG_3518.JPG

家内安全を祈願いたしました。

で、脚を伸ばして、、、結構伸ばしました徒歩、トホトホ。
IMG_3522.JPG

下賀茂神社。糺の森。う〜ん霊力を感じる。(霊感ゼロなんだけども)
家内安全を祈願。

さらに、本命の京都御所拝観。
IMG_3528.JPG

畏れ多くも紫宸殿で。
御所で一番格式が高い宮殿、ということは日本で一番格式が高い場所。感動です。

私的には御所の周辺にある道?が実はお気に入り。
IMG_3539.JPG

この空間、空気感。誰もいない、自分だけ存在する孤独。あぁ、心がクリアになっていく・・・。

てなことを思いながら、三条大橋袂のスタバへ。
IMG_3542.JPG

いままで何度もここに来ては人ゴミにやられて帰ったのであるが、今日はなぜか空いていた。
よって、念願の鴨川見ながらの一服&お勉強。
IMG_3543.JPG

半日、堪能したな。

そういえば、なぜだか支○人とバ○国人の姿をあまり見かけなかった。以前は大発生していたのだが。
おかげで、快適だったのかもしれない。





posted by まつちよ at 19:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月30日

優秀な再生請負人

職場の同僚と出張。
業務終了後、駅前の喫茶店でお疲れスイーツを。
IMG_3506.JPG
うちの仕事は、全く適正や経験を考慮せず異動させるという愚かな人事を行っており、そのおかげで優秀な人でも
メンタルに陥りやすい。
この同僚はかなり負荷がかかる、そうした一時的に問題の生じた職員やそもそも問題満載の職員を丁寧に導く、素晴らしい能力の持ち主。
話を聞いていて、その対応過程で、私が誤解していたこともあり、内心恥ずかしい気持ちを感じつつ、こう言う人材こそ大事にしなければならないと思いながら話を聞いていた。

ひょっとすると、ボディビルの関係者に対しても誤解していることがあるのかもしれない。

やはり腹を割って話をすることは大事なことだ…てなことは50近いおっさんの言うべきことではないな😓

IMG_3506.JPG
posted by まつちよ at 09:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

ささやかな抵抗

関西では、まだ熱いコンテストシーズン真っただ中にもかかわらず、わたくしは既にオフを満喫中。
気持ちが収まるまで、胃袋の収まる範囲内で(笑)、ある制限をかけつつ、食を満喫している。
その中でも今一押しがこれ。

IMG_3500.JPG


コストコで購入したが、美味い、美味すぎる〜。おかげで追加購入のため、約15キロの道のりを自転車で買いに走ることになったのは周知の秘密。シードとか栄養価高くて美味しいとか、止める理由がない〜、止まらへん〜


とりあえず一度で満腹にしてしまうと次が味わえないから、という理由で、頻繁に食べられるよう空きスペースの確保と消化に努めている。
もちろん家庭食もしっかり食べている。それが前提。


無制限というわけでなく単純にある種類を制限しているということ。
それは「菓子パン、もといパン菓子をチョイスしない」というもの。他にもあるがこれがメイン。

単純おでぶちゃんへの最短ルートは菓子パン(に統一しとく)をチョイスすることだと確信している故の制限。
腹が減っていてもいなくても、食前でも食後でもあらゆる場面で選択できる誘惑たっぷりの食品が菓子パン(汗)。
それに比較的安価な価格設定、多種多様な味や見た目、目につきやすい陳列レイアウトという手を伸ばしがちになる、たいした栄養価にならないにもかかわらす、まさに悪魔の誘惑。

その誘惑を回避できれば、カロリー的にも栄養的にもいい効果で推移できるのではないだろうかと考えるのはあながち間違いではないはず。
幸い今のところそれはクリアできている。しかし、、、

・・・結局何かで代用しているだけ、というのが現状。とほほ。
夜の散歩がてらコンビニへ直行し、アイスやらなんやら食うてます。

でも、大台に乗せないよう注意して、きたるべきオンに向けてインプルーブしなければと考えてはいる。
注文したプロテインが到着次第、この怠惰な生活を改めるつもり(のつもり)なので、神よ、ひとときのお許しを!

IMG_3491.JPG

posted by まつちよ at 23:32| Comment(0) | ボディビルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

2018大阪選手権〜評価について〜

今回、当日選手受付けで配布された大会パンフレットの一番大事な部分を真っ先に見た。

「審査員」の顔ぶれ。

・・・逆風。それもかなりヤバそう。それが率直な印象。

だからといってどうしようもないので、落とせるものなら落としてみやがれ!的なポジティブ思考で不安を消し去る。


自分が絶好調だとしても、相手がいての競技。同じ程度の仕上がりと見栄えなら常連を選択するのは人情と言うもの。

ただ、自信はあった。流石に自分以上の人間が12名もおらんやろ、と。


まず、予備ピックアップで6票。

満票でないところが笑える。いや笑えない。ここはざっと判断する場所。つまり先入観が大きく作用する場面である。
さっと見て残してもらわないと入賞は上位はおぼつかない。
しかしながらお一人の審査員はピックしてくれていない。結果として唯一決勝進出者3人をピックしなかった(めがねに適わなかった?)敬服すべき審美眼の持ち主である。

私自身女性の審査員からの評価が低いことは統計的に理解していて、その意味では3名の審査員が女性と言う時点で、、、という事になるが、結果的に今年はそうでもなかった。結果論かも知れないが。

横からザーッと見ても、ノー調整ぽい選手はいない。やはり権威ある大阪だけのことはあると思っていた。


問題は次のピックアップ審査。4票。

ハッキリ言って私より下位の選手が7票なのは全く理解できない。
どこをどう見たらその評価になるのか、それはすなわち彼>私ということだが。
最終順位も私より上位に評価している審査員が3名もいるし、私の審美眼がオカシイのだろうか。
そこだけは昨年のデジャブを見ているようだった。

大原さんと私が4票、3票の選手で同点審査。ということは分散した票が私以外の2名に集まっていたら予選落ちの結果もあったということ。

薄氷と言う言葉がぴったり。余裕もなにも無い、運が良かったということか。

結果の順位よりも、なによりこの部分が一番目につくし、考えさせられる。

通過した理由の一つが、例の審査員がピックアップしてくれていたこと。眼鏡に適ったのか?それとも?

ただ、やはりというか昨年も奈落の底へ突き落した某審査員は今年もノーピック。よほどお気に召さないのだろうな。

予備ピックとピックで評価が変わるくらい私は悪かったのだろうか?わからん。


予選審査。ここは既に審査員の中で終了した順位づけの確認という場所だと認識している。

私はフィフスコールくらいで呼ばれた。つまり下位選手ということ。

前2回の審査の評価を覆すことは事実上できないので、甘んじて受け入れるしかない。この時点でほぼ審査終了。


フリーポーズ、、、パス(笑)


あの選手より上回っているのではないか、とか、今回はよく分かっていない。

写真すらほとんど見ていないからだ。風評では例年より大会レベルが高かったらしいが。


最後にひとつ言いたい。パンプルーム?の鏡でポージングした自分は結構イケてるやんと思ったこと。

フリーを練習していたのだが、いつもより視線が集まったのは偶然ではないと思っている。多分。


結果、常連選手を押しのけて10位という椅子を掴んだ。オーバーオール大会で2回目の入賞。

クラシックの6位より素人衆に意味を伝えやすいのではあるが、やはり表彰台くらいでないとインパクトがない。


来年は、、、わからないが、今年の準備を含めた順調さをもっと維持発展できれば、まだ上を目指せると思うのは思考の飛躍ではあるまい。





posted by まつちよ at 01:26| Comment(0) | ボディビル大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

2018大阪選手権〜ガッツポーズ〜

(まず、大会運営者の皆さんをディする気持ちは毛頭ありません。)

大阪選手権。実は私にとって鬼門といえる大会。

過去10数回(正確な回数は忘れた)、予選落ちを繰り返す場所であった。

今年こそはと、日本クラシックで得た「6位」を武器に、ステージに臨んだ・・・。


ただ、ここ2〜3日の準備としては少し失敗した部分があり、土曜日に挽回すべく汗の滴る努力をする羽目になってしまった。

当日も少し不安を抱えて会場入り。やはり、というか血管の浮が悪い。

パンプ開始すればある程度張ってくれるはずと、願う始末。


控室は10階の広間。ステージは2階。エル大阪の最大のデメリットである控えとステージの遠さは、運営上リスクであるといつも思っている。

他の選手は開会前30分くらいからパンプアップを始め出す。

私は、それを横目にのんびりと。ここは何を狙っているかでタイミングは変わるのかもしれないが、30分もしたら疲弊するだけだろう。

IMG_3462.JPG


「選手は舞台そでへ。」狭い密集パンプ場(道具室?)からぞろぞろ移動。

全体を見回す場所でパンプアップしなかったため、この段階では他の選手の良し悪しは全く分からない。

もう自分を信じるだけ。幸いパンプは順調だった(と思う)


最初の予備ピックは絶対呼ばれたくない。

私の5番をコールすなよ、と進行役の小川会長を睨む。無事終了。

※ コールされたかもしれない?ピックアップと混同している?椿くんから「あのコール気にしたらだめですよ」と言われたので。


2回の同点審査後、控え溜りで早速結果発表。「2番、3番、4番、、、(おいおい緊張するな)、、、5番・・・。」

一応ホッと安堵。早速次へのパンプを開始する。手ごたえが悪かったので、ここからはしっかりパンプさせることとした。

次のピックアップ審査。20名から12名までふるいにかける。

ここでも呼ばれたくないが、結構な人数が呼ばれていた。BFカップ優勝者の河勝さんも含めて。

私も何度目かで呼ばれた。しかししっかりポーズとれば評価いただけるだろうと笑みを浮かべながら自信を持って規定ポーズを取り続ける。

で、再度控え溜りで結果待ち。


・・・ここでは既に上位入賞とか、来る前の気持ちは全く無くなり、予選が通過できるか否か、という下方修正モードになっていた。


「発表します。2番、5番、・・・」

私はこらえ切れなくなり、何度もこぶしを振り上げて叫んでいた。「オッシャャャャ」

全体の選手の状況が判るようになり、上位は難しいことを実感したので、とりあえず決勝に残れたことを思うと自然と出てくる感情。

これであの審査員の評価がわかるな、と思うと同時になぜ、あの選手が予選通過したのだろう?という疑問をいだいた。

私の視点からは他の落選選手よりもすべてにおいて良くないと思っていたし、ピックアップされていること自体が不思議であった。やはり過去の「箔」ってやつか。


次に予選審査。ここで表向き順位付けが行われる。

ファーストコールは上位5名ないし6名。ここで呼ばれれば一番良いが、それは無理と判断できる。

セカンド、サード、フォース、呼ばれない。自己計算では12位から9位くらいという答えをはじきだしていた。

フィフスかその次かでやっとこさ呼び出される。7位から10位くらいの中位選手との比較。

順位はもう変わらないだろうが、自分の良さと他との違いをしっかり見てもらおうと全力ポージング。

そして最後にお約束の残り物お披露目コール。なぜか私は真ん中に(泣)


決勝審査、いやゆるフリーポーズ。日本クラシックのときは頭が舞い上がってしまったので、今回は自分なりにしっかり時間をかけて臨んだ。

自分のアピールできるポーズだけをぶち込み、少しだけ添え物をしたようなフリー。

採点ではほとんど変化なかったが、そもそもアーティスティックなどと高評価されることを狙っているわけではないので、自己満足の場という認識である。

ただ、1分という尺に合わせた曲になってなかったので、編集をしっかりせねばと反省。


さほど時間がかからず、ポーズダウンからの表彰式。

いつもなら真ん中に切れ込むところだが、自分単体でアピールしようと移動せずに絵になりそうなポーズを取り続ける。

なんとなくカメラが私の方を向いていると感じ、綺麗に撮っていただこうかと。


「12番、、、2番(あれ?ブービーではないんだ)、、、5番、、、。」10位である。


結局、常連が8名程度、他は初出場で優勝の村上さん、他地区で実績のある椿さん、6位の奈良さん、そして私である。



終了後は、特に予定を決めずに誘われたら付いてい行こうかな〜と思っていたが、だれも誘ってくれない(また泣)

よって、何年振り?覚えていないくらい前以来のお一人様飲み会。

IMG_3469.JPG

からの食べ歩き徘徊で締めたのであった。

IMG_3466.JPG


お詫び:大会の写真が入手できておりませんので、当日の私をお見せすることが出来ません。想像でお願いします(笑)




posted by まつちよ at 01:22| Comment(0) | ボディビル大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月19日

2018大阪選手権〜終了後の今思う事〜

本日、大阪の「エルおおさか」にて大阪選手権(ミスター大阪)が開催された。

私の今年のエントリーは、前回の日本クラシックボディビル選手権とこの大阪選手権の2回だけである。

結果は、、、結果は、、、結果(いつまですんねん、怒)

IMG_3468.JPG

第10位でした。いわゆる入賞です。いわゆるファイナリストです。

でも所詮は10番目とも言えます。大阪の10番目。全国だったら何番目だろう?

そんなことはどうでもいいことだが、観念的な目標とするところの「今年の大会は、来年に向けてのホップ&ステップ」には到達できず。

まあ、「ホップのホッ」くらいか。獲得できたと言えそうなのは。


でも、大会を後ろから(選手として)見ていると、やはり上位の選手はキレがあるし筋量もあるなと感心していた。

彼らをごぼう抜きするには、やはり自己の更なるアップグレードと「箔」が大事だなと改めて感じている。

・・・抜くことを考える?まだやる気と向上心がある?私はよほど年甲斐もないオカシイ人間なのかもしれない。


ちなみにこれだけは言わしていただきたい。

「私は10回以上この大会に出場しているが、今回初めて入賞できたので、少し嬉しい」ということを。





posted by まつちよ at 20:56| Comment(0) | ボディビル大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

「完璧」でも相手がいることなので

某日、所属ジムのマグナムで最終ポージング&コンデションチェックをお願いした。

結果は、「今までで一番いい」「背中のカットが深い」「脚もしっかりカット出ている」「完璧じゃないか」「指摘する個所がない」

おおお、言葉の抑揚からも感嘆が伝わる。やはりそうなんだ。

「今回は(決勝に)残るはず。今回残らない評価されたら・・・審査員がちょっとな・・・。」

・・・実は、私、今回は決勝に残ることを当然のように考えておりまして・・・とは言えず。

おそらくこれまで不可思議に予選落とされまくった件について覚えておられて、おっしゃられたのであろう。

何でも一足飛びというわけにもいかないものだ。普通は。



この時、ジムには将来有望な、いや既に有望な○上選手がトレーニングされていて、こちらのポーズをチラとも見ない。

眼中にないのか、はたまた、、、。○曜日にトレーニングしているその姿と若い年齢、その所作から熟練士が匂うのは、後者かなと(笑)



帰りしなに、こそっと会長に「彼はどんな感じですか?」と聞いてみた。

「優勝するんちゃうかな。」

・・・そうなんですね〜(棒)。会長評価では優勝候補と予選通過者候補の評価はしっかりなされておられるようです。


さてさて、頑張っていろんな評価を覆したいところだな。


IMG_3454.JPG


posted by まつちよ at 23:22| Comment(3) | ボディビルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン